九州市民劇場の皆様、お久しぶりでございます❗
6年前に「親の顔が見たい」の道子ちゃん(自殺した子)の母親を演じました市川奈央子でございます。
あの時もお世話になりましたm(._.)m
また、舞台に立つために九州を訪れることが出来たこと、本当に感謝の気持ちで一杯です。
まして、大変な状況下の中でここまで準備をしてくださった事務局の皆さま、運営サークルの皆さま、観に来てくださった会員の皆さまにまず、お礼申し上げます!

さて「アルジャーノン」では、「ウィンズロウ」他6役をしております。そのため、衣裳が7役分、もちろん靴も7役分あるのです。
写真は、「バーニス」の時のものです。扉の奥にいるので、分かりにくいと思いますが、頭の先から足元までちゃんと着ているんですょ(*^▽^*)(初めて自撮りしたので画面が寄っておりますが、そこは多めに見てくださいませ…)




さてさて、ここは南国ムードたっぷりの「ひなた 宮崎」。10/3に飯塚からバスに揺られてやって来ました!
この日はゆっくり身体を休めて…

そして、10/4、十分に鋭気を養って挑んだ舞台では、カーテンコールに響き渡る会員さんの拍手が心に染み入りました!
翌日事務局長さんから、沢山の会員さんが観に来てくださったと伺い、鳥肌が立つほど感動致しました…。
「ここまで色々とあったけど、役者をやってて良かったー。」と





頂いた「じゃりぱん」と「日向みかん」で、エネルギー補給し頑張れました❗宮崎市民劇場の皆様、ありがとうございましたo(^o^)o


そして、次に向かうは鹿児島です!

改めて役者である幸せを噛み締めながら次なる地「鹿児島」に到着!

シンボル桜島に迎えられ、私もやる気満々です!



こちらでも、またまた、活力の元を頂きました!
本当にありがとうございます(о´∀`о)

そして、いつもの通り、でも、一瞬一瞬を大事に舞台を駆け巡ります!

そんな私たちにやっぱり暖かい拍手で最後を飾ってくださるのは、舞台には欠かせない『もう一人の出演者』である会員の皆さんお一人お一人です!

舞台は生き物です。役者だけでなく、観ている方も年齢、職業、男女の違いや、小さなところでは、気分、体調等で感じることが変わってくると思っています。
だから、同じ芝居でも一度として同じものにならない面白さがあるんですよね。

こうやって、皆で育てて行く「アルジャーノンに花束を」…。

あぁ…(* ̄∇ ̄*)
本当に幸せな日々でございます…
まだいたいなぁ…と、後ろ髪を引かれつつ、『劇団昴』は次の熊本へ向かうのです!

市川奈央子



| 稽古場日記::アルジャーノンに花束を | 20:04 | comments (x) | trackback (x) |
【九州・けいかほうこく】田川◎直方◎飯塚 市民劇場

皆様こんにちは。
フェイ・リルマン役の望月真理子です。
九州巡演、会員の皆様のご尽力により恙無く進んでおります。


◎田川市民劇場
北九州、別府と続いて田川にやってきました。
コロナ禍ではありますが、こちらでも会員の皆様の芝居への熱い思いに大いに勇気づけられ、公演を終えることができました。
美しい山あいの日差しにもエネルギーを貰いました。そしてこちら!



なんと…アルジャーノンクッキーを頂きましたー!チラシのイラストが入っていますよ!
ご声援を推進力に、この先の行程も頑張ります!
田川市民劇場の皆様、ありがとうございました!

◎直方市民劇場
ところ変わって直方での公演です。先日に引き続き、九州の初秋の空が美しいです。



衣裳も洗濯され、日差しを沢山浴びせることができました。
驚くべきことには、この状況下でありながら、なんとなんと直方市民劇場は会員数を増やして例会を開催しているそう!
会員の皆様の日々の努力と力強さ!こうして一緒に舞台を作ることができて本当によかったです。
直方市民劇場の皆様、ありがとうございました!


◎飯塚市民劇場
あっという間に行程が過ぎていく…

飯塚では2日間、公演をさせていただきました。
飯塚市民劇場も会員数を増やされたそう!!皆さまのエネルギーに脱帽です!!芝居にも力が漲ってきますー!
と、そんな中で珍事件が。
なんと芝居中、宮本充先輩がマスクを着けたまま舞台上に出てしまいました!
ご時世なので、ひょっとして「あるある」な事件かもしれませんね~


宮本氏による戒めの自画像がホワイトボードを賑やかせます。

そして素敵なサプライズが。



2017年、「ラインの監視」で息子役を演じた笹井逹規は今回スタッフとして九州に来ています。そんな笹井くんに会員さんからTシャツのプレゼントを頂きました!
以下、笹井くんのコメントです。

まさか、まさかの、アルジャーノン巡業中のサプライズ!
「ラインの監視」は、とても思い入れのある作品なので、凄く嬉しいです!
また飯塚で舞台に立てる日を、楽しみにしています!



飯塚市民劇場の皆さん、ありがとうございました!

| 稽古場日記::アルジャーノンに花束を | 22:26 | comments (x) | trackback (x) |
北九州市民劇場 別府市民劇場 大分市民劇場!!!

下関市民劇場での公演が終わり、北九州市民劇場での公演が始まりました。

北九州市民劇場では、8回も公演をさせていただきました。
毎日、沢山の会員の皆さんが劇場に来てくれて、僕たちの芝居を観ていただける。
こんなに嬉しいことはありません。
世の中がウイルスによっておかしくなってから、よりいっそうそう思います。
こんなにたくさん芝居が好きな方々がいる。
カーテンコールで皆さんの姿を見るたびに本当に芝居をやっていて良かったなと心から思います。

最後はなんと会員の皆さんがお見送りをするために待っていてくださいました。



お見送りの際、運営サークルの一人の方が、去年、僕が出演した「南吉野村の春」を観てくださっていて、少しだけお話をさせていただきました。
もっとお話したかったですが、今はこういう状況なので我慢です。
またお会いしたときにしっかりとお話したいです。
その方から「またpit昴にお芝居観に行くね」と言っていただきました。
本当に嬉しかったです。

最初から最後まで、本当に本当に幸せな気持ちになりました。

北九州市民劇場さん
ありがとうございました!


そして、次の公演地は別府市民劇場です。

なんと記念すべき100回目の例会でした!!
そんな記念すべき公演をやらせていただきました!
袖から出ていくときも「100回目だ~100回目だ~」
と思いながらいつもより緊張していたかもしれません(笑)



このお手紙を見ながらまた幸せを感じました。
記念すべき100回目の公演、幸せでした。

別府市民劇場の皆さん
ありがとうございました!

次の公演地、大分市民劇場へ!

大分市民劇場さんでは、銘菓ざびえるをいただきました!
そこにこんなお手紙が



美味しいお菓子と心温まるお言葉に感無量でした。
皆さんにお芝居を観ていただけたことが本当に嬉しかったです!
こうして皆さんに出会たことに感謝し、これから続いていく公演を楽しんで行こうと思います!

大分市民劇場のみなさん
ありがとうございました!

加藤和将

| 稽古場日記::アルジャーノンに花束を | 14:35 | comments (x) | trackback (x) |
九演連 巡演始まりました。

『アルジャーノンに花束を』九州巡演が下関での4ステージからスタートいたしました。

各公演、終演後は大きな温かい拍手をいただき、初日の終演後は出演者にも熱くこみ上げるものがありました。
拍手の中感じたことは、市民劇場の会員の皆様も、共に演劇を作り上げることの喜びを、あらためて感じていらっしゃるんだろうなということです。
私たち劇団も、コロナ禍で例会を行うため、いくつもの対策をたて、実行し、今までの巡演とは大きく違うものになっています。
各地の市民劇場・演劇鑑賞会の皆様も大変な準備をなさった上での例会であることは、想像に余りあります。
双方の思いが実を結んだ瞬間、それがあの拍手だったように思います。

自粛要請が出た当時、演劇は「生きていくために必要不可欠なものではない」との声がいくつも上がりました。
生活というものをミクロで考えたとき、それは間違ってはいないことかもしれません。
ですが、いくつかの例会を終えて、不可欠ではないが、必要なものであることには違いないと確信しました。
長い巡演になりますが、最後まで会員の皆様と共に、よりよい舞台を作り上げられるよう、最高の準備をしていこうと思っております。
よろしくお願いいたします!



下関市民劇場 カーテンコール

三輪学
続き▽
| 稽古場日記::アルジャーノンに花束を | 15:20 | comments (x) | trackback (x) |
それぞれの準備

みなさん、こんにちは
ジョウ役の加藤和将です。


あっという間にもう3月です!
もうすぐ東北の皆さんに「アルジャーノンに花束を」をお届けすることが出来ます!
楽しみで、気持ちが高鳴ります!!

そのために役者もスタッフもそれぞれの準備に取りかかっておりますー!



稽古中のチャーリー役の町屋さんとストラウス役の宮本さん、そして演出の菊池准さん
役について、それぞれの解釈を話し、擦り合わせをしています!
こうやって芝居が出来上がっていきます!



アルジャーノンが入る立体迷路修復中の下手担当の近藤くん、笹井くん、旅には残念ながら来られませんが稽古場付きをしてくれている宮崎くん



チャーリーが眠るベッドのケコミを作っている上手担当の落合くん


キャスト、スタッフ全員が「アルジャーノンに花束を」公演の為に動いております!

皆さん、楽しみに待っていてください!!

| 稽古場日記::アルジャーノンに花束を | 19:47 | comments (x) | trackback (x) |
Flowers for Algernon 2020

皆様…
お待たせしました。

「アルジャーノンに花束を」2020、
本格的に始動致しました!!





私、昨年に引き続きブログ担当を致しま
す、フェイ・リルマン役:望月真理子の方です。
相方は変わらずのジョウ・カープ役:加藤和将くん。


そう、君はもうジョウなのだよ加藤くん。
いい加減フランクのセリフを読みそうになるのはやめたまえ。

(加藤くんは俳優座劇場の公演ではフランク・ライリィ役でした)




若輩者ですが、本年もよろしくお付き合いくださいませ。





稽古初日は顔合わせ。
キャストに一部変更があり、アリス・キニアン役にあんどうさくらさんを迎えました!!


あんどうさんとは望月、「ヴェニスの商人」以来の共演です。

私を観に来たはずの、望月母の心を奪っていったネリサ…。
優しくも強さがあり、そして愛嬌まである先輩女優。


新しい予感に胸が高鳴ります!


ブログは随時更新予定!ご期待をー!!


望月真理子


| 稽古場日記::アルジャーノンに花束を | 17:39 | comments (x) | trackback (x) |
【アルジャーノン経過報告】大宮演劇鑑賞会
(こっそり失礼します。ご無沙汰してすみません)

季節はあっという間に移ろいで、寒い朝や夜を過ごす日が増えました。
皆さん、お風邪などひいてはいませんか?私は実家で採れたさつまいもがおいしいです。望月真理子です。




さあ、今回の経過報告で首都圏での例会公演が最後です。
首都圏ブロックの巡演の最後を飾るのは大宮演劇鑑賞会での公演です!
日程は3日間、大宮と桶川と場所を変えて行いました。
駅から劇場までの道のりを進んでいると…



だし道楽。なんですかこれは。ちょっと出汁がなくなっちゃったときに便利な仕様でしょうか。
調べてみると、広島のうどん屋さんで作っている出汁だそうです。

…えっ広島?

ちなみにボトルの中に一尾まるまる焼きあご?が入っている模様。
東京にもあるそうですが、私は初めて見ました。

出汁を持って劇場に入るのはファンキーだなと思ったので、また今度会お会いしたら買います。

そうして到着した大宮の劇場はこちら。



佇まいに歴史を感じます。こういった渋いホールで公演ができるのも巡演のうま味ですね。そうね、出汁だけに。



桶川の舞台上での1枚。舞台写真も最後の首都圏、ラストの1枚です。
シュバールも頑張りました。(真ん中にちゃんといます 笑)
旅立つ前よりちょっと小さくなった?
皆に愛でられていましたからね。






上演の最後、カーテンコールには桶川の会員の皆さまが2階席の手すりに【祝千秋楽】と大きな字でメッセージが!
Wのカーテンコールまでいただいて、感無量でした。

近畿・首都圏での巡演を経て、我々アルジャーノン群 は来年3月下旬からの東北演鑑連での巡演へ。続けて東京・池袋あうるすぽっとで東京での再演、更に9月には九州演鑑連の皆様にお会い出来ることになりました。


これから先も、末永くこの作品「アルジャーノンに花束を」そして劇団昴を愛してもらえるように、我々は経過を重ねていきます。
大宮演劇鑑賞会の皆様、ありがとうございました。
そして首都圏演鑑連の皆様、改めまして…ありがとうございました!!

ではまた来年お会いしましょう!

チャオ~!
| 稽古場日記::アルジャーノンに花束を | 15:13 | comments (x) | trackback (x) |
板橋演劇鑑賞会!ねりま演劇を観る会!
さてさて、アルジャーノンの旅の記録も、終わりが見えてきてしまいました~真夏に始まった巡演ももう秋。季節を跨いでこの作品と共に過ごしましたので、寂しさが残りますが、元気にご紹介致しましょう!
まずは、板橋演劇鑑賞会です!公演は、板橋区立文化会館で行われました!





この場所は、なんだか落ち着きます~というのも、この板橋区立文化会館から少し離れたところに私たちの本拠地のpit昴があるのです!
「アルジャーノンに花束を」は、pit昴で沢山稽古を重ねて来ましたが、本番を迎えたことはありません。
ですが、今回は!


ほぼ!!

ほぼ!同じ場所で!

いや、もはや同じ場所で!!

公演を出来るというとてもプレミアな気持ち!
このホームとも言える場所で、鑑賞会の皆さんに芝居を通じて出会える喜び!
とても貴重な経験をさせていただきました!

板橋演劇鑑賞会の皆さん!
ありがとうございました!




そして!つぎは!

ねりま演劇を観る会での公演!

公演は、ここ!練馬文化センターで行われました!





この練馬文化センターは、練馬駅を降りると目の前に見えます。
今でも思い出します。劇団昴に入団して間もない頃、練馬駅を降りた時この練馬文化センターが見えて、あ~こういう大きな所で芝居してみたいな~なんて思いながら仕事に向かっていました。

それが、今回!
叶いました~!

しかも、劇団の大切な作品で!

「アルジャーノンに花束を」で!!

しかも、2日に渡り2ステージも上演させていただいて!
念願の地で、ねりま演劇を観る会の皆さんに芝居を観ていただけて本当に嬉しかったです!こうして、願いが叶ったのも会員の皆さんのおかげです!

ねりま演劇を観る会の皆さん!
ありがとうございました!


                                                      加藤和将
| 稽古場日記::アルジャーノンに花束を | 18:58 | comments (x) | trackback (x) |
【アルジャーノン経過報告】ふなばし演劇鑑賞会&松戸演劇鑑賞会

秋も深まる今日この頃。きっとあっという間に冬なのでしょうね。

こんにちは。夏よりは冬が好き・望月真理子です。




今回は船橋での公演と、松戸での公演の模様をお伝えします。


ふなばし演劇鑑賞会では演出家の菊池准さんも来てくれました。
改めてのダメ出しもあり、残り少なくなってきた首都圏ブロックの公演に改めて気合が入ります。


ちなみにですね、個人的には「役者ではなく、役自身で感じて行動する」というダメ出しを貰いました。
今まで一番長くひとつの役をやっていたのは2016年「ヴェニスの商人」の20数回公演で、今回はもう30回を越えるステージ数。
もう役で動いているのか望月真理子自身で動いているのか、言われて考えてみると分からなくなっていました。


船橋での公演の中日でダメ出しを受け、それをふまえた上で次の日公演をしたところ。



初めて台詞を間違え申した。


「Bye」の台詞を「Let's GO」にしていました。




あらまあ。




そういう日に、何故かロビー交流会の参加メンバーなんですよね。ははは。



また、船橋での公演を終えた後で運営サークルの皆さんのおつかれ会に参加させて頂きました。
アルジャーノンの初演を観た方の話を伺えたり、演劇への思いをお話ししていただいたりと…充実した楽しい時間を過ごすことができました。



松戸での公演は、雨の中の搬入となりました。



早朝からの作業でしたが、大勢の会員の皆様にお手伝い頂き、公演も無事終えることができました!


舞台とシュバール氏。※本日のシュバール氏のお仕事は以上です。


台風19号が過ぎ、またも大きな被害が千葉や茨城、福島にも。
被害を受け被災された皆様にお見舞い申し上げます。



時期的にも台風や雨の多い旅公演でしたが、会員の皆さまのパワーに支えられ、全公演を終えることができました。

各所での模様は追って経過報告を致します!



ふなばし演劇鑑賞会・松戸演劇鑑賞会の皆様、ありがとうございました!




| 稽古場日記::アルジャーノンに花束を | 13:13 | comments (x) | trackback (x) |
三多摩演劇をみる会、ちば演劇を見る会!
台風15号の影響も冷めやらぬ中、台風19号が猛威を振るいましたが、皆様ご無事でしたでしょうか?被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。
私たちは2度の台風をすり抜けながら、何とか無事に公演を続けられています。







さて、今回は、三多摩演劇をみる会と、ちば演劇を見る会での例会公演のことを。

まずは、三多摩演劇をみる会では──

会場は、たましんRISURUホール!りすのマスコットキャラクターが可愛い!



中に入ってみると、なにやら他の劇場とは違うところが・・・







なんと、階段のマークが浮き出てます!他にもトイレマークやコインロッカーマーク等が浮き出ていてなんだかお洒落~ !


終演後、客電が点くと皆さんの表情が見えます。皆さんの表情には様々な気持ちがお顔に表れていて、その様子を見ることを密かな楽しみにしてます。この日も様々な表情からその日の舞台がどう受け止めて貰えたか感じられて励みになります!
三多摩演劇をみる会の皆さん!ありがとうございました!


そして、四街道から続いて、ちば演劇を見る会!



千葉市民会館で4日間のステージを行いました!
3日目に終演後アフタートークを開いていただきました!



すみません、上手く撮れませんでした(汗)

司会は会員さん、キャストが左から町屋圭佑さん、宮本充さん、大矢朋子さん、三輪学さんが参加させていただきました。
それぞれの役についてのお話や、ちょっとした裏エピソード等々でおおいに盛り上がりました!
中でも、三輪学さん演じる父親マット役の口笛と歌のメロディーは作曲家の上田亨さんに作っていただいたものというお話には皆さんも興味深々でした!



この絵は会員さんが書いてくれたものです。最初あまりの出来に売り物だと思ってました(笑)
こんなに素敵な絵を書いていただきアルジャーノンも喜んでいると思います!
ちば演劇を見る会の皆さん!ありがとうございました!



シュバールも気に入ってるみたいです(笑)





                                                   加藤和将


| 稽古場日記::アルジャーノンに花束を | 15:29 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<   10 - 2020   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート