舞台照明

シャーロット役の林佳代子です!
シャーロット。素敵な名前でしょう?精神科医の役なんです。精神という目に見えないものを扱う人。医学的に、頭の中の神経やら細胞やらが大いに関係してるとは思いますが「心」に深く繋がる分野の職業だと思います。色々な意味を含む「心!」…それを扱う人がシャーロットなんです。深い…!!

さて、稽古場は、絶賛立ち稽古中です。
稽古中に天井を見上げると、こんな感じ。







バトンが縦横に取り付けられ、照明器具が並んでいます。電気は通っていないので、天井に収納されてると言った方がよいですね。この天井は、初日数日前の、舞台セットが完成する頃、電気が繋がっている照明機具で埋め尽くされる事になります。
演劇は総合芸術ですから、俳優が演じるだけでなく、スタッフの力は欠かせない。照明もその一つです。かなりの場合、照明は俳優の動きや台詞に合わせて変化します。私たちは、舞台で照明を感じることができますが、客観的には見られないので、大抵どう見えてるのか分かりません。後で、写真や動画を見てビックリです。こんな世界に見えてたのか…!なんてね。
最近では、LEDライトも多くなりましたが、これができる前、ライトは熱いものでした。寒いシーンでも汗がダクダク…なんてこともよくあるのですが、時に心地よい温かさでもあるのです。
かつて、三百人劇場の舞台で……あれは「花嫁付き添い人の秘密」という芝居の、本番のある日。昴の俳優で、同期の宮本充君が私の婚約者の役でした。奴は!私を裏切ったんですよ、浮気して!!で、私は叫んで怒って、枕叩いてベッドに泣き崩れるというシーンがありました。その日もいつも通り泣き崩れたのです。ところが、疲れも溜まっていましたし、そのまま、うとうとと眠ってしったのでした。ポカポカな照明が気持ち良いのです…。私が起き上がるキッカケ迄には、2ページに渡る別の俳優のモノローグがありましたし、その俳優の動きでベッドが揺れたので、運良くキッカケ前に気付きましたけれど(笑)。
大先輩が舞台上で眠ってしまい、回りの俳優達が、大混乱になってしまったという伝説も耳にした事があります。心地よく眠ってしまうその状況、よく理解できます。

今回の「マーヴィンズルーム」では、マーヴィン[岡本吉弘さん]はベッシー[米倉紀之子さん]に介護されており、ベッドは大事なイメージポイントです。でも、言うまでもありませんが、私のシーンにベッドはありませんので…誘惑(睡魔)に負けることはありえません。はい!

稽古場では、どの場面もリアルに繊細に大胆にシーンが作られて行きます。どうぞ楽しみにいらしてください!
ご来場を心よりお待ちしております!!



最後に、我が家の近所のツツジ。
春から初夏、大好きな季節です。いいですよね。
温暖化よ、とまれ…!
| 稽古場日記::マーヴィンズルーム | 20:12 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<   06 - 2024   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート