ありがとうございました。
3月12日から始まった(初日は延期になりましたが)「親の顔が見たい」静岡巡演の旅。下田で千秋楽をむかえ無事終了しました。
震災翌日であった12日朝の新幹線の中での重い空気は忘れられないでしょう。
そして、計画停電の関係で一時中断しての再開。 一言で再開といっても、関係者各位の、この先芝居を続けていく上で忘れられないであろう多大なご尽力がありました。芝居がどれだけ沢山の方々によって支えられ、再び動きだすのか、改めて知りました。

出演者全員が、今芝居をする事に、そして、こういう時に芝居を観たいと思って下さる方々への色んな思いで、いっぱいいっぱいだったと思います。
忘れられない公演です。
同じ劇場の中で同じ空気を吸って一緒に心が動く、そんな当たり前の、でも豊かな生活が東北の皆様にどうか少しでも早く戻りますよう。
劇場ロビーの張り紙でも終演後の交流会でも 本当にみんなが心配し応援していました。今、芝居は悲しいくらい無力ですが…私達も同じ思いです。

小さな小さな、本公演ですらないサードステージから始まったこの芝居。 プロデューサー・磯辺万沙子さん、作家・畑澤聖悟さん、演出家・黒岩亮さんに導かれ必死に取り組んでいました。
あの時に知らず知らず種がまかれ、今に至るまで一生懸命水をやり育てて下さった方々がいらっしゃいました。
真摯にエネルギーを注いで作り上げたものは必ず届くんだと思わせて頂けたことが、劇団として一番幸せな事だったと思います。

皆様 本当にありがとうございました。

近いうちに必ず、さらに深く力強い、皆様の心に残る作品として再びご覧頂けるよう頑張ります。




| 稽古場日記::親の顔が見たい | 11:52 | comments (x) | trackback (x) |
終了しました!
打ち上げの様子をなるべく沢山の人が入るよう撮ってみましたが、イケメン演出部チームや、女優よりかわいくて男優陣に大人気の女子スタッフチームが入りきりませんでした!
顔だしではない仕事の方はちょっと遠慮しちゃったのですが、
みんなで楽しくうち上がってました?




| 稽古場日記::親の顔が見たい | 02:10 | comments (x) | trackback (x) |
姉崎さんから記事頂きました♪「ラストワン」
私も『親の顔…』旅ブログのお手伝いをする事になっておりましたのに、3月の前半公演に数回記事を載せてもらいましたが…4月に再開してからの後半はなんにもせず…今日書かずにいつ書くの?ということで…

いよいよ下田公演。今回のラストワン!

下田駅はまだまだ龍馬の匂いが残っておりました。ペリーなのね…龍馬なのね… ペリーロード…ハリスの館…

いつの公演もそうですが、最後は何か特別な気もしますが観て下さる方々は初めてですからね。今日は演出家も来下(とは言わないか?)の予定です。

今日の下田市民文化会館、801席だそうで、今チラッと見てきましたがこじんまりとしたキレイな会館でした。楽しみです。毎日違う会場での芝居の難しさと、楽しさを改めて感じ、その街の空気も反映しているただずまい…ゆっくり味わえないのは寂しいですが…これから行ってまいります。

ところで、昨日の伊東市は『親の顔…』演出助手の河田園子ちゃんの出身地でして、今 園子ちゃんは次回公演『エデンの東』の演出中なのでお母様がたくさんの陣中見舞いを届けて下さいました。
後ろは『エデン…』にも出演する宮本君。帰ったらすぐ稽古です。
昴…動いてるね!

姉崎

| 稽古場日記::親の顔が見たい | 16:15 | comments (x) | trackback (x) |
伊東から下田にきました
今日はお天気がよくて、海も緑も最高に綺麗です!

伊豆急下田の駅にて「ゲロゲーロ」

充さん「はずかしかった」と言ってましたがうそだと思います(笑)佳代子さんの足の開きが本気ですね。
下田とかえるにはどんなつながりがあるのかしら?


| 稽古場日記::親の顔が見たい | 13:53 | comments (x) | trackback (x) |
沼津から伊東にやってきました
伊東線のボックス席に、
「なんかビール飲みたくなっちゃうね」「カキピー買ってこい」
と充さん、亘さん。
気持ちはわかりますが20分ですよ(笑)
でも遠藤くんは冷凍みかんをしっかりゲットしてました。お裾分けしてもらい、着いてしまう前にと、溶けきらないうちに慌てて口に放り込む充さんでした…♪

劇場に入ると、大量のとっても綺麗な甘夏(?ぼんたん?)が!
会員の方のお庭でなったものだそうです。 個人のお庭で段ボールぎっしりの甘夏…もといぼんたん…、すごい。ミス甘夏をイメージして真紀ちゃんにモデルをお願いしました。

さて
伊東で印象的だったのは、
開演直後から水を打ったように静かで、皆さんがのっけからものすごく集中して下さっていたこと!どの会場でも開演直後は多少落ち着かない空気でもどんどん静まりかえって頂けるのですが、最初10分も非常に大事で丁寧に丁寧にやっているつもりなので、ちょっとの目線や微妙なニュアンスも絶対キャッチして頂けている!と確信でき、幸せでした。
ありがとうございました。




| 稽古場日記::親の顔が見たい | 21:26 | comments (x) | trackback (x) |
沼津公演終了しました
今日は、マチネ開演前に30分ほど役者のみで抜き稽古?をしました。 旅でいろんな大きさの劇場にそれぞれが対応しようとしてる中でずれがでてきた部分の調整といいましょうか。
あと2ステージを残すのみですが、少しでもいいものにしようとあがく事ができる座組で良かったと思います。
終演後、交流会を開いて頂いたのですが、一回の例会が決まるまで、そして上演されるまでには本当に皆さんの大変なご尽力があるんだなあと実感しました。
四年前、ただただ自分の役でいっぱいいっぱいで、必死にいいものを作りたいとあがいていたシアタートップスで、すでにこの日を見据えて声をあげ動き出して下さった方々がいた。その力におされ、かつてない、サードステージ→NHKシアターコレクション→本公演→旅公演という流れが生まれました。

観て下さる方々の力をこんなに感じるのは初めてです。今また私たちが日々必死にこの芝居に取り組めているのは今回私達を呼んで下さった皆様のおかげです。
本当に本当にありがとうございます。

いつ揺れがくるかわからない中、気乗りしない様子で「つまらなかったら帰ればいいわよ」と言っていた方が、どんどん前のめりになり、ハンドバッグを探ってハンカチで涙をぬぐっていた様子を聞き、その事には勿論ですが、その一部始終を気にかけて見ていてお話して下さったことが本当にありがたかったです。

孤独な作業だなあと思うことも多い芝居づくりですが、一緒に作って頂いてたんですね。
お気持ちに報いるには、決してだれず、志高くより良いものを常に目指す事しかできません。
あと2ステージ、感謝して大事にやります。
| 稽古場日記::親の顔が見たい | 21:15 | comments (x) | trackback (x) |
磯辺 万沙子さんご来場
この芝居を立ち上げて下さったプロデューサー磯辺 万沙子さんがはるばるいらして下さいました。私は、この旅始まって一番緊張しました!
150人も入らない小さな劇場から始まったこの芝居が、今、万沙子さんの目にはどう見えているかを聞きたくて、普段は役的にしんどくて飲みに行かないのですが、私もお邪魔してまいりました。
ホテルの近くのこじゃれたお店で二時間ほどでしたが濃い時間でした。
「この芝居は本当にいい芝居です」と言い切って下さいました。
が、それは強力な演出と戯曲と積み重ねた稽古という貯金があってのこと。
役者は日々初心に立ち返り、精進しなくてはいけません。改めて気持ちが引き締まりました。



| 稽古場日記::親の顔が見たい | 00:07 | comments (x) | trackback (x) |
沼津に移動中です
またもや私のだめ携帯カメラのせいでぼけ気味ですが、藤枝・三島と頂いたお花をかわいく短くして大事に運んでいる充さんです。
ホテルの部屋に生花があると、すごく嬉しいんですよね。
でも男性でこういう細かい手間をかける方は珍しいかも。想像するとちょっとかわいいですね♪

| 稽古場日記::親の顔が見たい | 11:44 | comments (x) | trackback (x) |
三島公演終了

駅からすぐの劇場の近くには、緑あふれる楽寿園や三島大社が。 残念ながら私は風邪であまり歩きまわれなかったので断念したのですが、こちらの白滝公園で十分満足しました。 普通に車が走る通り沿いにうっそうと茂る緑にさやさや流れる小川があります。

三島って緑と水にあふれてて綺麗な街ですね。
とっても心が洗われ鎮まりました。


| 稽古場日記::親の顔が見たい | 21:44 | comments (x) | trackback (x) |
藤枝公演終了しました。
藤枝といえば?

サッカー好きな私のかなり個人的な意見になりますが、やっぱり日本代表キャプテン、ドイツ・ヴォルフスブルグ所属の長谷部誠でしょう!

地元愛も強いみたいで、6月には藤枝でチャリティーイベントもやるんですよね。

劇場二階で発声をしてたら、一階の控え室?みたいなところに“がんばれ長谷部誠”ののぼりが見えました! しまってあるものを撮ってしまってごめんなさい。でも、この旅にも長谷部の「心を整える」を持参している私は興奮しました!
長谷部の情熱に負けないよう頑張りましたよ。

ホテルには藤枝市民劇場様から、メッセージとキレートレモンがありました。全員に頂いたお洒落な花束と「心を整える」と一緒に。お花を下さる時の満面の笑顔での「良かったです!」、嬉しかったです。楽しい芝居ではないのに。終演後、なんと冷え冷えのビールを用意して下さっていた事務局長様、市民劇場の皆様、ありがとうございました。
ちなみに藤枝市民会館には、やはり藤棚がありましたよ。まだ早いようで咲ききっていませんでしたが、綺麗だろうなあ。




| 稽古場日記::親の顔が見たい | 21:31 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<   08 - 2017   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート