載ってます!
なんと!『幻の国』の戯曲が、悲劇喜劇9月号に掲載されてるんです!!!



今回、悲劇喜劇70周年記念号なので、読み応えたっぷり、盛り沢山の内容、表紙はノスタルジックな風貌、素敵です。ここに、古川健さんが劇団昴ザ·サード·ステージに書き下ろしてくれた作品が!そして戯曲扉には私達の名前も…!嬉しいです!
こちら、8月7日に発売されており、もちろん書店にもありますが、公演中にPit昴でも販売予定です。さあ、観てから読むか、読んでから観るか…それはあなた次第…。
ただ、上演台本は諸々少ーし違う部分もあります。稽古の中で変わっていくわけでして…。
でもぜひ、書店で見かけたら手に取って見てください!
さて、今日はもう一つ、内容に関するトリビアを。



関泰子ちゃんが一生懸命指している柱の上のところに、薄緑色のテープが貼ってあるのがお分かりでしょうか?実はこれ、ベルリンの壁の平均的な高さなの3メートル60センチの位置です。実際にこうして印を付けてみると、かなり高い…。キャストの中で1番小柄な関ちゃんの側だと余計高く感じます。
これが長々と続いてる訳です。
我々が見覚えのあるベルリンの壁は、カラフルでアートな落書きがある壁ですが、それは西側、つまり西ベルリン側から見た壁です。その向こうの東ドイツ側はそういうものもなく、ひたすらグレーの壁か威圧的に立っていたんですね…。

さて、明日もチキチキ頑張りましょう!!!
--
高山佳音里(こうやま かおり)
| 稽古場日記::ザ・サード・ステージ『幻の国』 | 23:02 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   11 - 2017   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート