九州公演
「ラインの監視」チームは八月五日、約一か月間の九州公演から全員無事に東京に戻りました。

七月三日出発し、先ず北九州では大雨に見舞われ、福岡県、大分県に大きな被害がありました。
豪雨の被害にあわれた地域の皆様にお見舞い申し上げます。
豪雨のあとには鹿児島では地震もありました。このことも大きな出来事でした。

豪雨の影響も大きかった状況のなか、小倉では客席には市民劇場の会員の皆様でいっぱいで、胸が熱くなりました。予想外の自然災害で休演することは一度もなく、全行程29ステージ滞りなく全うすることが出来たことは、各地の市民劇場の皆様のお心遣いのおかげと感謝しております。

 九演連の皆様には大歓迎をしていただきました。
温かいおもてなし、熱い拍手、搬入、搬出のお手伝い、そして私たちがスムーズに進行出来る様に考え抜かれたスケジュール。そして私は、仲間の皆さんのフォローのおかげで、東京での稽古疲れも、旅の準備のストレスも徐々に回復し、上り調子で元気になり、照りつける太陽、蝉の声、夏の暑さが気持ちよく感じられる毎日になりました。

 殆どが九州の街中の公演だったなか、今回の巡演の千秋楽の地となった「諫早」は、初めて感じる、街の静けさと温かい気配、木々の緑の多さに癒されました。でもこんなに静かな町の何処から千人以上の方々が集まってくれるのか?……。全く心配には及びませんでした。熱い拍手はもちろんの事、「感動をありがとう」と言う垂れ幕まで用意して下さり、私達は客席と一体となり、幸せな千秋楽を迎える事が出来ました。
各地でこんなにたくさんの皆さんが、私たちの公演を心待ちにしてくださっている事に感謝の気持ちでいっぱいです。そして演劇は今、こういう皆様に支えられていると実感しました。

 三年前、東京でたった五日間の公演だった「ラインの監視」。その公演を見つけてくださり、今回の九州公演に結び付けて下さった九州の演鑑連の皆様の熱意とご努力。私たちはこの喜びをしっかりと受け止め、精一杯の舞台を務めました。この舞台の一員である事に、誇りと、喜びと、そして全国の皆様に見て頂きたい意義のある舞台である、と確信しています。しばらく休むとまた近畿、神奈川での巡演が始まります。

 九州の皆様、本当にありがとうございました。私にとっては「想い出の、最高の夏」になりました。

八月十日   久保田民絵

チラシ
| 稽古場日記::ラインの監視 | 10:13 | comments (x) | trackback (x) |
福岡へ
本日のブログ担当は、今年から劇団員になり、裏方で同行している桑原良太です。

現在、「ラインの監視」チームは、福岡に滞在してます。

そしてここ福岡は私事ですが、地元なのです!
劇団の公演で生まれ育った街に帰ってこれたことはとても嬉しいです!!
だからこそ次は、出演者として帰ってきたいという気持ちが、一層強くなりました。

福岡では、移動日と休演日が続けてありまして、2日間公演がありません。
ということで、この休演日に皆さんが何をやったかインタビューをしてみました(笑)

まずは同期の白倉くん
「マッサージに行ったよ~」とのことです。白倉くんは下手の守り神としてみんなから頼りにされています。

次は、先輩で、出演者、スタッフも兼ねている高草さん
「君の地元の糸島に行ったよ」とのことです。しかも写真まで撮ってきてくれました!


糸島



糸島2


高草さんは、準劇団員の頃からいつも困ってる時にアドバイスをしてくれてとてもお世話になってる方です。
腰を痛めながらも一緒に大きな柱を立ててくれています!

そして、他の方々もおもいおもいの休演日を過ごし、鋭気を養い、福岡公演に一丸となってぶつかる為の、いい休息となりました。
| 稽古場日記::ラインの監視 | 14:38 | comments (x) | trackback (x) |
九州公演、折り返し地点!
本日のブログは裏方スタッフの白倉が皆様にお届け致します。


一ヶ月の九州公演で折り返し地点となります今回は鹿児島での例会公演でした。

まず私達を迎えてくれたのは頂に雲を携えた桜島!

桜島

圧倒的な存在感でキャストもスタッフも思わず写真撮影を始める人が続出でした(笑)


今回上演した宝山ホールは歴史のある会場で、昔から続く佇まいに搬入や仕込みではお手伝いをして下さる会員の皆様や劇場スタッフの方々に「失礼のないようにせねば!」とより一層気を引き締めて臨ませて頂きました。

そして、この公演中に舞台監督として我々を仕切って下さっている後藤さんのお誕生日があり、キャストの皆さんをはじめスタッフのサイン入りシャツのプレゼントというサプライズなどイベントが盛りだくさんな公演となりました!

バースデー

全体の半分を終え、いよいよ折り返しとなりましたが、最後の最後まで気を抜かず演劇鑑賞会の皆様やたくさんの方々のお力を借りながら「ラインの監視」という素敵な作品をお届けしたいと思います!


西郷さんに背中を押されつつ次に参りますのは熊本県立劇場です!





白倉裕人
| 稽古場日記::ラインの監視 | 14:36 | comments (x) | trackback (x) |
都城
7/17 ブログ担当 デーウ''ィッド役 髙草 量平です。
よろしくお願い致します。

都城市総合文化ホール 中ホールで上演させて頂きました。

何度めかの「乗り、打ち、ばらし」ですが、運営サークルの皆様のお手伝いもあり、スムーズにセットを組む事が出来ました。
ありがとうございます。
お通しも普段食べる機会の少ない豚軟骨の煮物、冷や汁、ゼリー状になったあおさのお吸物。名前を上げたらキリがない程沢山作って頂きました。 ありがとうございます。

カーテンコールはダブルになり客席より「劇団昴ありがとう!」「いい芝居をありがとう」という大音声を頂きました。
思わず胸が熱くなりました。

また、今回の都城市民劇場では宮崎在住の叔父夫婦が会員になり観劇してもらいました。
叔父とは20数年間振りの再会です。ラインの監視のサラとデーヴィッドの様です。

次は鹿児島です。
鹿児島の皆様にお会い出来るのを楽しみにしております。
| 稽古場日記::ラインの監視 | 22:11 | comments (x) | trackback (x) |
大分の朝は早い
本日は大分での例会でした。
ブログ担当は裏方で同行しております矢崎がお届けします。

本日の仕込みは7:30からと、このツアーでは最早のスタートです。
もちろん、お手伝いをして下さる会員の皆さんも朝から来ていただき搬入をしました。

以前、『親の顔が見たい』でもスタッフとして九演連の公演で伺ったとき、東京とは違う会員の皆様の客席の反応が気になり、今回も楽しみにもしておりましたが、皆様各場面で鋭く起こっている事象を捉えてくださってるのか様々な反応があり、それだけ物語に集中して観てくださっているのが嬉しいです。

よくあることですが稽古場にいると、何度も同じ事の繰り返しで段々と麻痺してきてしまい面白かったことも慣れてしまい、それほどではなくなる場合がありますが 、 客席からの驚きのため息、笑ったり、すすり泣く声などのリアルな反応は
お芝居の鮮度をより高めてくれるなといつも思います。

いままで巡演してきた市民劇場の皆様に感謝し、これから伺う市民劇場の会員の皆様との出会いにワクワクしております。

ツアーも中盤戦となってまいりました、キャスト・スタッフ 更に良い舞台になるよう頑張ります。
次に向かう巡演先は都城市民劇場!!
楽しみであります。
| 稽古場日記::ラインの監視 | 23:10 | comments (x) | trackback (x) |
おかげさまで
「ラインの監視」ジョシュア役の笹井達規です。
例会公演にお越しいただいた皆様ありがとうございました。

別府での公演は仕込んで(セットを組立て)、公演して、ばらす(セットを解体する)、乗り打ちばらしと言われるとてもハードなスケジュールでしたが、会員の皆様のおかげでとても楽しく舞台に立てた気がします。
美味しい食事も頂きました。

別府

劇団に入って2年目でこのような舞台に立ち、九州の皆様と「ラインの監視」という一つの空間を共有できたことをとても嬉しく思います。
まだまだ旅は続きますが、常に新しい空間を、良い舞台を、市民劇場の皆様と作り上げて行きたいと思います。

とても素敵な劇場でした!

別府


笹井達規
| 稽古場日記::ラインの監視 | 22:28 | comments (x) | trackback (x) |
飯塚
「ラインの監視」九演連7月8月例会公演・二ヶ所目は飯塚市民劇場主催・イイヅカコスモスコモン中ホールでした。


ロビーは夏らしくうちわで素敵に飾られていました。嬉しい!


昨日と本日、沢山の方に足を運んでいただきました。
終演後の搬出も手伝っていただいて少しだけではありますがお話することができました。


犠牲を払って周りの人の幸せの為に働くクルトに共感してくださった方々が、ご自身の体験とクルトの想いを重ねてくださり、子供たちをの思いを通して涙してくださったとか…


行く人、残された人それぞの思いが伝わったと声をかけてくださった方も…


観ることができて良かったといっていただけて本当に嬉しく思います。


私たちこそ例会に招いていただきありがとうございます!


最後まで体調を崩さず多くの方に観ていただけるように頑張ります!


飯塚の皆様本当にお世話になりました!
イイヅカコスモスコモン劇場ありがとう~!


飯塚


舞山裕子
| 稽古場日記::ラインの監視 | 21:47 | comments (x) | trackback (x) |
劇団昴公演「ラインの監視」九州巡演、クルト・ミューラー役の石田博英です。
三年前に初演を行った「ラインの監視」が2017年の夏に九州を巡演する事になりました。
今日は北九州・小倉、北九州芸術劇場中ホールでの1週間の公演を終え飯塚への移動日でした。

初演時には辛うじて片手に余る程のステージ数でしたが北九州の1週間で初演時のステージ数を遥かに越えてしまいました。
これから更に回を重ね、新たな発見を九州巡演の旅と共にミューラー家の家族が紡いで行くと思います。
宜しく御願い致します。     

写真は旅の初日のミューラー家、左からサラ役の服部幸子・クルト役の石田博英・長男ジョシュア役の笹井達規・長女バベット役の小林柚葉、そして末っ子ボードー役の横山温人。                       

ミューラー一家
| 稽古場日記::ラインの監視 | 20:24 | comments (x) | trackback (x) |
北九州
この度の豪雨により被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。

北九州小倉の会場や滞在先のホテル付近も一時、避難勧告や大雨警報が出ました。

それでも、7月7日は無事に幕を開けることができました。

このような状況でも沢山の会員さんが会場に足を運んで下さいました。
本当に本当に、ありがとうございました。
終演後も、連日と同じ温かい拍手で迎えていただき、胸が熱くなりました。

今後もまだ、雨天がしばらく続くようです。油断もできませんし、不安もありますが、私たちにできることは、誠実にこの「ラインの監視」をお届けすることだと思います。お招きいただいた皆様に、印象に残る「確かなもの」をお届けしたいと、より気持ちを引き締めて参ります。


今後もどうぞ宜しくお願い致します。



「ラインの監視」サラ役・服部幸子
| 稽古場日記::ラインの監視 | 10:04 | comments (x) | trackback (x) |
いよいよ始まりました!
「ラインの監視」九演連7月8月例会公演いよいよ始まりました!

昨日は北九州市民劇場の運営担当サークルの会員の皆様にお手伝いいただきまして、搬入から開始!



仕込み



北九州芸術劇場中ホールは7階にあるので、搬入エレベーターで道具を搬入します!

トラックから荷下ろしされた道具がエレベーターで上がってくるのをみんなでまってます。

トラックから荷下ろし作業しているところを7階のモニターでみられるのですが、トラックの荷台はなかなかのテトリス具合。

皆さんびっしり詰まったトラックにびっくりしておられました。

搬入と同時に仕込みがはじまり、照明、音響…どんどん舞台ができあがります。

休憩では皆さんの手料理をいただきほっと一息。
このご飯がまた美味しいんです!食べるのに夢中で写真を失念してしまいました。うぅ。すみません。


仕込みが終わり開演間際…


衣装



先輩方の足元を激写。
ファニーとアニーズの衣装をチラ見せです(笑)

本番前はバタバタしているので、写真はあまりとれませんが、すこしずつupしていきますので乞うご期待!


では本日の昼公演に行ってまいります!



舞山裕子
| 稽古場日記::ラインの監視 | 09:22 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<   08 - 2017   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート