第2話 看護婦メアリー
こんにちは、ギャルビン宮本です。
『評決』の稽古も中盤に入り、各シーンを細かく作り始める段階になってきました。
キャストも各々、演出家のアドバイスをもとに自分の役を模索している模様。
僕も負けてはいられません。

というわけで、



ギャルビン役のための弁護士修行の一環、
『出演者に尋問!』第2回目、いってみましょう♪



メアリー・ルーニー看護婦役の高山佳音里さん、出廷してください。



ギャルビン宮本
「かおちゃんとの共演は、『隣で浮気?』『汚れた手』以来だね。コメディ、硬派なサルトルの芝居の後、今回の印象は?」

メアリー高山
充さんがスーツでカッコいいです!!!(ニンマリ笑う)

ギャルビン宮本
「…いや、無理して僕を褒めなくていいから。作品や稽古の印象は?」

メアリー高山
「私も、充さんと同じく、裁判物は舞台では今回が初めてで…吹替えの仕事だと、法廷シーンが出てくるのって結構ありますよね。でも、舞台だとなかなか機会がないですよね。
原田さんの演出は、私は今回で2回目なんですが、台詞の細かい部分にこだわりつつ、ダイナミックなシーンを目指してるバイタリティーがすごいです。特に法廷シーン。この作品の法廷シーンは本当に男の戦い…すごい緊迫感を感じます。私は法律関係の台詞は一切ないので、そこは気楽ですけど(笑)」

ギャルビン宮本
「かおちゃんの役=メアリー・ルーニー看護婦は医療関係者側だもんね。かおちゃんの看護婦役って珍しい気がするけど?」

メアリー高山
「あんまり看護されたくない、とか思ってます?」

ギャルビン宮本
あ、いやいやいや…

メアリー高山
「看護婦は何回か演じたことあるんですよ、これでも。でも今回は産科の看護婦さんで助産師の資格も持っている設定。看護婦の友人にリサーチしたりしてます。
しかも時代設定が40年前なので、今よりも女性の社会的立場が弱かったんじゃないかな、と。」

ギャルビン宮本
「そういえば、かおちゃんはさっき挙げた過去の僕との共演作でも、女性の社会進出を理想とする乱暴な…もとい、強い主婦の役や、過激派組織の女性党員とかを演じたけど、今回もそういう女性の強さ、を考えたりしてる?」

メアリー高山
「メアリーは自分の仕事に誇りを持っている強い女性だと思います。でも、やはり弱者の側であって、それは当時の男性社会の中だから、かもしれません。
職業への愛情や誇りが強いからこそ、追い込まれてしまう…そんなメアリーは重要なキーパーソンでもあるので……あ、えーと、ストーリーに関わるので、これ以降は黙秘します(笑)」

ギャルビン宮本
「そうだねえ…男性社会かぁ。今の日本だって、そういう所はまだまだあるのかも知れないねえ。
僕は大丈夫なのかしら…?」

メアリー高山
「は?」

ギャルビン宮本
「いや、自分で気づかないうちに、男性中心に物事を考えてやしないかと。」

メアリー高山
「いえいえいえ、充さんに限ってそれは無いです!!!『女性にジェントルな充さん』は、昴女優陣の共通認識ですからっ!!!」

ギャルビン宮本
「そう!?ほんとに??よかったぁ~、えへへへ…」

メアリー高山
「じゃ、ジェントルついでに、今度焼き肉奢ってくだ…」

ギャルビン宮本
却下します!

ブログ担当宮島
記録します



~~~~~



“尋問”というには今回も程遠いけれど、

ギャルビンが『女性の為に行動する弁護士』だということを、改めて再認識できた!

…かも。


よしっ!一流弁護士への道を、一歩進んだことにしとこっと。。



~つづく~
| 稽古場日記::評決 | 12:50 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<   11 - 2018   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート