「親の顔が見たい」近畿編 宮本充
本日、郊外の劇場を借りての舞台稽古(最終稽古)、無事に終了しました!

近くの居酒屋で、簡単な稽古打ち上げをしました。



その時のスナップ。
右は、出演者の落合るみちゃん。
左は、今回、スタッフで参加してくれることになった田徳真尚。
元海上自衛隊員。
いつも物静かで穏やかな男ですが、脱ぐと屈強な肉体。
様々な修羅場を経験してきています。
歌舞伎町で暴漢に襲われている人を助けた時に、ナイフで切り付けられた傷跡が今も首筋に。
心強い存在です。
何かあったら宜しく!

6度目の再演にもかかわらず、今回の稽古も、細かいところを色々と修正し、とことん練り直しました。
そして、「もう一日あれば、更に…」というタイミングで終えました。
この、「あともう一日…」という、少しやり残したような緊張感で初日を迎えるのが一番いいのです。
稽古をやればやるほど良くなる、という訳でもないのです。
その辺の役者の心理を演出家は、ちゃんと心得ているのでしょう。

さあ、このヒリヒリとした緊張感を胸に、いよいよ明後日、姫路に向かいます!


| 地方公演::親の顔が見たい | 02:17 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<   06 - 2024   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート