米国式クリスマスの思い出その2
どうも、フェジウィッグと紳士役で毎公演汗だくに奮闘している山口研志です。今日はちょうど折り返し地点の中日公演でした。今日も暖かいダブルカーテンコールを頂きありがとうございます。

僕が演劇留学していたニューヨークでは、11月下旬にサンクスギビングが華やかに行われます。メイシーズという百貨店が企画して、色々なキャラクターのでっかいバルーンが沢山登場します。そして、このサンクスギビングが終わると街や人々が一気にクリスマスモードに突入します。ワクワクしてきます!

ニューヨークは多人種が混在する街なので、キリスト教以外の人も多く居ます。この方々は「メリー・クリスマス!」ではなく、年末でほくほくワクワクしている気分を込めて「ハッピー・ホリデー!」と互いに挨拶していました。

ということで、それにならって私も!

Merry Christmas!&Happy Holiday!

劇場で皆さまにお会い出来ることを一同楽しみにお待ち申し上げます!

山口研志
| 稽古場日記::クリスマス・キャロル 2021 | 00:45 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
<<   02 - 2023   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート