客席から舞台の上へ
ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます!

遠藤亨役の宮崎貴宜です。
前回のブログを書きました新井志啓と同期の劇団員二年目です。
宜しくお願いいたします。

この「親の顔が見たい」という作品に携われて非常に嬉しく思っています。
というのも僕がまだ昴に入る前、2014年に王子で上演した際に観劇し、衝撃を受けたからです。
ネタバレになってしまうので詳しく語れなくて残念でなりません。
いや、あれからもう10年近く経つんですね......
観客席から見ているときは、まさか昴の一員としてこの舞台に立つことになろうとは予想だにしていませんでした、感無量です。

さて、いよいよ立ち稽古が始まりました。
本読みのときからさらに一段階ギアが上がり、稽古場の熱量は高まっています。外の暑さにも負けません。
そして、それは役者だけでなく裏方も同様です。
稽古が滞りなく進められるように、様々なところでフォローして頂いてます。



衣装のチェックとメンテナンス!



こちらは稽古用の仮セットを作っているところです。
舞台は色々な方に支えられていると実感します。


そして、そして、立ち稽古2日目の7/26は長谷部亮平役 中西陽介さんのお誕生日でした!



カメラの前で素敵な笑顔を頂きました
中西さんおめでとうございます!

本番まであと1ヶ月、短いようで長いようで、やっぱり短いですね(笑)

チケット予約開始しております。

1日1日を大切にしながら稽古を重ね、お客様と劇場でお会いできることを楽しみにしておりますので、どうぞ宜しくお願いいたします。
| 稽古場日記::親の顔が見たい | 19:40 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   07 - 2024   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート