被害者
照明プランナーの沢田さんが稽古場へ!
そのため、前半は細かい部分の稽古をし、後半は全幕の通し稽古となりました。

さて、今回写真を撮らせていただいたのは、
2号室・クラーワ役:竹村叔子さん。


チラシでは、職業で紹介されている被爆患者が多い中、彼女は、名前です。
クラーワさんは、原発があった街に住んでいた農婦。一般人です。

この戯曲の中には、彼女が住んでいた具体的な街の名前は書かれていません。

しかし、チェルノブイリ原発事故についてのドキュメンタリー等を見ると、いつも出てくるのが、原発労働者の街プリピャチ市。
プリャチ市民は、事故が起こったことはその日のうちに分かったそうですが、
避難指示が出ていなかったので、普段と同じように、家から買い物に出たり、公園で遊んだりしていたそうです。

事故が起こったのは26日深夜。しかし、ラジオから避難勧告が出されたのは、27日のお昼でした。
市民は、3日も経てば街に戻れるものだと思ったそうですが、彼らがこの住み慣れた街に戻ってくることはありませんでした。

福島でも無人になった避難地域で盗みが横行していると問題になりましたが、
プリピャチ市も、市民たちの残してきた家財は盗まれ、家は荒れ果て、今では死の街になっているそうです。
| 稽古場日記::石棺 チェルノブイリの黙示録 | 21:37 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   12 - 2019   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート