色んな愛
新準劇団員の賀原美空(がはらみく)です。
2回目のブログ投稿になります!


さて、私演じる洗濯女達は、歌中で

夫への愛、性愛、子供への愛

について語っています。
全て同じ「愛」ですが、色も形もまったく違うものになっています。
私は全て「愛」と表現しましたが、もしかすると違う言葉の方が合う人もいるかも知れません。

人によって体現の仕方が様々な「愛」

夫への愛は、シャツをいつも綺麗にしておくとか、いつも温かいご飯が食べれるように準備しておくとか、そんなことで体現してみたり…、
子供への愛は叱ることだったり、褒めることだったり…、
性愛はとにかく情熱的に本能的に…、

とか色々考えみますが、きっと人によって全く違う答えが出てくるのが「愛」。
人によって解釈が全く違うので、「愛」を伝えてるつもりが全く別のものとして相手に受け取られてしまったり、自分も人からの「愛」をうまく受け取れていなかったり、そんなことが沢山あるのではと思います。

今回、お話の主軸であるイェルマ、フアン夫婦にもそういうところがあるかもしれません。

そこで、私は普段、色んな「愛」を見逃してしまっているのではないかと思い、身近な人が持っている「愛」とはどんなものなのか、考えてみました。
そこで思い浮かんだのが、洗濯女として一緒にお芝居させていただいている、奥原さんと大矢さん





(左から賀原、大矢朋子さん、奥原千加さん)

洗濯女としてはカースト上位なお二方ですが、普段は若手にもとても気さくに話しかけてくださります。
若手のみが参加する舞台の作業日には、毎度カップ麺などを買ってきてくださり、その「愛」にお腹も心も満たしていただいております。

奥原さんは稽古が始まる前から私が担っていた宣伝活動の手助けをしていただいたり、昨日も若手の搬入作業にサラッと紛れて、奥原さん自身より大きそうな荷物を運んでくださったり、何か大変な時に必ず助け舟を出してくださります。

大矢さんは「お腹が空いてる子は見てられない…!」というお言葉を聞いた時から、聖母様だと勝手に思っています。
通し稽古の前にチョコレートを配ってくださったり、今日も稽古後にピーナッツチョコをいただきました。
一年目で何かと不慣れな私に、いつも的確なアドバイスをくださります。

お二人だけでなく、色んな「愛」に溢れた先輩方に囲まれ、とても恵まれた環境で劇団員としての初舞台を迎えさせていただくことができました。
語り出すとキリがないので、次にブログを書ける機会が来たら、その時に…!

明日10/6は初日!!
臆せず、スペインの情熱をお届けします。
| 稽古場日記::ザ・サード・ステージ『イェルマ』 | 00:17 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   07 - 2024   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート