祝初日!&舞台を彩る小道具の世界
本日のブログ担当、劇団員二年目の宮崎貴宜です。宜しくお願いいたします!

いよいよ本日10/6、「イェルマ」初日を迎えました!
この日を迎えられたこと、満席のお客様に観ていただけたこと、本当に感謝の気持ちしかありません
しかし、まだ旅の途中です
ここからさらに気を引き締めて座員一同千秋楽まで全力を尽くして参ります


僕は今回「オス」を演じます
比喩でもなんでもなく「オス」という役です
作中の儀式で男を象徴し、皆を先導する存在として暴れまわります

オスという一言の中に男の欲望や本能、生命力が詰まっている濃密な役で、そこをどれだけダイナミックに皆様へお届けできるか稽古を通して奮闘しております!

さて、出演者、作者のロルカやスペインのことについては他の方が紹介してくださいました(是非過去のブログもご覧ください!)

ですから、僕は自分の担当でもある劇を彩る小道具に焦点を当ててみたいと思います!



小道具とは一般的に、コップや杖など手で持ち運べるモノを差します。
逆にタンスや暖炉のような移動が難しいモノは大道具と呼ばれます。

劇団に入ったばかりの頃先輩からは「小道具にも芝居をさせろ」と教わりました

例えば汚れ具合一つでも、それがどれくらいの期間使われているものなのか、日常的に使っているものなのか、それを使っている役の経済状況や生活水準はどうなのか...などなど
お客様が受けとる役の印象や背景に多大な影響を与えてしまうのです

いやはや責任重大ですね...
では今回、そんな大事な小道具を取り仕切っているリーダーを紹介しましょう!



劇団員一年目の洲本大輔くんです
今回の舞台で初めての小道具チーフを務めています

演出家との相談や舞台本番までに小道具を揃えるための段取りなどを仕切ってくれています
彼がいなければパントマイムでお芝居をしなければならないかも...

そして、彼にはもう一つの顔があります
それは...



小道具職人! 
ここは、洲本君が小道具を作成するための工房です

小道具を集めるためには購入したり、借りたりなど様々な手段がありますが、入手が難しかったり、余りにコストがかかる場合は自分達で作成します

例えば「イェルマ」ではとあるシーンで【牛の角】、【羊の角】が登場するのですが、Amazonでも売っていません!
となると作ることになりますが、皆さんどうやったら良いと思いますか?
特別に製作課程をちょっとだけお見せしましょう

材料はこれを使います



洲本チーフが紹介しているこの青い物質。これは「スタイロフォーム」と呼ばれる断熱材です
固めの発泡スチロールのようなもので、実は今回の舞台上にある岩なんかもこれで作ってます!
そのあまりを回収して、削り出したものがこちら...





だいぶ形が見えてきたと思います
ここから完成形もご紹介したいところなのですが...ネタバレになってしまうので、是非舞台上でご確認いただければ!
特に羊の角は洲本工房の最高傑作になってます、探してみてください

それでは劇場でお会いできることを楽しみにしております
その際は是非小道具にも注目してみてくださいね!

宮崎貴宜
| 稽古場日記::ザ・サード・ステージ『イェルマ』 | 23:03 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   07 - 2024   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート