「親の顔が見たい」 岸貝編  遠藤純一
森崎次郎役の遠藤純一です。

今日はお世話になるのは、阪和演鑑協・岸貝演劇鑑賞会の皆様です。

僕にとっては初めて訪れた街、大阪府貝塚市からお届けします。

ここは、かつて東京オリンピックが開催されていた頃、東洋の魔女という異名で、
その存在を世界に知らしめた伝説のバレーボールチーム、ニチボー貝塚の本拠地がある場所なのですね。

僕は東京オリンピックの後に生まれているので、『東洋の魔女』のことは話に聞いただけですが、
当時、世界的にみて背丈の低い日本人が、世界の高い壁に対抗すべく魔法のような技術を編み出し、
磨きあげたその戦い方は、最大のライバルであるソ連の選手達だけでなく、世界中のバレーボール選手達を驚嘆させたという話です。

その後に生まれた技、AクイックもBクイックも、ひとり時間差攻撃も、すべて日本人の技術のバレーが生んだ『技』なのです。


昔、夢中になって観たアニメ『アタックNo.1』を思い出してしまいました。


ここは、大阪!

大阪と言えば寺堂院高校!(アタックNo.1に登場する主人公のライバル高校)

三位一体の攻撃です。

まず前衛の3人が同時にジャンプ!



さらに合体!!



こんな感じで千手観音のようになり、アタッカーがどこから打って来るか読めないというムチャクチャな攻撃です。


でもいいアニメでした。


イジメもあるけど、バレーボールを通して友情や絆が生まれ、やがて世界のトップを目指して仲間がひとつになるという素晴らしい作品でした。

『親の顔が見たい』に登場する今の子供達にも観て貰いたい作品です。

スポーツの素晴らしさ、友情の素晴らしさを知れば、イジメなんて無くなるだろうに…


とまぁ、今回はバレーボールの街から、知ってる方は頷いてくれるマニアックな話しになってしまいました。

失礼致しました。


遠藤 純一

| 地方公演::親の顔が見たい | 19:19 | comments (x) | trackback (x) |
「親の顔が見たい」近畿編 永井誠
「きょおと~~おーはら、さん・ぜん・いん♪」

楽屋で口ずさんでいると、
「それさぁ~子供の頃、さん・ぜん・えん♪だと思ってた」と、隣席の宮本ブログ副係長。
『京都・大原、3000円。』…
幼少時から何でも金勘定。さすが大阪人、恐るべし。

僕は「さん・ぜん・にん」だと思っていました。
『京都の大原の人口は3000人』という、素直で純真な解釈。

というわけで、本日のブログ当番は、
“子供の頃から素直で純真なイイひと”、
なのに見かけは“金髪の不審者”永井誠です。



おととし中国ブロック巡演からの帰りに寄り道して以来、2年振りの上洛です。

本日は京都例会の2日目。

京都労演の皆様とは、私個人としては『宛名のない手紙』(1999年)『怒りの葡萄』(2004年)以来、
劇団昴としては、最近のものでは『クリスマスキャロル』(2010年)『イノセント・ピープル』(2014年)以来。

これまでご覧いただいた昴作品とは些か趣の異なるシビアな内容にも関わらず、客席の高い集中力に、演じる私達も感化されて…
昨日も今日も、会員皆様との一体感を感じられる舞台になりました。
またカーテンコールでは身に余る拍手をいただきまして…役者冥利に尽きます。

昨日、終演後の交流会でも、作品への熱いご感想をたくさん賜りました。

昨今の子育ての違いや教育環境の変化などなど、在籍ウン十年の目の肥えた会員さんや、今まさに子育て中のパパママと語り合い、
「こんな風に世代間で話したくなる芝居はいいなぁ」との嬉しいお言葉を頂きました。

また教職関係の会員の方々からは、イジメの原因を学校に求めがちな世論とは一味違ったご意見を多々いただき、
「そもそも子育ての責任って親が一番重いんじゃないの?」と個人的には考える僕としては、頷きまくりの会となりました。

最後はジャンケン大会で楽しく閉会。



(不敵な笑みで勝ちまくる、落合るみたろう嬢…恐るべし。)

とにもかくにも明るく賑やかな歓待で、旅の疲れもすっかり癒していただきました。
京都労演の皆様、誠に有り難うございました!


さて、
京都と言えば名所・旧跡。

三千院には、もうちょいワビサビの分かるオトナになってから行くとして…

京都を訪れた際には、必ず立ち寄るお寺があります。

嵯峨野にある『化野(あだしの)念仏寺』。



8000もの石仏が並ぶ『西院の河原』が有名で、渋い寺院ファンが数多く訪れる由緒ある古刹です。

が、僕の目的は境内にある墓地。

ここに旧友が眠っているのです。


彼女は、当時三年制だった昴の養成所の同期生でした。

同期とはいえ歳上の姉御肌。

数年にわたる療養の為の休学を経て、僕の期の最終年に編入してきた彼女は…なんとなく転校生のような、周りをドキドキワクワクさせてくれる存在でした。

歳が近かったせいか僕とは妙にウマが合いました。
今は無き三百人劇場の隣の公園で、地面に線をひいて稽古の続きをしたり、話題の芝居を観に行ったり…お互い熱い志を胸に語り合いました。

卒業公演は、とある青春群像劇での夫婦役。

やりがいのある役を得て、お互い稽古に燃えていたのです、が…

どうもいつもの彼女と調子が違う…。
稽古が進むにつれ、らしくない凡ミスが増え、集中力の無さが傍目にもハッキリ分かるほど…

相手役として、親友として、つい声を荒げてしまいました。
「どうしたんだ?しっかりしろよ!」

気の強い彼女のこと、何かしら言い返してくるとばかり思っていたのですが…
…どうしたわけか、泣き崩れてしまったのです。

そして、言い過ぎたかと狼狽する僕に今度は「本気で怒ってくれて有り難う、頑張る。」と、涙を拭いて微笑みました。

その後、彼女の頑張りもあって、公演本番は会心の出来でした。

打ち上げは当然大盛り上がり。
ただ、その席で彼女に「卒業後は芝居はやめて、故郷に帰る」と聞かされた時は、意外に思いました。


訃報が届いたのは、それから僅か半年後のこと。

すぐに仲間数人で、東京でお別れ会をした記憶があります。
が、僕が彼女との別れを受け入れるには、だいぶ時間がかかりました。

おそらく彼女の卒業公演前の不調は、病状の悪化によるもの。

そうと気付かずに叱責してしまった事には、後悔はありません。
彼女がそれを恨んだりする人とも思いません。

僕がいつも思うのは、

僕の期に編入してきた時点でおそらく、彼女は自分に残された時間を知っていたのだろう、ということ。

なんという、演劇への志の強さだろう。

自分に、仮にもプロの俳優である今の自分に、
その志の強さはあるだろうか…?

彼女のことを想う時、

ふとそんな自問自答が頭をよぎります。

…と同時に、

それ以上に、胸の奥のほうから湧き上がってくる…あの頃の、青い青い志。。


あれから、ちょうど20年。

今日の京都は雨。
雨の嵐山。

いつになく風情のある再会に、

いつもと変わらぬ言葉を置いてきました。

「ご覧の通りちっとも成長してないんだけどさ。お陰様で、まだ昴で役者してるよ。」と。



| 地方公演::親の顔が見たい | 00:19 | comments (x) | trackback (x) |
「親の顔が見たい」近畿編 市川奈央子
4月12日、本日は奈良を旅立ち京都へ…。
奈良演劇鑑賞会のみなさま、本当にありがとうございました!

さて、京都は、この『親の顔が見たい』と同作家、同演出家の作品『イノセント・ピープル』で昨年もお招き頂きました!



『イノセント・ピープル』では、今回の出演者で、宮本充(キース役)・遠藤純一(ブライアン役)・市川奈央子(リンダ役)でお世話になったのであります!




キース(宮本):「お、始まったみたいだぞ。」
ブライアン(遠藤):「バーベキュー、やるぞ~!」

リンダ(市川):「わ~、花火きれいねー!」


~アメリカ独立記念日・ブライアン家にて~(そんな感じのひとコマ)~


さて、今回の旅公演でスタッフ行動の劇団員集合ですー!
年齢も、入団の期も全く違う5人ですが、舞台を成功させるために力を合わせて楽しくやっております!




恐れ多くも、写真のシャッターを切っていただいたのは、大先輩伊藤さん!
こころよく撮って下さいましたー!ありがとうございました(≧▽≦)
そして、去り際に、伊藤さん曰く、「昴の問題児勢揃い。。。( ̄▽ ̄)」)


「3人寄れば文殊の知恵」と申しますから、「問題児、5人も寄れば烏合の衆」!


・・・。


あれっ?ダメなほうじゃないですか~!Σ(・ω・ノ)ノ!


いえいえ、それは作り上げた舞台をご覧いただければきっとわかっていただけますよね!











| 地方公演::親の顔が見たい | 00:34 | comments (x) | trackback (x) |
「親の顔が見たい」近畿編 姉崎公美
奈良での2ステージが終了。奈良演劇鑑賞会の皆様、ありがとうございました!


本日の担当は、ブログ係長(という事になっている)姉崎公美です。

近畿ブロック巡演も全13ステージの半分のところまで参りました。折り返し地点ですね。



東京を出発して約10日、どちらの地域でも寒さと雨模様のお天気。本日はひさびさ気温が高くなるとの予報でしたが、やはり ひんやり どんよりとした1日でした。


会場の奈良文化会館国際ホールへは、近鉄奈良線を利用致しました。








駅名が『っ な』だったので改めて






『近鉄奈良』駅のコンコースには、ご存知『せんとくん』が。





大坂史子と林佳代子のコートとマフラー姿が寒さを物語っております(てか、東京では雪が降ったそうで… はやく暖かくならないかなぁ)。



本日は舞台終了後にロビー交流会があり、私も参加させて頂きました。





昨日のブログ担当「落合るみたろう」がご報告しておりましたが、昨日のカーテンコールで会場内に掲げて下さった『150回おめでとう』の横断幕を、交流会にもお持ち頂いたので私だけ記念撮影しちゃいました。



そして交流会での皆様のご感想、ご意見ありがとうございました。

元中学校教諭の方、お子さんを持つ方…『重く 苦しい芝居だったが、観てよかった』と言って下さいました。


数人の演劇部の高校生も観て下さったらしいのですが、高校演劇コンクールへの稽古の為に交流会へは参加出来ず、感想を残していってくれました。


『…あんな 親達…うれしい。 あんな風に子供を思ってくれる親、うれしい…』と言ってくれた生徒さんがいたとか。



150回演らせて頂く中、何度も(客席から)罵倒され、呆れられ『思わず舞台に上がって殴りたくなった』などと言われ続け(それはそれで嬉しいですが)、しかしそれも これも子供を思うがためという事を初めて観た高校生が分かってくれ、感じてくれたって事、私の方こそうれしい!!


お会い出来なかったけど『畑澤聖悟先生に審査して貰えるところまで行けるよう 頑張ります!』と言い残して帰ったそうです。


会いたかったなぁ~


150回、いろんな事がありましたと昨日のブロガー「落合るみたろう」もいっておりました。

そうですね…いろいろ思い出されます。



が、ご承知のように生の舞台は"ワンチャンス"

ご覧になる方にとっても、毎回新鮮にを肝に銘じて演じる私達にとっても、より良いワンチャンスになる『親の顔…』152回目に取り組んでいこうと思うのでした。





そやけどなぁ…


ワンチャンスで思い出したんやけど


150回は有り難い事やけど、初演の頃は『 犬たろう』なんて"ぬいぐるみ"いやへんかったんとちゃう?(大阪出身の副係長 宮本充が「へんな関西弁使うな!」と言ってる声が聞こえるぞ)


よっっぽど普段の生活に癒やしが欲しいって事やおまへんか?





いや~ かなわんわぁ~




さ、明日はいよいよ京都どす。
お天気がええとええどすな~


ほな 皆はん さいなら。


by姉崎


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

副係長で関西出身の宮本充です。
係長!関西弁ゆうても、奈良、京都、大阪、兵庫、和歌山、滋賀で、微妙に違うんです。
こんな、あちこちブレンドしたような適当な関西弁、使わんといてください!

係長の姉崎がメチャクチャな関西弁を使いましたこと、関西の皆様にお詫び申し上げます。
| 地方公演::親の顔が見たい | 00:47 | comments (x) | trackback (x) |
「親の顔が見たい」近畿編 落合るみ
奈良へやってきました!

宿泊するホテルに到着すると、ロビーにこんなポスターが!すごい!見入ってしまいました。



更に、お部屋に入るとこんなお心遣いが!!



ビールもさることながら、わざわざこんな温かいカードを書いて、それぞれの部屋にセットして下さったお気持ちが嬉しすぎます!ありがとうございました!

そして劇場入り。
大きくて綺麗な劇場にはしゃぐ、犬たろう(私の愛犬)と私。(撮影・市川奈央子)



カーテンコールでは、なんと「150回おめでとう!」の横断幕を掲げて頂きました。嬉しくなって、珍しく満面の笑顔で、手を振ったまま退場しようとした私、ガツン!と椅子にぶつかってしまいました。吉本のギャグのようでした・・ああ、バカバカ。

それにしても、150回!
この、消耗、疲弊が激しい芝居を150回もやってきたのかと思うと、さすがに感慨深いものがあります。
いろんな事がありました・・。

あまりの内容の重さに、鬱になるのではないかと不安を感じた事もありました。
諸事情で、出演者の交替もありました。
震災の翌日からの旅公演で、いろんな思いを抱えながら演じ続けた事もありました。

疲労困憊する後輩の太い太い足を、新人とともに揉まされることもありました・・(撮影・音響 飯嶋智氏)



でも、一回一回、もっと良くなるんではないか、と常にあがいてきたと思います。
今日も、開演前の舞台では、宮本充さんと林佳代子さん、そして姉崎公美さんがさらなる進化を求めて稽古していらっしゃいました。

)

初めて間近で見る稽古風景に、興味津々で見入る犬たろう。

役者になる!と言い出したりしないよう祈るばかりです・・。


落合るみ(戸田菜月役)


| 地方公演::親の顔が見たい | 23:41 | comments (x) | trackback (x) |
「親の顔が見たい」近畿編 矢崎和哉
「移動日 奈良では」

皆様、お久しぶりです。
スタッフメンバーで同行しております、矢崎和哉です。

本日は移動日。和歌山・岩出から奈良へ電車に揺られつつ向かいました。
途中、乗り換えの鶴橋で先輩方はお昼時の駅のホームに漂う焼肉の匂いにつられるように、各々が大阪の街の散策に向かったようです。

さて、奈良ですが、私は中学校の修学旅行以来。何があるかワクワクしました。
修学旅行当時は、ひたすら鹿せんべいを買って餌付けしてたのを覚えてます。
味見をして、眉間にシワを寄せつつ、なんとも言えない味だったなと(笑)

今日はその鹿たちのいる、東大寺と春日大社を空き時間に回って参りました。



中学生の頃はなにもわからなかったのですが、改めて東大寺の大仏の大きさに思いを馳せ、この仏像を作ったりその回りの木像を彫った人、建物を建てた人…それら先人の仕事に、ゼロから自らの手で後年に残る仕事をやってのけた、当時の人々の技術に圧倒されました。
そんな中、劇団の田徳先輩は柱にある穴を骨盤あたりが若干、引っ掛かりながらも通り抜け(中学の時点で既に通り抜けが無理だった)、私は一言「凄っ!」と言ってしまいました。



そして、鹿たちとふれあい、癒され、鹿せんべいを要求されつつ移動日を有意義に過ごして参りました。



明日からの奈良での二日間、奈良演劇鑑賞会の皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

締めはそんな人気者(?)達に囲まれつつ、せんとくんのポーズをして人気を得ようとする私の写真と共にお別れです。




では、また!

矢崎和哉


| 地方公演::親の顔が見たい | 00:02 | comments (x) | trackback (x) |
「親の顔が見たい」近畿編 遠藤純一
お久しぶりです。

森崎次郎役の遠藤純一です。

やって来ました!
和歌山県!!

私事ですと、牛山茂先輩が主人公のチャーリーを演じた『アルジャーノンに花束を』の公演でおじゃまして以来、およそ18年振りにやって来た街です。

その当時は裏方としての参加でした。

今回お世話になる紀北へは、昨日移動して来ました。

宿泊先の最寄り駅、和歌山線の岩出駅では、紀北演劇鑑賞会の皆様がお出迎えしてくださいました。

お忙しいところ、ありがとうございました。

さて、久しぶりに『エンジュンのぶらり街探訪』とまいりましょう。

宿から歩くこと1分。

なにやら荘厳な佇まいの神社があらわれました。





入り口を探してさまよっていると、矢島操役の佐藤しのぶさんに遭遇。



ふたりでお詣りすることに。

そこは大宮神社という名前の神社でした。



一昨年、お参りした出雲大社をかわいくしたような神殿があります。



今回の旅公演の成功を祈念します。



この作品も全国各地の皆様に支えられ、育てていただいたおかげで、間もなく150ステージを迎えようとしています。

これからもひとつひとつ、大切に演じ、伝えていくことを心新たに誓います。

和歌山の皆様にも、今回の旅でお会いするすべての皆様にも、この想いが伝わりますように。



最後に紀北演劇鑑賞会の皆様から頂いた可愛らしいデコポンのデコちゃんの写真をば。

遠藤 純一
| 地方公演::親の顔が見たい | 21:41 | comments (x) | trackback (x) |
「親の顔が見たい」近畿編 江崎泰介


親の顔が見たいブログを楽しみにしていらっしゃる皆様、こんにちわ!
本日の担当は、スタッフ参加して三年目のベテラン(?)、江崎泰介がお送りします。


毎回の恒例となりますが、移動日は自分たちスタッフ参加の劇団員がブログを担当しますので、どうぞよろしくお願いします、


さて、姫路、神戸の舞台を終え、本日4月7日は紀北、粉河での舞台のための移動日です。

このところ、生憎の天気が続いていましたが気温だけは高く、春の訪れを感じていたのに…今日は朝から寒い!
まるで冬に逆戻りしたような気がします。
全国的に寒いみたいですから、皆様も風邪を引かないように気をつけてくださいね。

キャストはもちろん、スタッフも風邪をひいては大変ですから、今日はみんな、しっかり上着を着込んで移動しました。

なんとか雨に降られること無く、和歌山県入りすることができ、ホテルの部屋でホッと一息ついています。


明日は、粉河ふるさとセンター大ホールにて、18時25分からの上演です。



そして、「親の顔が見たい」の舞台も、残すところあと9回です!

この作品に初めて参加したのが、中国地方の演劇鑑賞会の旅公演でした。

あれからなんともう二年。

ついこの間のような気がしていましたが、あっという間に時間は過ぎてしまいます…。

が、「親の顔が見たい」はまだまだ進化し続けています。

回を重ねる毎に新しい発見があったり、また、改めて考えさせられたり…。

この作品に関わることが出来て、本当に嬉しく思います。

そして、明日以降も皆様の心に残る舞台をお届けできるよう、影ながら支えていきます!


                                                 江崎

| 地方公演::親の顔が見たい | 00:01 | comments (x) | trackback (x) |
「親の顔が見たい」近畿編 佐藤しのぶ
本日のブログ担当は、犬たろうと八島操役の佐藤しのぶでございます、ワン!



旅に出てから5日目です。
太陽を拝んだのは旅初日のみ、このところ雨がよく降りますね。
「あら、4月は雨量が多いのよ」さすが姉崎さん、博識でいらっしゃる。

今回も、本番前にラジオ体操第一第二をスタッフ・キャスト全員張り切って致しましたが、翌日なんとワタクシ筋肉痛に・・・悲鳴無しには体操も出来ず(泣)。
しかし、本番中は何の傷みもありませんのよ、女優魂でしょうか(大笑)
今はもう何の問題もございません、ご心配お掛けしました・・・あっ、してないか。

さて、この犬たろうですが小沢さんにミドルネームを授けられました、その名も「グズラ」
この姿を見たら命名の理由はお分かりでしょう。



神戸演劇鑑賞会のみなさま、本当にお世話になりました、ありがとうございました。
またお逢い出来る日を楽しみにしております!

| 地方公演::親の顔が見たい | 00:29 | comments (x) | trackback (x) |
「親の顔が見たい」近畿編 宮本充
こんばんは!
宮本充です。
今日のブログは、ヒラではなく、副係長の僕が担当します。


やって参りました、神戸!

「こぉ~べぇ~♪」と、ヒラの永井誠ならここで歌うところでしょう。


神戸演劇鑑賞会の皆様には、昨年の「イノセントピープル」でもお世話になりました。
2年続けて。本当に有難いことです。



演出助手の河田園子ちゃんが、今朝の新幹線で東京からやって来ました。

今年もみっちりと稽古を積んで乗り込んだ近畿の巡演ですが、旅を続けていく間に、微妙に演技が変わってくることがあります。
そのちょっとしたズレが全体に影響を及ぼすことも。
そのために、彼女がやって来て、役者の演技をチェックをするのです。
僕も、気付かなかったところを指摘して貰い、とても助かったことがあります。
園子ちゃん、おおきに!


今日は舞台の後、劇場のロビーで会員の皆様との交流会がありました。
用意された椅子が足りず、「立ち見」の会員さんも出るほどの盛況でした。
沢山の励ましのお言葉,有り難うございました!

「親の顔が見たい」、日本各地の皆様に支えられ、間もなく150回目を迎えます!

| 地方公演::親の顔が見たい | 23:07 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<   01 - 2020   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート