「ラインの監視」2年ぶりの舞台挑戦!小林柚葉
こんばんは。バベット役の小林柚葉です。(中学2年生です)2年ぶりの舞台挑戦です。

はじめは、大人の人たちに囲まれて、緊張していました。
けれど、皆さん明るく声をかけてくださるので、今では毎日の稽古が楽しくて仕方ありません。
とはいえ、大人の方々の発するオーラには圧倒されっぱなし。
とても勉強になります。

テック役の金尾哲夫さんについて話します。(金尾さんとパシャリ)



一言で言うと、とっても面白い!!!

今日、休憩時間にマジックを見せて下さいました。

100円玉やペットボトルを使ったマジック。

まず8枚の100円玉を用意。
400円ずつ右手と左手に握っているはずなのに、あら不思議。
手を開くとなんと、5枚と3枚にΣ(OωO )


ビックリしました〜。

そうしたら、ボードー役の堀川恭司くんが、『あ、親指と人差し指の間に1枚はさんでるっ‼』

なぬっ⁈

不覚にも、まったく気づかなかった、ワタシ……。

むむむ。


そういえば、舞台でも金尾さん演じるテックは、マジックでもするように、私の知らないうちに、私達家族の秘密を探っていきます。


越境を重ねて活動してきたパパ・クルトの秘密も、テックに暴露されてしまうのか…?


そういえば、「越境」って、島国の日本では聞きなれない言葉ですよね。

漢字の通り、「境を越える」つまり「国境を越える」という意味です。

島国の日本とは違って、諸外国は大陸で隣国とは陸続き。

私達の故郷ドイツは、北にデンマーク、南にスイス・オーストリア、東にポーランド・チェコ、西にフランス・ベルギー・ルクセンブルク・オランダに隣接しています。

パパは、ドイツ国内の厳しい監視の目をかいくぐり、スイスやフランスに越境を繰り返し、反ナチス活動をしています!


その活動の為、私達は点々と移動しながら暮らしていました。


そして今回、母・サラの故郷であるアメリカに来たんです…


って、金尾さんの手品のお話から、こんなところまで話がとんでしまいましたΣ(・□・;)




私達家族のお話の続きは、ぜひ劇場でみてください!


お待ちしています!
| 稽古場日記::ラインの監視 | 16:36 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<   01 - 2020   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート