プカプカ漂流記 始動!
こんにちは!ザ・サード・ステージLABO公演vol.8「プカプカ漂流記」です。
私は、今回、Bチームで、林真弓役の西岡萌絵です。
今年、劇団昴の準劇団員になりました。
このチームのブログ担当です。
これから、色々趣向を凝らして稽古風景をお伝えしたいと思います。

さて、今回のLABO公演は、私のような若手から大先輩まで、女優だけが出演している公演です。
女だらけのサード・ステージです。

そして、演出は黒一点?劇団の大御所!北村総一朗さんです!

前列は、スタッフ!若手男子に、支えられています。



「プカプカ漂流記」は実際に1970年代後半から1980年に起きた『イエスの方舟事件』を題材に、中島淳彦さんが、2004年に書き下ろした作品です。
去年の秋の本公演「君恋し」の作家と同じ、中島淳彦さんです!

中島さんは昨年12月4日に、58歳でご逝去されました。
稽古初日に皆で黙祷いたしました。
「中島さんに観ていただきたかった」と北村総一朗さん。
中島淳彦さんへの追悼の思いを込めて上演致します。





「プカプカ漂流記」は4月3日(金)~4月8日(水)まで、ピット昴にて上演いたします!
皆様、乞うご期待ください!
| 稽古場日記::ザ・サード・ステージLABO『プカプカ漂流記』 | 22:57 | comments (x) | trackback (x) |
Flowers for Algernon 2020

皆様…
お待たせしました。

「アルジャーノンに花束を」2020、
本格的に始動致しました!!





私、昨年に引き続きブログ担当を致しま
す、フェイ・リルマン役:望月真理子の方です。
相方は変わらずのジョウ・カープ役:加藤和将くん。


そう、君はもうジョウなのだよ加藤くん。
いい加減フランクのセリフを読みそうになるのはやめたまえ。

(加藤くんは俳優座劇場の公演ではフランク・ライリィ役でした)




若輩者ですが、本年もよろしくお付き合いくださいませ。





稽古初日は顔合わせ。
キャストに一部変更があり、アリス・キニアン役にあんどうさくらさんを迎えました!!


あんどうさんとは望月、「ヴェニスの商人」以来の共演です。

私を観に来たはずの、望月母の心を奪っていったネリサ…。
優しくも強さがあり、そして愛嬌まである先輩女優。


新しい予感に胸が高鳴ります!


ブログは随時更新予定!ご期待をー!!


望月真理子


| 稽古場日記::アルジャーノンに花束を | 17:39 | comments (x) | trackback (x) |
すばる倶楽部「The Party 2020」
まず緊急のお知らせですが2月19日(水)より前売開始の「プカプカ漂流記」のチケット予約電話番号が変更となりました。080-9510-6805(平日10:00~18:00)となりましたのでお間違いないようお願い致します。



さて、去る2月16日(日)ハイライフプラザいたばしにおきまして、すばる倶楽部「The Party 2020」が開催されました。
参加された皆様、ほんとうにありがとうございました。

お天気が心配されましたがさほどの大雨でも無く、それでもお足下の悪いなか お集まりいただいた皆様には心から感謝申し上げます。

そして何と言っても新型コロナウィルスの問題です。このような時期に人が集まるパーティーを開催する事を心配する声が劇団内からもあったのですが、当日スタート時に劇団員の一柳みるからもありましたように、一人のキャンセルも無く皆様がパーティーを楽しみにして下さることを感じ、出来る限りの対応をさせていただいて予定通り開催することを決定致しました。

お迎えする劇団員がマスクをさせていただいたり、消毒薬を用意したり…皆様のご理解、ご協力ほんとうにありがとうございました。1日も早い終息を祈るばかりです。


そのような心配もありながらも会場内はなかなかの盛り上がりとなりました。

今回は、昨年上演の「君恋し―ハナの咲かなかった男―」の梅園香代子一座がオープニングを賑わし、途中には「君恋し」の寸劇とともに歌謡ショーとなりました。
歌詞の載ったチラシを手に前の方に桟敷よろしくお座りになる方もいて、皆さん一緒に唄って下さってました。

写真コーナーには2本の本公演と「アルジャーノン…」の旅のオフショット写真も用意致しました。皆様のご希望にそえましたでしょうか?「アルジャーノン」のTシャツもありましたねぇ… そしてなくなりましたねぇ…笑

「他人の金」と「8月のオーセージ」のコーナーも好評のようでした。小道具のドーナツマシーンを回して頂いたり、芝居の中で役者が食していた同じお料理を一口ですが食べて頂いたり、役の人物とちょっとだけ同じ気持ちになっていただけましたでしょうか?

お料理もいつもと違う新しいメニューにも挑戦したようでしたが、皆様がお帰りになった後に劇団員のお疲れ様会をするのですが、新メニューは私の口には入りませんでした(笑)。

プレゼント抽選会では各芝居に因んだプレゼントをご用意し、今回は宮本充製作の名物?ウエルカムボードもジャンケン大会で差し上げました。
舞台上の宮本充からもちょっとありましたが、実は昨年、一昨年のウエルカムボードは私の自宅に保管してありまして来年には今年の物と来年の物(全部で4作品になりますよね)を加え、宮本充ウエルカムボードコーナーとして陳列し、皆様に差し上げるか、何か災害など重なればお売りして寄付させていただくかなどと計画しておりました。
そしたら宮本充が我が家が倉庫化するのは忍びないと、今年のウエルカムボードはお客様にその場で差し上げたいと少し小振りに製作してきました。

保管してある2作品はどうすりゃいいんだ!?

来年からはウエルカムボードプレゼントも恒例になるってことですね笑
白倉裕人と加藤和将のフチ男も登場して今年の運試しをしていただきました。

いつもに増して、あっという間の2時間30分だった気が致しました。「すごーく楽しかった~」という会員さんからのメールをいただき、頑張って準備した甲斐があったなぁとすばる倶楽部担当としては、ホっとした次代です。

一枚の写真も無く、当日の様子をお伝えしておりますが、また機会があれば写真を載せます。
取り合えず、ご参加のお礼を申し上げたく記事に致しました。
当日Twitterは宮島岳史が担当致しました。4月発送の会報「The 昴」にも早速記事を載せますので、ご参加いただけなかった皆様お待ち下さい。


それでは、新型ウィルスで今後芝居公演などが中止にならなければいいが…と願いながら、皆様 感染にはお互い気を付けて、なんとか乗り切りましょう!

今年もご参加ありがとうございました!


姉崎公美
| すばる倶楽部 | 11:05 | comments (x) | trackback (x) |
お申し込み受付スタート

皆様、明けましておめでとうございます!

すばる倶楽部担当、姉崎公美です。

いつも劇団昴を応援していただきありがとうございます。


お正月気分もそろそろ抜けるころかとは思いますが、劇団昴も新年の顔合わせの集いにて「今年も頑張ろう~!」と、気合いを入れたところでございます。

2020年、東京での公演は5本の作品を予定しております。その他に「アルジャーノンに花束を」の地方巡演もあり、Pit昴は稽古場として、劇場として休む暇なく稼働致します。

そんな中、来る2月16日開催のすばる倶楽部「The Party 2020」のお申し込み受付がスタート致しました。

会員の皆様のお手元にはパーティーのご案内が届いているかと思いますが、今年も日頃の感謝を込めて ご参加された皆様に思いっきり楽しんでいただける、そんなパーティーにしたいと着々と準備進行中です。

昨年の芝居を思い出していただけるコーナーが会場のそこここに。そして何が飛び出すか分からないパフォーマンスももちろんございます。


会員限定のイベントですが、今から会員になられても間に合いますので、そんな方はぜひ劇団事務所までお問い合わせ下さい。初めての方も、お一人のご参加も大歓迎です(^-^)v

まずは2月のパーティーをスタートとして、今年もよい芝居をお届けすべく一同頑張って参ります。

本年も劇団昴をどうぞよろしくお願いいたします!

パーティー待ってま~す♪


姉崎公美

| すばる倶楽部 | 22:12 | comments (x) | trackback (x) |
『8月のオーセージ』千秋楽
『8月のオーセージ』おかげさまで無事に全公演を終えることができました。ご支援、ご来場くださった皆さま、公演にあたりご協力いただいた皆々様、誠にありがとうございました。

役者陣は3月にオーディション、4月には先行稽古があり、延べ10ヶ月にわたりオーセージの世界を創って参りました。

顔合わせの日、初の読み合わせ後に『こりゃ3時間余裕で超しちゃうよ!!無理無理!!』なんて話も出ましたが蓋を開けてビックリ、お客様から「あっという間だった!」「眠る暇なくずっとドキドキ楽しめた」の声が。
不安が大きかった分本当に嬉しかったです。

役者は勿論、演出、演助、舞台監督、裏方スタッフ、音響、照明、美術、衣装、チケットコール・受付係、急な追加公演にもかかわらずサポートを申し出てくれた劇団員の皆etc…この作品に関わった全ての人が一丸となって創り上げた大切な作品となりました。

また、小田島雄志・翻訳戯曲賞という素晴らしい賞を受賞出来たことも大変励みになりました。

3時間の大作なのでなかなか再演は難しいかもしれませんが、またいつかどこかで、ヴァイオレット達とこのオーセージの地に帰って来られたら嬉しいなぁ〜(大人たちへ希望の眼差し)(笑)
何はともあれ今は感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました!!!


さぁ!お次はすばる倶楽部パーティーを挟んで『プカプカ漂流記』!!
先日、惜しむらくも鬼籍に入られた中島淳彦氏の作品です。
8月のオーセージでジョナを演じた古谷みちる、ジーン役の坂井亜由美や裏付きスタッフを頑張ってくれた西岡萌絵、新井志啓などフレッシュな面々も活躍いたします。
こちらも女性達が大暴れの予感…どうぞお楽しみに!!

永井将貴
| 稽古場日記::ザ・サード・ステージ『8月のオーセージ』 | 23:25 | comments (x) | trackback (x) |
第12回小田島雄志・翻訳戯曲賞受賞
この度、劇団昴ザ・サード・ステージ『8月のオーセージ』が第12回小田島雄志・翻訳戯曲賞を受賞いたしました。
受賞者は翻訳・演出の田中壮太郎氏、そして劇団昴ザ・サード・ステージです。
同時に受賞した他作品と共に来年、あうるすぽっとで行われる贈呈式・授与式に参加いたします。

これもひとえに『8月のオーセージ』にご支援・お力添えくださった皆さま、そしてご来場下さった皆々様のご愛顧の賜物と感謝申し上げます。

引き続き『8月のオーセージ』、そして劇団昴の応援を宜しくお願い申し上げます。
| 稽古場日記::ザ・サード・ステージ『8月のオーセージ』 | 13:22 | comments (x) | trackback (x) |
こっそりプチ裏話
『8月のオーセージ』おかげさまで連日多くのお客様にご来場頂いており、誠にありがとうございます。
今回の舞台装置は、今までにアップした写真等でお気づきの方もいるかと思いますが、客席が2ブロックに分かれております。
その為、開場中や途中の休憩時は舞台面にパンチカーペットを流し、奥の客席へお客様が行き来できるよう通路を渡しております。

それ自体はもともと計画していたことなのですが、公演初日の朝、演出の壮太郎さんから突然「誰かレタッチ得意な人居ますか?」と…
みんな頭にハテナ?が浮かびました。
何ごと?とうかがうと「折角なのでこの白い通路に原作タイトル『AUGUST:OSAGE CNUNTY』をデカデカ書いちゃいましょう!」との提案。
さすが演出家。ギリギリまでお客様に作品世界を楽しんでいただく遊び心を発揮してくださいました。

ウォーミングアップや準備でバタバタしていた役者陣はお手伝いできませんでしたが、それを見ていた演出助手の十朱さん、音響の藤平さん、そして美術家の岡田さんと錚々たるメンバーで急遽作業して下さいました!!ありがたや〜!!!

と、そんなこんなで出来上がった通路がこちら!!

カッコいい!!
これからご来場のお客様、開演前や休憩中に登場するこの通路を見かけたら、是非このエピソードを思い出してご通行下さい。
躊躇されるかもしれませんが、もちろん通路ですので文字は踏んでいただいて構いません。
オーセージの、ウェストン家の空気感を是非間近でお楽しみくださいてへっ星

また、追加公演が発表されました明日、12/17(火)19時の回ですがお席に余裕があります。初めての方もリピートの方も大歓迎です!!多くの方に楽しんでいただきたい作品ですので是非ご友人やご家族などお誘い合わせの上ご来場下さい。
『8月のオーセージ』チーム全員でお客様のご来場を心よりお待ちしております。

永井将貴
| 稽古場日記::ザ・サード・ステージ『8月のオーセージ』 | 10:43 | comments (x) | trackback (x) |
緊急速報!!
緊急速報です!!
大好評につき連日完売の日が続いており、ご予約を諦めていたお客様、大変申し訳ございませんでした…が!!な、な、なんと!大好評にお応えして『8月のオーセージ』追加公演が急遽決定致しました!!!(ブログ担当の僕も先程知らされて驚いております!!)

日時は12月17日(火) 19時

濃密濃厚な舞台をお約束いたします!!
我々役者もスタッフ陣も出し惜しみはしません!舌戦に次ぐ舌戦をどうぞお楽しみにご来場下さいませ。

皆さん12/17(火)19時…12/17(火)19時に追加公演ですよ!!
スケジュールで諦めていたあなた、もう一度観たいと仰っていたそこのあなた!そして演劇初心者の若人達にも観てもらいたい作品です!!
チケットコール、こりっちどちらからもご予約可能です。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

昴チケットコール=03-6907-8415 (平日11時〜18時/15日(日)は10:30〜15時)

永井将貴
| 稽古場日記::ザ・サード・ステージ『8月のオーセージ』 | 12:08 | comments (x) | trackback (x) |
13日 ポスト・ショー・トーク
13日マチネ公演の終演後、追加で決定した出演者のみのポスト・ショー・トークが開催されました。

ビル役の石田博英がMCを務め、ヴァイオレット役 一柳みる・マッティーフェイ役 要田禎子・バーバラ役 高山佳音里・カレン役 落合るみ・アイビー役 市川奈央子・ジョナ役 古谷みちる・ジーン役 坂井亜由美の計8名が登壇。終始和やかな雰囲気で進行されました。

稽古中、本番中のハプニングや楽屋話、苦労話や真面目なお話など、演者視点での裏話がたくさんありました。

勿論今回も、お客様からの質問コーナーは健在です!

普段なかなか聞けないアレやコレを直接伺えるチャンス!と言う事で何度も質問してくださる方もいらっしゃいました。

最後はビルの携帯が鳴り、シンディーから呼び出しがあったとの事でお開きに(笑)

こうした裏話を知りながら改めて観るのもまた一興。当日券もありますので是非Pit昴へご来場下さいませ!!


永井将貴
| 稽古場日記::ザ・サード・ステージ『8月のオーセージ』 | 00:19 | comments (x) | trackback (x) |
自己紹介『バーバラ』
「ウェストン家の長女バーバラ役の高山佳音里です。

(写真は、今回舞台に出演している私が連れてきたクマちゃん。どこに出ているか探してみて下さい。)

家族の問題って、多かれ少なかれどこのお家にもあるものです。家族だからこそ、言葉にしにくいもの、伝えにくいものなのだと思います。


この芝居は、そういう問題が山盛り出てきますが、身近なものから、とんでもないものまで、バラエティ豊か過ぎて、もうどうにも止まらないジェットコースターに乗っている感じです。(出演者としては、え?もうこのシーン???とジェットコースターに乗ってるかのごとく…)

私は実際長女なのですが、下は弟なので、今回の姉妹がいる役はとても新鮮です。また、こんな大きな思春期の娘がいる役も初めてなので、「お母さん」と劇中呼ばれるのもとても新鮮。


ですが、私の夫ビル役の石田博英は実生活でも夫なので、不思議な感覚です…ここ近年何回か共演していますが、こんなにガッツリ台詞を交わすのは研究生の頃以来です。

そして母親役の一柳みるさんは、私が劇団に上がってすぐ、付き人をしたり、スタッフとしてご一緒したり…あ、私の劇団公演の初舞台では、みるさんの秘書の役でした。長いお付き合いの中、母娘として共演の今回、とても嬉しく思っています。


とてもいい座組です。共演者の胸を借りて最後まで走り抜きたいと思っています!


まだチケットご用意できますので、ぜひPit昴にいらして下さい!どうしようかな〜と迷ったなら、エイッ!と直接、昴チケットコールにお電話を!!!
ウェストン家とそれを取り巻く一同、Pit昴にて皆様のおいでをお待ちしております!」

高山佳音里(こうやまかおり)
| 稽古場日記::ザ・サード・ステージ『8月のオーセージ』 | 18:45 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<   07 - 2020   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート