「千秋楽!」 吉田直子
劇団昴本公演「イノセント・ピープル」は、昨日千秋楽を迎えました。

クリスマス前から稽古をはじめ、お正月休みをはさみ、思えば長い時間をこの作品と過ごしてきたような感じがしますが、
劇場入りしてからは、あっという間に時が過ぎたような気がします。

出演者、スタッフさん、制作が一丸となって、よりよい作品づくりに打ち込めたことは、私にとって(そして、おそらく劇団にとっても)大切な財産となりました。

初演からさらに深みを増して練り上げられた先輩がたのお芝居を舞台の袖から時々観ていて、何度かこみ上げてくるものがありました。

昨日のカーテンコールの時には、これで終わりだと思うとちょっと足が震えてしまいました…。




----

ご来場くださった皆様、
この作品をささえてくださった全ての皆さまに、心よりお礼を申し上げます。





終演後にロビーのカフェで行なわれた、昴会員さまとのお茶会は、作者の畑澤聖悟さん、演出家の黒岩亮さんがご参加くださったおかげもあり、大変有意義なものとなりました。


もちろん打ち上げも盛り上がりましたよ!

演出の黒岩さんの、「この作品は再演すればするほどよいものになっていくから、またぜひやりましょう!」とのお言葉に、みな賛同の拍手をおくりました!

またこの作品と出会いたいです。
| 稽古場日記::イノセント・ピープル | 21:30 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<   01 - 2020   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート