キャスト紹介リレー『ホントの事を言わせてください』その13 三輪学
お芝居の舞台となっているオリエントミート株式会社の
工場長代理、坂口明役をやらせていただいております三輪学です。

北川さんから素敵な紹介をいただき、
正直私のことは忘れられてリレーに入れないんじゃないかと
思っておりましたのでホッとしております(笑)

ということで、このキャストリレーもいよいよ大詰めでございます。
キャストリレーが大詰めということは、いよいよ本番間近ということでもございます。

そんな稽古場から私がご紹介するのは、
オリエントミート常務・営業部長 服部肇役の遠藤純一先輩です。

遠藤さんは地方公演の移動中、お目当ての駅弁を探して
駅構内を彷徨い歩くほどの食いしん坊。はい、見た目を裏切りません。
ゴレンジャーだったら絶対カレー大好き黄レンジャーです。確定です。

実際の遠藤さんもカレー大好きだったりします。
まぁ、カレーが嫌いっていう人も少ないとは思いますが、
遠藤さんのカレーへのこだわりはなかなかのものです。

まだ私が劇団に入って日が浅い頃、
遠藤さんに連れられて一緒にカレーを食べたことがあります。
そのときに、
「三輪には○○の○○カレーも食わせてやりたいんだけど、お店が移転してしまってなぁ」
などとカレーについて熱く語っていただいたのを覚えています。

場所は三百人劇場近くの喫茶店、フェニックスでした。
遠藤さん大盛りのカツカレー。私は名物チーズカレー。
劇団が千石を離れてからはだいぶ足が遠のいてしまっています。
久しぶりに食べたいなぁ。フェニックスのカレー。
ちょっと小腹がすいたので即席麺のカレー南蛮でも食べることにします。



さて話は変わりますが、我々俳優は、同じシーンに出演して、
お互いにセリフを交わす役柄の場合、『絡みがある』という表現をよくつかいます。

たとえば、ひとつの作品に共演していても、お互い違うシーンしか出ていない時なんかは
「今回は絡みがないねぇ」なんて言ったりするわけです。

遠藤さんとの『絡み』は劇団昴での『夏の夜の夢』があります。
『スタア』は共演こそしておりますが、
どちらかというと『絡みがほとんどない』共演でした。

思い出深い『絡み』は昴以外の公演で共演させていただいた
東京 BLOODY FOOL公演『だてうはゆっくりと砂をはむのだ』という作品です。
2007年の作品です。なんとこの時に遠藤さんと兄弟の役をやらせていただいたんです。



見事な凸凹コンビです。



あ、黄色いTシャツきてますね。さすが黄レンジャー。

黄レンジャーの兄貴は今も昔もとっても後輩の面倒見がいいんです。
当時大変お世話になりました。

いまだに私のこともいろいろ気にかけてくださったり、
2007年からこの6年間で増えた沢山の後輩たちにも気を配る大きな先輩です。

そんな遠藤さんと今回久々の『絡み』があります。
そんなに長いシーンではありませんが、毎回新鮮に楽しませていただいてます。



おや、2007年の写真に比べるとお互い色々さらに大きくなっているような…(笑)
お互いカレーの食べ過ぎには注意です。

演技に関しても以前より大きくなった素敵な『絡み』をお見せできるかと思いますよ。
そして畑澤・黒岩コンビ作品には欠かせない
遠藤さんの私以外の出演者との『絡み』にもどうぞご期待下さい!

三輪学

| 稽古場日記::本当のことを言ってください | 17:27 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   12 - 2019   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート