最後のピース
11月18日のブログを読んでいて、ちょっと書き加えたくなりました。
またお邪魔します、管理人役の一柳みるです。

休演日明けの今日、
中西君はあいかわらず早-くに楽屋入り。
そして終演後も、何やらやっています。
小姑3人組、牛山、宮本、一柳もあいかわらず、
素知らぬ顔をしながら、今日もチェック…(笑)

でも、でも、忘れてならないのはお客様です!!
若い頃、先輩から「最後はお客様が教えてくれる」と教わりました。
その時は…???

でも、でも、これは本当のことでした!!
回数を重ねるうちに、思わぬ反応があったり…
ビミョーな空気が伝わったり…
稽古場では絶対に分からなかった事が見えるのです!
本当に、お客様が教えてくれるのです。
すみません、具体的に云えなくて…あ~~!もどかしい。

芝居を創る時…
台本があり、演出家がいて、役者もいて、
そして、装置、照明、衣装、音響と、
助けてくれるスタッフがいて…
(今回は、特にスタッフ陣のお力に感動!)
そして、最後のピースは観客、お客様なんです。

宮本君のいう“韓国式”ですか?
楽日にむけて少しずつ、ミリ単位でも良くなっているとしたら、
それはお客様の力だと思います。

半分を過ぎてしまいました。
まだまだ進化するはずです。
がんばりま~~す!

劇中、「おしゃべりバアさん!」なんて言われてる管理人。
また近いうちに、しゃべります!




音響オペレーターの窪田亮さん(右)と、照明オペレーターの笹田真珠さん(左)
毎日、私たちと一緒に芝居をつくってくれています。


| 稽古場日記::ポーランドの人形遣い | 00:25 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<   12 - 2017   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート