自己紹介『保安官ギルボウ』
『8月のオーセージ』でギルボウ保安官を演じます永井将貴です。よろしくお願いします。

突然ですが「警察」と「保安官」の違いって皆さんご存知ですか?英語だと「police (ポリス)」と「sheriff (シェリフ)」…
どちらもよく海外ドラマにも登場しますが、正直「警察」も「保安官」も同じものだと思っていませんか?
お恥ずかしい話ですが、この芝居に関わるまで僕はずっと同じようなものだと思っていました。きっと僕の役もそれなんだろうと…
でも違うんです!いや、ある意味違わないけど、違うんです!!
何が違うかって?
まず管轄です!
アメリカってとにかく大きいですよね?
たった一つの組織で全てをカバーしきれると思いますか?…答えはノー。無理なんです。
そこでアメリカでは州・郡・市・町・村と国を細分化し、人が多く集まっている『都市部』の治安維持を「警察」に、地方などの人口が少なく広大な範囲を持つ『郡』の統轄を「保安官」に任せました。
って事は保安官は田舎でのんびりしてる警察って事?…違います!!
実は「保安官」ってめっっっっちゃ偉いんです!!!
一般的に皆さんが想像する保安官のイメージって、平社員と言うか街中によくいるお巡りさんみたいな感じじゃないですか?
じつは「保安官」って、郡ごとに選挙で選ばれたたった1人のエリートしか就けない役職なんです。
さすがに広大な範囲を1人で守るのは無理なので、その部下としてたくさんの保安官補佐がサポートしているのですが、、、
それでも、人柄だったり、地域の治安に貢献していたり、皆んなの信頼を勝ち得た選ばれた人間しか就けない役職なのです!(蛇足ですが、もし無理矢理ランク付けするならば保安官は、警察組織でいうところの警察署長クラスとなるそうです)
知らなかった…目から鱗でした。
そんなオーセージ郡の代表たる『保安官』が、ウェストン一家の前に現れます。
このブログを読んだ方は、どうかご観劇の際「ただの街のお巡りさん」ではなく、選挙で選ばれた皆んなの代表のあの『保安官』なのか!と思って観てください。
そうすると、きっとより一層、オーセージ郡のこの家族の置かれた状況が見えてくるはずです。
ギルボウ保安官役 永井将貴
| 稽古場日記::ザ・サード・ステージ『8月のオーセージ』 | 11:08 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   12 - 2019   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート