九州市民劇場の皆様、お久しぶりでございます❗
6年前に「親の顔が見たい」の道子ちゃん(自殺した子)の母親を演じました市川奈央子でございます。
あの時もお世話になりましたm(._.)m
また、舞台に立つために九州を訪れることが出来たこと、本当に感謝の気持ちで一杯です。
まして、大変な状況下の中でここまで準備をしてくださった事務局の皆さま、運営サークルの皆さま、観に来てくださった会員の皆さまにまず、お礼申し上げます!

さて「アルジャーノン」では、「ウィンズロウ」他6役をしております。そのため、衣裳が7役分、もちろん靴も7役分あるのです。
写真は、「バーニス」の時のものです。扉の奥にいるので、分かりにくいと思いますが、頭の先から足元までちゃんと着ているんですょ(*^▽^*)(初めて自撮りしたので画面が寄っておりますが、そこは多めに見てくださいませ…)




さてさて、ここは南国ムードたっぷりの「ひなた 宮崎」。10/3に飯塚からバスに揺られてやって来ました!
この日はゆっくり身体を休めて…

そして、10/4、十分に鋭気を養って挑んだ舞台では、カーテンコールに響き渡る会員さんの拍手が心に染み入りました!
翌日事務局長さんから、沢山の会員さんが観に来てくださったと伺い、鳥肌が立つほど感動致しました…。
「ここまで色々とあったけど、役者をやってて良かったー。」と





頂いた「じゃりぱん」と「日向みかん」で、エネルギー補給し頑張れました❗宮崎市民劇場の皆様、ありがとうございましたo(^o^)o


そして、次に向かうは鹿児島です!

改めて役者である幸せを噛み締めながら次なる地「鹿児島」に到着!

シンボル桜島に迎えられ、私もやる気満々です!



こちらでも、またまた、活力の元を頂きました!
本当にありがとうございます(о´∀`о)

そして、いつもの通り、でも、一瞬一瞬を大事に舞台を駆け巡ります!

そんな私たちにやっぱり暖かい拍手で最後を飾ってくださるのは、舞台には欠かせない『もう一人の出演者』である会員の皆さんお一人お一人です!

舞台は生き物です。役者だけでなく、観ている方も年齢、職業、男女の違いや、小さなところでは、気分、体調等で感じることが変わってくると思っています。
だから、同じ芝居でも一度として同じものにならない面白さがあるんですよね。

こうやって、皆で育てて行く「アルジャーノンに花束を」…。

あぁ…(* ̄∇ ̄*)
本当に幸せな日々でございます…
まだいたいなぁ…と、後ろ髪を引かれつつ、『劇団昴』は次の熊本へ向かうのです!

市川奈央子



| 稽古場日記::アルジャーノンに花束を | 20:04 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<   11 - 2020   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート