役者たち
 秋になると衣服と肌の間に僅かな隙間を感じます。夏の頃のそれらの密着感とは異なり、衣服の肌触りに心地よい皮膚感があります。
 暑かった夏の九州公演に始まり、近畿公演、そして今は神奈川の公演。季節はすっかり移り変わり、劇場までの通い路に清々しい秋を・・・と言いたいところなんですが、このところの秋雨や台風で結構難儀しております。 

 ま、それはさておき、長かったこの『ラインの監視』の旅公演も残すところあと一回。これまで僅かな緊張感と高揚感の混じり合ったような日々の連続、言い換えればとても充実した日々で、人生の思い出深い一章となるのかもしれません。それももうすぐ終わりとなると、達成感のあるような、名残惜しくもっともっと続けていたいような複雑な心境に陥ります。

 鑑賞会の方々とも沢山の交流がありました。鑑賞する側、演じる側という立場の違いこそあれ、演劇という共通の世界での会話はよく弾み、とても楽しく、また様々なご感想なども伺い勉強にもなりました。皆様には感謝して止みません。
  
 そしてこの芝居の仲間たち!役者、スタッフ,制作の皆さん、長期にわたる仕事ご苦労様でした!

 さてそこで、この旅ブログもあと何回かの終章に近づいてきたようなので、映画のエンドロールではありませんが、改めて個性豊かな役者の面々に対する私の一口コメントといきますか! 

同期

 民絵さん、大役ご苦労様でした。旅中のきちんとした体調管理や、本番前の発声練習などを含めた様々な準備ルーティーン、見習うべきところが多々ありました。
 嘉三さん、折につけ後輩たちに適切な演技アドバイスをしていただきました。また、芝居にまつわる昔の経験談なども楽しく拝聴させていただきました。

3人

 要田さん、深刻な舞台の流れの中で、軽妙で爽やかな笑いの場を作ってくれました。ところでこの方、日常の会話の30%位は甲高いアニメ風の声で話すんですよ。楽しい方です。
 石田さん、服部さん、大役で難しい役どころを立派に務め上げましたね。複雑な環境下での夫婦の絆と愛情表現、素敵でした。ご苦労様。

2人

 高草君、この人普段いつもクールです。趣味でアルゼンチン・タンゴダンスをやってます。憎いねタンゴ野郎、デーヴィット役もカッコよかったですよ。
 舞山君、舞台での存在に華があります。貴重な財産です。これからも大切にしてくださいね。

兄妹

 笹井君、誰かが韓流スターみたいだと言っていました。確かによく観察すると、そんな雰囲気が・・・。これからの昴の成長株です。
 柚葉ちゃん、この公演期間中、勉学と芝居の二足の草鞋状態でしたね。よく頑張りました。ところで彼女は大のラーメン好き。九州では豚骨ラーメンを、十か所以上は制覇したとか・・・。
 そして温人君、そう、彼は私たち皆のアイドル!彼が行くところどこでも、皆が笑顔になります。どれだけ私たち仲間の雰囲気を和ませてくれたことか!あの小さな身体で放つこのオーラ、将来の名優か!?

金尾さん

 そして私金尾は・・・、ゴホン(咳払い)、えー、私の役者修行もまだまだ道半ばでありまして、これからも奮闘努力、精進を重ねて立派な役者を目指し・・・なーんちゃってね!

とにもかくにも長かった旅公演、皆さんお疲れさまでした!仲間たちよ、有難う!!そして鑑賞会の皆様有難うございました、是非またお会いしましょう!

さあ、泣いても笑っても公演はあと一回!ショージン(精進)、ショージン!

| 稽古場日記::ラインの監視 | 12:10 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<   12 - 2017   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート