皆様、こんにちは。

丸日新聞の竹原役、加藤和将です。

本日は私の部下、林田けいこ役、大矢朋子さんをご紹介致します!


大矢さんは、今回、私の部下役ですが、現実世界では私の大先輩です!

なので、大変恐縮しながら一緒に芝居をしております。


私の中で、大矢さんの印象が一番強いと言えば、昨年ご一緒させていただいた「アルジャーノンに花束を」の

主人公チャーリーの母、ローズ役です。

この役は、私も大変好きな役で、もし自分が女性だったら絶対にやりたい役です。

ローズは、息子を愛するあまり、愛し方が間違った方向に行ってしまう人ですが、これがこの役の難しいところだと私は思っていました。


人を愛するのは非常に難しい!!(僕だけかも…)


しかし、大矢さんは一幕一場から(大矢さんの出番は30分以上先)袖で息子のチャーリーの姿を

じっと・・・微かに微笑んで見つめておりました・・・

それを見て、一瞬でチャーリーへの愛が伝わりました・・・

私は、それを目の当たりにし、尊敬し同時に感激したのを覚えています。


大矢さんは、とても愛の深い女優さんです!

今回の「改訂版無頼の女房」林田役でも、形は違えど随所に大矢さんの愛が滲み出ています。

皆様、そんな愛の深い女優!

大矢朋子!大矢朋子をよろしくお願い致します!!



大矢朋子


後輩の僕にも愛が深いです・・・


加藤和将
| 稽古場日記::ザ・サード・ステージ『改訂版 無頼の女房』 | 22:00 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<   09 - 2018   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート