新年明けましておめでとうございます
 昨年の憂きことを流し去り、心機一転新しい自分を再スタートさせる為の見事な言葉。
「明けましておめでとう」も今年ばかりはそうすんなりと届きそうにありません。 
世界は一変し、変わらぬ日々を取り戻す為の戦いは、今年に持ち越されてしまいました。

昨春、不要不急に声を潜めていた演劇人は、錯綜する世情の中で改めてその存在を確認したように思います。
枯れた社会に水を注すのが文化であり、演劇は痩せた心を潤す役割を担うことを。
昨年、昴の公演を導いたのは芝居を待っている人達の声でした。
芝居の場を失った私たちの背中を押してくれたのは潤いを求める声でした。
改めて劇団の役割を思い知らされました。

「閑話休題」
先日、奈良に行く機会があり、公園の鹿の佇まいに惹かれました。
車道を横切り、悠々と歩く姿。静かにゆったり人々を見て、自然に溶け入る姿。
時間の流れが違います。それに引き換え人間の何と慌ただしい事。
社会の制約に縛られ、抑圧の中で生きる日々。
心の平静を取り戻す為に人は潤いを求め、そこに文化がある。
必要から生まれた産物。だから文化は人間だけのもの。
鹿に文化は要りません。

さて、災禍は年を越えました。
先の見えない日々が続きます。
伸ばしきれない背筋に油を注ぐ、そんな演劇の役割は日々に増して来ています。
その中で劇団昴は次の演目をもって一年を進みます。
復活を果たす1月の『プカプカ漂流記』(中島淳彦・作)、
4月には新藤兼人原作・古川健脚色で『一枚のハガキ』。
連続の北村総一朗演出。
9月には昨年6月予定だったアイルランド作品『The Weir―堰―』が復活。
そして、12月は劇団昴の財産演目『クリスマス・キャロル』が生まれ変わります。
演劇の日々が待っています。

ともあれ新年です。劇団昴も劇場での再会を取り戻しつつあります。
前のめりに急がずに、日々に心を砕きながらも待ちましょう。
マスクを捨てて、街に出る日を。

劇団昴 荒川秀樹
| 劇団ニュース | 01:16 | comments (x) | trackback (x) |
ブログ再開のお知らせ
サーバートラブルで休止しておりました劇団ブログですが、
問題が解決いたしましたので『アルジャーノンに花束を』の稽古場日記にて再開させていただきます。

尚、前回公演『アザーピープルズマネー』に関しても、編集次第記事をアップさせていただきます。

今後も劇団ブログをよろしくお願い致します。
| 劇団ニュース | 14:32 | comments (x) | trackback (x) |
北村総一朗 劇団昴公演「本当のことを言ってください。」降板のご報告とお詫び
この度、当劇団所属 北村総一朗は、今秋10月に上演を予定しております舞台「本当のことを言ってください。」を体調不良により降板することになりました。

8月中旬、都内病院にて前立腺ポリープ内視鏡手術を受け、その病理検査の結果報告がこの9月18日にもたらされました。

主治医の診断は前立腺癌の故、早期の前立腺全摘出手術が必要とあり、現状のまま稽古を続行することは不可能となりました。

北村本人は出演を強く希望しておりましたが、医師から速やかな治療が必要であるとの指導を受け、降板を決断致しました。

久しぶりの出演を楽しみにして下さっていたお客様や関係者の皆様には、ご心配とご迷惑をおかけいたします事をお詫び申し上げます。

尚、東哲之助役は北村に代わり小山武宏がつとめます。

劇団昴 一般社団法人

理事 杉本了三
| 劇団ニュース | 11:26 | comments (x) | trackback (x) |
「エデンの東」のしゃしん


絵の上達スピードがすさまじいです。
やはり、子供のうちから習い事をしておいたほうがいいですよね。
ま、それは、大人になってから思う事。
「あの時ちゃんとやっておけば…」って、誰もが思った事でしょう。
子供の頃は、ただ棒をぶんぶん振り回しているだけで、楽しいんです。

| 劇団ニュース | 11:22 | comments (x) | trackback (x) |
「エデンの東」のしゃしん


前回よりは、少しだけ絵が分かりやすくなったでしょうか。
日焼けしている男の人の絵ですね。




そうそう、前回の問題の答えですが・・・、

秘密です。
| 劇団ニュース | 11:56 | comments (x) | trackback (x) |
「エデンの東」のしゃしん


子供が描いたパパの絵 ~その1~

この絵は、誰が何歳の頃に書いたのでしょうか。
| 劇団ニュース | 10:25 | comments (x) | trackback (x) |
「エデンの東」のしゃしん

撮影…岡部敏行

この二人、親子なんです。

西本裕行演じるサミュエルが水脈を探す為、遠藤純一演じる息子のウィルから「魔法の棒」を受け取るシーンです。
右手で持っている入れ物の中には「茶色の魔法の液体」が入っているに違いありません。
あの、とても、すごく、おいしいやつです。




撮影…岡部敏行


目で見るんじゃない、心で感じるんだっ!
| 劇団ニュース | 13:34 | comments (x) | trackback (x) |
「エデンの東」のしゃしん

写真:岡部敏明

「あれ、だんだん、ねむくなってき……た……ふにゃふにゃ」
「わりーなおっちゃん、ちょっとの間眠っていてもらうぜ、この時計型(以下略」

もはや定番のやりとりです。気付かずに睡眠薬で眠らされる人のよい主人公。
ま、『エデンの東』にはこんなセリフありませんが。



はてさて、アダムが眠っている間に物語は大変な方向に動いてしまうのであったっ!
続き▽
| 劇団ニュース | 12:30 | comments (x) | trackback (x) |
「エデンの東」のしゃしん

撮影:岡部敏明

土の上にゴロンと転がるのは、鳥畑洋人演じるチャールズ。彼は何を考えていたのでしょう。


多分、夕食のメニューですね。
卵ならいくらでもあるんですが、メニューはいくらでもあるわけではないので、毎日悩んでいるのでしょう。
| 劇団ニュース | 18:09 | comments (x) | trackback (x) |
『親の顔が見たい』順延のお知らせ
あらためて、この度の東北地方太平洋沖地震により被災された皆様ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

我々劇団昴は、3月12日からの静岡県ブロック演鑑連『親の顔が見たい』巡演を一部予定を変更しながらも行ってまいりましたが、
静岡県東部にあたる3月28日、29日の沼津、30日伊豆、4月1日下田、2日伊東、3日富士、 4日藤枝、5日富士宮で予定していました公演を計画停電の影響を考慮いたしまして4月20日~28日の期間に順延させていただくことにいたしました。

楽しみにしていただいていた各市民劇場の会員の皆様ならびに準備を進めていただいていた関係各所の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
| 劇団ニュース | 04:00 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   08 - 2021   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート