2022クリスマス・キャロル
2022「クリスマス・キャロル」も中日を過ぎました。
千穐楽まであと数日です。
わたくし米倉は、今年はクラチット夫人を演らせていただいており、自分含め6人家族の母となりました。4人も子供が出来たなんてほんとホットな感じです。
ボブ ・クラチット 田徳真尚
長女マーサ 新藤真耶
長男ピーター 洲本大輔
次女 ベリンダ 上林未菜美
次男 ティム 張适(児童劇団「大きな夢」)
クラチット夫人 米倉紀之子
以上がクラチット一家のメンバーです。
わたくしは若者達のエネルギーを浴びながら舞台に居り、そして後輩達の日ごとの成長を、まるで我が子を見ているように目を細めていたりもします。
家族のカタチは様々あると思いますが、いずれにせよやはり家族というのは何にも代え難い宇宙一の存在ですね。
千穐楽まであと僅かですが、宮本充スクルージさんに家族の愛を少しでも届けられるよう6人で力をひとつにして演っていきたいと思います。
昨年ご観劇なさったかたも、まだご観劇なさったことがないかたも、ぜひぜひ座・高円寺までお越しいただけましたら嬉しく思います。スタッフ一同・キャスト一同心よりお待ちしております。

最後にクラチット一家の写真です。
みんなクリスマスキャロルTシャツを着ております。絶賛販売中です!(会場のロビーで予約販売用紙を配布中です)
撮ってくれたのは、今回も稽古そして本番と、舞台を支えてくれている昴の後輩女優加藤保奈美です。
すごく可愛く撮れましたね、ありがとう、というティム役張适君ママの一言。やっぱり母の愛って偉大だなー。

| 稽古場日記::クリスマス・キャロル 2021 | 21:13 | comments (x) | trackback (x) |
米国式クリスマスの思い出その2
どうも、フェジウィッグと紳士役で毎公演汗だくに奮闘している山口研志です。今日はちょうど折り返し地点の中日公演でした。今日も暖かいダブルカーテンコールを頂きありがとうございます。

僕が演劇留学していたニューヨークでは、11月下旬にサンクスギビングが華やかに行われます。メイシーズという百貨店が企画して、色々なキャラクターのでっかいバルーンが沢山登場します。そして、このサンクスギビングが終わると街や人々が一気にクリスマスモードに突入します。ワクワクしてきます!

ニューヨークは多人種が混在する街なので、キリスト教以外の人も多く居ます。この方々は「メリー・クリスマス!」ではなく、年末でほくほくワクワクしている気分を込めて「ハッピー・ホリデー!」と互いに挨拶していました。

ということで、それにならって私も!

Merry Christmas!&Happy Holiday!

劇場で皆さまにお会い出来ることを一同楽しみにお待ち申し上げます!

山口研志
| 稽古場日記::クリスマス・キャロル 2021 | 00:45 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
<<   02 - 2023   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート