『ラインの監視』 「ラインの守り」木村雅子
皆さん、お久しぶりです。

「ラインの監視」今回のブログ担当は、不肖ながら演出助手を務めさせて頂きます準劇団員の木村雅子です。

よろしくお願いいたします。

今回の作品は、1940年が舞台。歴史が大きく絡んだ作品となり、資料を集める係もしていますが、

最初に探した資料が

「ラインの監視」の楽譜。でした。


そうです。「ラインの監視」とは、実はある楽曲の名前なのです!

さぞ有名な曲なのだろうと、早速文明の力、インターネットを使って調べることにしました。


「ラインの監視」、検索ボタンをポチッとな……(・∀・)


真っ先に出てきたのは


「LINE(ライン)でのイジメの監視」


!Σ( ̄□ ̄;)


最近スマートフォンユーザーの間で、爆発的な普及率を誇る無料チャットアプリ、「LINE」。
今の時代、どんなところでもイジメが起こる時代なのですね。恐ろしい(((((゜゜;)

それはともかく、どんなに検索を掛けても出てくるのは「LINEのイジメの監視」。

…おかしい。これはどうもおかしいと思い、制作に確認をしてみた所、この楽曲の和名は


「ラインの守り」とのこと。


「ラインの守り」で検索すると、YouTubeでもヒットし、実はメロディーは同志社大学のカレッジソングにもなっていることがわかりました。

ラインとは、もちろん「LINE(ライン)」のことではなく、フランスとドイツの国境付近を流れるライン川のラインのことで、曲は19世紀、フランスとの国境付近での紛争時に作曲されたそうです。



映画「カサブランカ」のなかにも「ラインの守り」が出てきます。


「守り」ではなく、「監視」という名前になった今回の作品。
確かに守るというニュアンスも感じますが、監視という要素も、強い作品です。

誰が誰を監視し、また、誰が守り、守られているのか、じっくりと見て頂きたいと思います(*^^*)

本番まで一ヶ月を切りました!!

稽古は更に濃密になっていきます!!

木村雅子

| 稽古場日記::ラインの監視 | 23:32 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<   01 - 2020   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート