終幕


『君恋し ーハナの咲かなかった男ー』、
おかげさまで好評のうちに昨日 無事幕を下ろしました。



昴の本公演としては初の中島敦彦作品。
何より、久々の喜劇。

昭和の芝居小屋が舞台とはいえ、
劇中に連発される「明日は初日」という台詞や、
これまた連発される「稽古しなきゃ」という台詞が、
まさに我が身に降りかかってくるような稽古の日々でした。

「喜劇は難しいんですよ。テクニックもさることながら、客席からの反応がダイレクトですから。だからこそ丁寧に作っていかないと。」とは稽古初期の 演出・黒岩さんの言葉。
最終稽古後には「あとは、お客様が一緒に作ってくれます、喜劇は特に。」とも。



初日を明け、
お客様のビビッドな反応に刺激を受け、終演後の拍手と笑顔に …舞台上の私たちも更なる活力を頂きながら、
充実した公演期間をつとめさせていただく事が出来ました。

ご来場・ご観劇、そして客席からの大きな笑い声に、
『君恋し一座』一同、心より感謝申し上げます!!

( 井上らしき男・筆)





| 稽古場日記::君恋し | 21:50 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   12 - 2019   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート