「親の顔が見たい」近畿編 矢崎和哉
「移動日 奈良では」

皆様、お久しぶりです。
スタッフメンバーで同行しております、矢崎和哉です。

本日は移動日。和歌山・岩出から奈良へ電車に揺られつつ向かいました。
途中、乗り換えの鶴橋で先輩方はお昼時の駅のホームに漂う焼肉の匂いにつられるように、各々が大阪の街の散策に向かったようです。

さて、奈良ですが、私は中学校の修学旅行以来。何があるかワクワクしました。
修学旅行当時は、ひたすら鹿せんべいを買って餌付けしてたのを覚えてます。
味見をして、眉間にシワを寄せつつ、なんとも言えない味だったなと(笑)

今日はその鹿たちのいる、東大寺と春日大社を空き時間に回って参りました。



中学生の頃はなにもわからなかったのですが、改めて東大寺の大仏の大きさに思いを馳せ、この仏像を作ったりその回りの木像を彫った人、建物を建てた人…それら先人の仕事に、ゼロから自らの手で後年に残る仕事をやってのけた、当時の人々の技術に圧倒されました。
そんな中、劇団の田徳先輩は柱にある穴を骨盤あたりが若干、引っ掛かりながらも通り抜け(中学の時点で既に通り抜けが無理だった)、私は一言「凄っ!」と言ってしまいました。



そして、鹿たちとふれあい、癒され、鹿せんべいを要求されつつ移動日を有意義に過ごして参りました。



明日からの奈良での二日間、奈良演劇鑑賞会の皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

締めはそんな人気者(?)達に囲まれつつ、せんとくんのポーズをして人気を得ようとする私の写真と共にお別れです。




では、また!

矢崎和哉


| 地方公演::親の顔が見たい | 00:02 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<   06 - 2024   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート