「夢のあと」
劇場という空間は本当に不思議なもので異世界に繋がっているのではないかと思います。

アメリカの作家のスリラーはこうして現代によみがえり、個を無くす恐ろしさを我々に教え、何だか世の中が怖くなるような余韻を残し幕を閉じます。

赤い鼻に触発された狂気が最後に迎えた結末は結局は誰かの犠牲に我々はウサを晴らし、生きているという現実でした。

きっと心の奥底で、無意識のうちに私たちは人を陥れることに酔いしれているのかもしれません。


そう思わせてくれた演出の森一さん、ご来場頂きました、すべてのお客様に感謝を申し上げます。

美しい舞台セットでした。



棒でくくられたボックスにスズランテープで囲われて取り残される一人の男。フォーンブース、ジャングルジム、ボックス、繭、電話線、呼びようはそれぞれにあり、それぞれが各々の解釈をして囲いました。

一夏の暑さを忘れるスリリングなお芝居を届けられたら幸いです。






木村雅子

| 稽古場日記::ザ・サード・ステージ IN 萬劇場 ショートストーリーコレクションVol.4『夏の短編集』 | 01:21 | comments (x) | trackback (x) |
「見えない。興奮と狂気」
公演も三日目を迎え、役者陣にも疲れが見える頃でしょうか?
いいえ、みんなはまだまだ元気です!!



本番が始まり、劇場にも慣れてきたのか少し考えることができるようになってきて、改めて今回の作品を見つめ直してみました。

世間では、国会での議員の発言が曲解されて、発言自体が変わってしまい、ネットで拡散された間違った発言があたかも公式に発言されたものだと解釈され、批判されるということが増えているようです。

この記事を読んで、今回の芝居に似ているなと感じました。

相手から自分は「見えていない」ということは、自分の行動に責任を無くし、良識のストッパーを無くし、普段良い人の中に隠している狂気をむき出しにします。

そして、集団の、「私だけじゃない」という安心感。
大きい集団の中にいるときは自分のことを不思議と間違っているとは感じないもので、今やっている行為は正義だと疑わない気持ちにさせられます。そして、同じ行動はある種の興奮さえ感じてきます。

過ちに気付くのはいつも終わったあと、すべてが終わったあとの今回の舞台上では一体何が起るでしょうか。

赤い鼻に触発されてむき出しにされた人間の本性とは。


ラスト一回!!

お楽しみにハート


木村雅子

| 稽古場日記::ザ・サード・ステージ IN 萬劇場 ショートストーリーコレクションVol.4『夏の短編集』 | 23:33 | comments (x) | trackback (x) |
「全団体の皆様と」
劇団昴ザ・サード・ステージ IN 萬劇場 ショートストーリーコレクションVol.4「夏の短編集」

二日目を迎えましたハートlove

本日も二公演を行い、無事に終了いたしました。
ご来場くださいました皆様、本当にありがとうございました!!



今回の舞台はとても身体を使う舞台で、30分と短い時間ではありますが、終演後には全員が汗だく汗

これから御観劇いただく皆様、どうぞ濃厚な時間をお楽しみください。

一つ一つの団体が本当に個性に溢れていて、どの回も、どの組み合わせも見ごたえのあるものになっておりますハート


早いもので、7回あった公演も折り返し地点にきました。後半も頑張ります!!



………………………………

チケット状況のお知らせがあります!!

18日(土)13時の回、19日(日)の15時の回は売り切れとなりました。

なお、上演時間は各団体30分、途中休憩なしの1時間半を予定しております。


木村雅子
| 稽古場日記::ザ・サード・ステージ IN 萬劇場 ショートストーリーコレクションVol.4『夏の短編集』 | 23:11 | comments (x) | trackback (x) |
「無事に初日を迎えました!」
ついに初日を迎えました!!
『劇団昴ザ・サード・ステージ IN 萬劇場 ショートストーリーコレクションVol.4「夏の短編集」』

「あれ?すみません!番号、間違えました?ウフッハート

無事に初日を迎えることが出来ました!!




これまでに何度も萬劇場の制作の皆様、他の6団体の方々と打ち合わせを重ねて来ました。
これから公演を共にし、楽屋を共にし、また、新たな出会いが沢山あるでしょう音符

今日は一緒に公演を行う劇団の舞台に新しい刺激を受け、のびのびと初日を迎えることができたと思います。

御来場くださいました皆様、台風が接近して、お足もとの悪い中、本日は御観劇いただきありがとうございました。

明日も新しい出会いと、そして御来場頂きます皆様と楽しい時間を過ごせますよう頑張ります!!


萬劇場では、出演団体のウェルカムボードや、うちわも飾られています!!

写真は、演出の森一さんが飾ってくださっているところです!!

どうぞこちらもお楽しみに!!舞台に関係しますよ~意味深ッ(笑)



木村雅子

| 稽古場日記::ザ・サード・ステージ IN 萬劇場 ショートストーリーコレクションVol.4『夏の短編集』 | 23:39 | comments (x) | trackback (x) |
「あと1日!!」
こんばんは!準劇団員の木村雅子です!

本番までついにあと1日となりました!『劇団昴ザ・サード・ステージ IN 萬劇場 ショートストーリーコレクションVol.4「夏の短編集」』

本日は劇場にて、音響や照明を交えたリハーサルと、舞台稽古が行われました。

明日は、客席の皆様も巻き込みながらの熱い舞台になると思います!

その日のお客様と、その日にひとつの舞台を作るのみです。
毎日、毎回、一分、一秒を新鮮に生きられるように頑張ります!!

頑張るぞー!!




木村雅子

| 稽古場日記::ザ・サード・ステージ IN 萬劇場 ショートストーリーコレクションVol.4『夏の短編集』 | 23:30 | comments (x) | trackback (x) |
「稽古場バラシ、ウフッ」
こんばんは!!再び準劇団員の木村雅子です!キャスト陣全員のブログが回ったところで、本番二日前となりました!!



早いですね!!

毎日怒濤の如く時間は流れ、稽古場の空気は温度を増して、濃く、密度が詰まっていき、家に帰る頃には何もせずにパタンと寝てしまう。

そんな毎日を過ごしております。



今日は二回の通し稽古が行われ、ついに稽古場をばらしました!!

明日は、いざ劇場入りとなります!!



私は萬劇場へは何度か観劇で行ったことはあるのですが、出演者としてお邪魔するのは初めてです!!

どんな舞台なのか、舞台から見た客席はどんな雰囲気なのか、劇場の空気、そして、どんな出会いがあるのか、わくわくドキドキです!!

皆様とも是非萬劇場でお会いできるのを楽しみにしています!!


さて、ここでお知らせです!

我々「ウフッハート」チームの参加する、7月19日(日)15時、千龝楽の回が売り切れとなりました。ありがとうございます!!

他の回でしたらお席に余裕がございますのでふるってご予約ください!!

今回の公演は毎回3団体が組み合わせを変えての公演となります。

どうぞ、気になる組み合わせの回をご予約ください!!

木村雅子

| 稽古場日記::ザ・サード・ステージ IN 萬劇場 ショートストーリーコレクションVol.4『夏の短編集』 | 00:54 | comments (x) | trackback (x) |
「あれ?すみません!格好、つけ過ぎました?ウフッ」


ご無沙汰しております、
サード公演では「召命」以来の登場となります、宮島岳史です。



このお芝居のテーマはとってもシンプルです。

それは「集団心理」です。
集団心理、あるいは群集心理。これは、昨今では「いじめ」を問題にする際に、しばしば使われる言葉です。

いじめと言えば――劇団昴では「いじめ」をテーマにした「親の顔が見たい」が大変な反響をいただき、もう何年も前から再演に再演を重ねてきました。
それは、戯曲の持つ時代性や、演出家の力によるところが大きいと思いますが、もう一つの要因に、劇団の中堅以上の俳優の実力によるところが大きいとも思うのです。

今回、我々が上演する「あれ?すみません!番号、間違えました?ウフッハート」は、元は1940年代にアメリカで生まれたスリラーものです。
我々がこの演目を上演しようと決めた際、演出は俳優座の森一さんにお願いしたい、ということになり、そして――森さんに快諾していただきました。
それから、英語に堪能な森さんが、新たに台本の翻訳もしてくださることとなり、そして、脚色までしてくださることとなりました。

それから暫くして、手元に届いた完成台本を見て驚きました。
戯曲の構成はほぼ変わっていないのに、スリラーから、集団心理を扱う作品へと生まれ変わっていたからです。

近年のいじめは、LINEやSNSと言った道具の進化により、より手軽で陰湿なものへと変貌しています。
学校における子供同士のいじめから、とうとうその先の段階――保護者同士のいじめによる「親」の自殺……という、昭和生まれの自分には想像もつかない事件まで起こっています。

そういう時代に、森一さんが、1940年代の作品を「集団心理」をテーマにした作品へとアレンジしたことの意味を考えつつ、また、いつまでも「親の顔」チームにおんぶに抱っこではいけない、我々もそれに続こう!と、高い志を抱いて稽古を重ねています。



残りわずかとなった森さんとの稽古を、これまで以上に楽しみます。
どうか皆さん、本番をお楽しみに!!



………………………………

今日は準劇団員木村雅子の誕生日でした!!

皆でサプライズをしました!!おめでとう!!



本番まであと3日!!




| 稽古場日記::ザ・サード・ステージ IN 萬劇場 ショートストーリーコレクションVol.4『夏の短編集』 | 00:45 | comments (x) | trackback (x) |
【役に動物を飼うのです!】
最近、携帯に間違い電話がよくかかってきて困っている染谷麻衣です!



以前は、知らないおばさまが、どうやら間違った番号(私の携帯番号)を登録されていたようで、頻繁にかかってきて、
最近は、大阪の図書館から「次の人が待っていますので、本を返してください」という内容の留守電が入っておりました。
私、借りておりませぬ!!(汗)

それにしても、暑いですね。溶けそうですね。
むしろ、溶けてなくなって、新しく生まれ変わりたいです(笑)

先日、演出の森一さんと出演者で動物園に行ってきましたー!
…遊びに行ったんじゃないですよ?
動物を見て、動物の歩き方や、リズムや、いろんな事を学ぼうというものです。
演出の森さん曰く、
「役をやるときに、動物を飼う」
です!

みんな、どんな動物を飼うのでしょうか。

私は…むふふ

ヒミツです!

しかし、みんな、だいぶ動物たちに癒されていましたね~。


モルモット~lovelovelove

私も癒されてきました(笑)


コアラ~loveハートlove

今回の公演、若手が中心となって頑張っております!
私…もう、若手じゃいられない、微妙なお年頃ですが(笑)、一緒に一から取り組んでおりますよー。

若手がガンガンくる稽古場で、先輩というプレッシャーと闘いながら、毎日いい汗流してます!

昴では見られないような、不思議でエネルギッシュな今回の舞台。
30分という制限の中で思いっきり遊んで弾けられたらと思います。

今回も、皆様に楽しんで頂けるように、全力投球です!

染谷麻衣

………………………………

さて、こちらは動物園で生まれたての江﨑泰介が目撃されました!!

うしろにあるのは割れた卵(笑)

さて、それでは元気に、あと4日!!



| 稽古場日記::ザ・サード・ステージ IN 萬劇場 ショートストーリーコレクションVol.4『夏の短編集』 | 22:24 | comments (x) | trackback (x) |
「あつい、アツい、暑い、熱い!!!」
みなさま、こんにちはloveハート

朝霧の濃い季節、じめじめ湿気は天敵ですが、
澄んだ朝の空気が気持ちいいですね。

本日のブログ担当は、
最近パーマをかけたのに誰にも気づいてもらえない舘田悠悠です。




写真は、「西○警察」の石原裕○郎さんを真似している舘田。
芝居は真似から!…たぶん。


本番が目前に迫る中、
演出の森一さんと共に、汗だくで稽古が進んでいます!稽古場はあつい!




そういえば、幼少期の私は、よく知らない人に間違い電話をかけて遊んでいました。
適当な番号にかけて、たまに知らない人が電話に出ると、「まちがえました」というだけの遊びでしたが、スリリングでした…!
実家にある黒電話の、番号をまわす時に鳴る ジーっ ていう音が好きだったんです。
迷惑な子供…笑

若手のエネルギーと、森一さんの遊び心の化学反応!ぜひ劇場へお越しください!
千秋楽の7月19日(日)15時の回は、予約が取りにくくなっております。

あと6日!!


| 稽古場日記::ザ・サード・ステージ IN 萬劇場 ショートストーリーコレクションVol.4『夏の短編集』 | 18:07 | comments (x) | trackback (x) |
『おかけになった電話番号ハ…』
こんにちは!
本日ブログ担当の広瀬 和です。



早いもので本番まであと少し!
逸る気持ちを押さえつつ今日も稽古に励みます!

毎日の稽古はかなりエネルギーが必要で、それに比例してお芝居も面白いものになっていくのを感じます。
悩むこともありますが本当に楽しい!

今回は稽古場にあったものを写真に収めましたハートハートlove



不思議な形の、これ!
アングルが違うだけで、他の方の記事に出没してます。
これがないと、今回、生きていけません…



『もしもし?…』にはなくてはならない受話器がごろん…
これは、いわゆる仮道具~ですが本番では・・・お楽しみです♪

さてlove、『電話にまつわるエピソード』ですが…

この話は同期の男の子が実際に体験したことです!(自分の話じゃなくてごめんなさい)

高校時代、ある日知らない番号から彼に電話がかかってきました。
出てみると相手は女子学生。
間違い電話とは気づかずに女子学生は
『もしもしえりか?明日、休んだ分のノート貸して!』と言いました。

彼は何を思ったか、声音を変えて
『わかったー!じゃあ昼休みにねlove』と返したんです。

女子学生はなんとそのまま間違い電話と気づかず、彼は最後まで会話をしたそうです。


・・・その子が無事ノートを借りられたかどうか…誰も知りません。


信じられないようなエピソードですが、本人を見ていると納得しちゃいました。


さてさて、次のブログ担当は前回の劇団昴公演で活躍したあの人です!
今回は寝ているだけではないですよ?
バトンタッチです!



本番まで、あと7日!!


| 稽古場日記::ザ・サード・ステージ IN 萬劇場 ショートストーリーコレクションVol.4『夏の短編集』 | 01:16 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<   08 - 2017   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート