アシバー 謎めいた舎弟たち
皆様、こんにちは。「アシバー~沖縄遊侠伝~」ブログ担当の服部です。

仕込み、小道具の搬入を経て、ますます初日に向けての稽古に熱が入ります。
本番用のセットや、小道具に触れていると、自然とテンションが上がっていきますね♪



さて、今回のキャスト紹介は…


金尾さん演じる宮下の子分、知名高志役のお二人さん!
宮下の子分はこの高志と昌吉ですが、高志が先輩ですね。

Aチームの桑原良太さん、Bチームの江﨑泰介さん。

身内の話で恐縮ですが、まだ、稽古が中盤に差し掛かる頃までは
先輩の金尾さんがお仕事でお休みの際、このお二人が、実に見事に兄貴分の代役を担当してくれました。

私も若い頃、先輩方の代役をやらせていただきましたが、見るのと演るのは大違い!
ものすごく緊張して、失敗も多かったですね~汗

モノマネではなく、人様の芝居をきちんと踏襲するのは難しいのです。
先輩の動きや芝居の特徴を頭に入れ、的確に動き、台詞を発しなければいけません。
好き勝手にやると、チームに迷惑がかかります。
でも、やはり個性というものは出ますし、代役をやる力量が、その役者の力量と判断されます。

お二人は、そこは素晴らしかったですね!

二人とも、自分の役をやりながら、金尾さんの芝居を研究しているわけですから
稽古場ではなかなか気を抜けなかったと思います。



頼もしい後輩たちの姿を見ながら、自分の若手時代の不甲斐なさを思い出して反省しておりました。
代役も、プロンプも俳優として成長するにはとても有効です。
若い時に、ちゃんとやるかやらないかで、将来大きな差が出るものだと、今になって実感している姐さんです。




●写真向かって右の、Bチーム高志役の江﨑君

彼とは「ふくろう」や「グリークス」で共演しています。
最近では、外部公演で「フィガロの結婚」も一緒になりました。

彼の軽やかさや、特徴のある声や台詞回しは心地よいものです。
「リア王」のような重厚な悲劇でも、彼の演じる従者オズワルドは愛嬌がありました。
大先輩女優一柳さんにぶたれるシーンも印象的でしたよ(笑)
今回も彼の魅力が発揮されるでしょう。

それにこの、高志というオトコ、ちょっと謎めいた部分もあるのです。
そこをどう演じてくれるか楽しみですね。

 

●写真向かって左の、Aチーム高志役の桑原君
彼とは昴では「街と飛行船」で共演しましたが、ほとんど絡みのシーンがなかったのです。

今回は同じチームで、姐さんと舎弟という関係でご一緒します!
桑原君は、飄々としたたたずまいが何といっても印象的で、曲者キャラを演じるのが得意です。
ニコニコ笑っていながら、実は深~く人の心を読んで、自分のとるべき行動を考えているのでは!
・・・と姐さんは思っていますよ(笑)

猪崎監督のワークショップで彼の芝居を見ていましたが
監督も彼のことを『なかなか面白い奴!』と可愛がっているのを感じました。



高志というオトコは、一筋縄ではいかない舎弟です。
昌吉の面倒も見ながら、自分の立ち位置をしっかり守っているのではないかしらん。
ラスト近くで、あっと驚く行動に出ますが、そこはこの役の見せ場ですね~。
もっとお話ししたいけど、これ以上はネタバレになるので我慢します(笑)

ちょっと癖のある、宮下兄貴の舎弟、知名高志。お二人の芝居にこうご期待!!


ちなみに、お二人さんが、帽子やフードを着用しているのは、本番用に髪をセットしているのです。
ちょっとまだヒ・ミ・ツね♪
| 稽古場日記::ザ・サード・ステージLABO『アシバー』 | 07:34 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   12 - 2019   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート