読んだ覚えはないけれど…
昴ブログをご愛読の皆さま、
『親の顔が見たい・近畿編』以来、ちょうど一年間の御無沙汰でした、ソレイニオー役の永井誠です。

いきなり脱線しますが、役者という不可思議な商売をしておりますと、
「何かきっかけで?」と、よく聞かれます。

「○○の芝居を観て。」
などと答える役者が多くいるわけですが、僕には当てはまらず。

「○○という戯曲を読んで。」
などと答える役者も中にはいて、ある意味では僕はコチラに当てはまるかもしれません。

「ヴェニスの商人を読んで。」
…だったらナイスな繋がりなんですがねぇ~、残念ながら違います。

この際、白状いたします。
新劇役者として、いわんや昴の座員として、あるまじき事ではありますが…
『ヴェニスの商人』をきちんと読んだのは、今回が初めてです。

さらに白状しますと、
舞台で観たこともなければ映画を観た覚えもありません。
3/18付の当欄にて、岩田ツバサーニオーが過去の上演記録や映像作品をモロモロ列記しておりますが…不勉強にも、どれひとっつも観ておりません。。

に・も・か・か・わ・ら・ずっ!

ストーリーは、ほぼ完璧に頭に入っていました。それどころか、場面ごとの映像すら目に浮かぶ…

何故かと言えば…

昔、漫画で読んだのです。

手塚治虫氏の…全集だったか、何かに併載されたものだったか。

いやぁ~胸踊る楽しい作品でした♪
初期の可愛らしい絵柄。手塚作品おなじみのオールスターキャスト…バサーニオ役は美少年ロック、敵役シャイロックにはアセチレンランプ、ヒゲおやじも何かの役で出たような。。

「漫画かよっ」と侮ってはいけませんよ。特に手塚作品は。

『ブラックジャック』に感化され、のちに偉いお医者さんになった人も沢山いるのですから。

ちなみに僕は、同氏の『七色いんこ』という、舞台役者が主人公の作品に感化され、現在に至っております。

「役者になったきっかけは?」
「はぁ…『七色いんこ』を読みまして。」

…パッとしません?
じゃあせめて「ガラスの仮面がきっかけで」ってことにしとこっかな。。





脱線は以上。

昴33年ぶりの『ヴェニス』。
子供の頃マンガで読んだ時に感じた、あの胸踊る楽しさを、何倍にもして皆様にお届けしたいと思います音符音符音符

ぜひ、昴の可愛らしい新居『Pit昴』へ、お出かけくださいませ。

永井誠


| 稽古場日記::ヴェニスの商人 | 21:13 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<   07 - 2020   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート