人形遣いの人形遣い
「ポーランドの人形遣い」の宮本充です。
今日はスタッフさんのお話を。
題して、「人形遣いの人形遣い」

この舞台には沢山人形が登場します。
主役の中西陽介は劇中、その人形達を操ります。
ちゃんと操らないと人形遣いにはみえません。
だから毎日猛練習しています。



人形の操作を指導して下さっている井上幸子さん。



そして、その人形を作って下さっている佐久間さん。

お二人は、人形劇団プークの方。
井上さんはプークさんの代表です。
プークさんは、1929年創立の老舗劇団。
新宿には、人形劇を専門に上演する「プーク人形劇場」があります。

若い頃、プーク人形劇場に、プークさんが招いたチェコの若い人形遣いのお芝居を見に行きました。
その人形遣いは、人形を持たずに舞台に現れました。
そして、ポケットから一枚のハンカチとピンポン球をひとつ取り出し、ピンポン玉をハンカチで包み、紐で結んでテルテル坊主のようにすると、垂れ下がったハンカチの四隅の内の二隅に紐を結びました。
そして、その数本の紐を上にあげた瞬間、ピンポン玉とハンカチが妖精のように動き出したのです。
アッと息をのみました。
その可愛らしいこと!
まるで人形遣いが新しい命を生み出した瞬間を見たようでした。

人形遣いと創造主の神。
「ポーランドの人形遣い」の劇中で主人公は、そのことに触れます。
それは、この作品の中で大きな意味を持ちます。
主人公の操る人形が本当に生きているように見えた時、この物語は、とても楽しく、そして悲しく、胸を打つものとなるのです。
人形たちに命を吹き込むため、中西は日々、奮闘中!

昨日から通し稽古が始まりました。
初日まで残り2週間。
ご期待ください!

昼の部は全て売り切れ。初日(19時)も売り切れました。
他の夜の部はまだお席がございますが、ご予約はどうぞお早めに!
ご来場をお待ち申し上げております。

| 稽古場日記::ポーランドの人形遣い | 10:13 | comments (x) | trackback (x) |
再会
劇団昴公演「ラインの監視」神奈川演鑑連ツアー、【川崎さいわい市民劇場】ブログ担当のクルト役の石田博英です。
近畿では【ひこね演劇鑑賞会】を担当しました。川崎さいわい市民劇場は幸市民館にて10月28日(土)15:30に開演致しました。
スタッフ・スタッフ行動キャストは朝一で仕込み本番を終え、更にセットのバラシを行いました。本当に御疲れ様でした。                  

各鑑賞会では皆さん御手製の例会パンフレットを作成しています。
川崎さいわい市民劇場の皆さんも勿論「ラインの監視」の時代背景や作家=リリアン・へルマンについて等、舞台設定を軸に年表を作成されていました。
ありがとうございます!!。 

幸
                   

川崎さいわい市民劇場の事務局長さんとは長い付き合いです。
そこで本番前のロビーにて川崎さいわい市民劇場・事務局長の彼女始め運営委員の皆さんと1枚。

幸                      

最後の1枚は前の日の公演でカーテンコールに演劇鑑賞会川崎市民劇場なかはらの皆さんから頂いたバラを近畿・姫路市民劇場の会員さんからの希少な菊の酒瓶に・・・ありがとうございました!!。
各地方の鑑賞会・市民劇場の皆様の温かい思いが1つの形に。重ねて御礼申し上げます。 

幸

                 
最後に一言、川崎さいわい市民劇場の皆さんとの1枚。私はTシャツ1枚ではありませんでした・・・(^-^)v。   
| 稽古場日記::ラインの監視 | 22:12 | comments (x) | trackback (x) |
小道具たち
10/26 27ブログ担当 デーヴィッド役 髙草 量平です。

神奈川演鑑連・巡演も川崎なかはら・川崎さいわい・藤沢・鎌倉となりました。

様々な劇場で様々な劇場条件の中公演しておりますが、舞台上は常に同じ配置で公演をしています。前回は舞台脇についてご説明させて頂きましたが、今回は舞台上の小道具について少し。

俳優は舞台上で会話をしますが、会話は人物だけではありません。一幕のサラの登場シーン。これは帰郷したファレリー家がサラの最初の会話相手でしょうか。20年振りのサラの感慨深いシーンで緊迫感のあるシーンにもなっている気がします。

ちなみに私の小道具の会話相手はサラとの2ショット写真です。写真の人物は似ておりませんが、、。そこはよしなに。。

写真

ちなみに一幕のマートがデーヴィッドとの思い出を語るシーンはファレリー家の家族写真を手に取っています。

写真

俳優はこのように舞台上の小道具からもエネルギーを貰います。

ちなみに私は舞台上でよくウィスキーを手に取りますが、このウィスキーの中身を仕込んでくれているのは下手待機の白倉裕人君。右から原液のお茶、半分薄めたお茶、ほぼ水のお茶。見事に三種類のお酒です!

白倉

今日もスタッフ、小道具の力を借りて神奈川の会員さんに作品を届けたいと思います!
| 稽古場日記::ラインの監視 | 22:31 | comments (x) | trackback (x) |
プロンプター
「ポーランドの人形遣い」の宮本充です。

先日、初めて「粗通し」をしました。
「粗通し」とは文字通り、粗い通し稽古のこと。
細部はまだ出来上がっていない段階で、一度、最初から最後まで通してみるのです。
そして全体を見て、再び細部の稽古に戻ります。
そうやって少しずつ「通し稽古」に近づいて行くのです。

この時期、とても大切な、そして大変な仕事があります。
プロンプター。
演技者が台詞を忘れた時に教える仕事。

この時期は、演技者もまだ台詞が完全には入っておらず、さらに台詞や動きやタイミングなどの細かい変更もあり、演技中に台詞が出てこないことが頻繁にあります。
特に「ポーランドの人形遣い」は台詞劇。
長台詞も多いのです。
プロンプターは、稽古中、台本を手にじっと演技者を見ながら、台詞が止まった時は、演技者の表情から、それが演技的な間なのか台詞を忘れたのかを瞬時に読み取り、忘れたと判断した場合はサッと自分の台本に目を移し、速やかにその箇所を伝えます。
大変な集中力が必要です。
プロンプターは無意識の内に、演技者と同じ呼吸をするようになります。

台詞の伝え方もまた難しいのです。
台詞を忘れた時、演技者はちょっとした緊張状態にあります。
その時に早口で教えても、演技者の耳には入りません。
優しく、丁寧に、そして簡潔に。
簡潔にといっても、例えば、「おお、憎まずにいられるものか。この町のお歴々が三人、親しく奴に会って、この俺を副官にと頭を下げて頼んでいるのだ」という台詞を演技者が忘れたとすると、台詞の頭の部分の「おお、」だけを伝えても演技者は台詞を思い出せない場合があります。
「おお、憎まずに…」までを、その次の言葉を促すように伝えると、演技者は自然に「…いられるものか。この町のお歴々が…」と、次の台詞が出て来るのです。

プロンプターにはある種のセンスも必要なのです。
そして瞬発力も。
さらに、それらを持続する体力も。

僕も若い頃にプロンプターをやりましたが、稽古中ずっと集中力を持続するのは大変でした。
先輩達が完全に台詞を覚えていてプロンプターの必要がない場面は、ひそかに緊張を解ける「息継ぎタイム」でした。
でも、プロンプターはとても勉強になりました。
演じている先輩と同じ呼吸で、テンポ、ブレスの位置、強弱などを体感できるのですから。特にシェイクスピアの長台詞は本当に勉強になりました。



数日前の稽古の写真。
彼はプロンプターの遠藤鮎喜。
(現在昴には遠藤が三人になりました。遠藤英恵、遠藤純一、遠藤鮎喜)
今年、研修生になったばかりのピカピカの一年生。
集中している横顔をこっそり撮ろうと稽古場の陰からカメラを向けたところ…
こら、こっち見るな!
彼もきっと「息継ぎタイム」だったのでしょう。

ちなみに遠藤(鮎)はシェイクスピア好きとのこと。
何かやりたい芝居があるか聞いてみました。

「『ヘンリー4世』です!」
渋いね~。役は?
「ハル王子がやりたいです!」
頑張れ!
「ホットスパーもやりたいです!」
ちょっとキャラが違うかな…
「フォルスタッフもやりたいです!」
全然、違うよ!


| 稽古場日記::ポーランドの人形遣い | 01:56 | comments (x) | trackback (x) |
台風のさなかの公演とカラス

再び家政婦アニーズ役の要田禎子ようださちこです。
台風のさなかの22日、23日と公演がありました。
激しい雨、風の中、ご来場下さいました皆様、また公演の準備を推めて下さった方々、本当に有り難く、感謝申し上げます。ありがとうございます。
また災害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。


烏


藤沢の会場付近の川側のフェンスの上に、カラスが居ました。
写真のカラスの視線の先にはもう一羽カラスが止まって居ます。
程よい距離を取りつつ、激しい雨の中、時折羽をバタつかせて二羽は何を話しているのでしょう。
カラスは生涯連れ合いを変えないといいます。夫婦か?
だとしたら、こんな雨の中話すのは、別れ話?縺れた感情を水に流すには、この雨は激し過ぎませんかね。
いや、案外丁度良いのか?

| 稽古場日記::ラインの監視 | 23:27 | comments (x) | trackback (x) |
ウィッグちゃん
「ラインの監視」サラ役の服部幸子です。

 お蔭様で、九州と近畿の演鑑連さんの公演を終えて、今は神奈川演劇鑑賞会さんの例会で巡演させていただいています。
 夏からの長期のホテル住まいも新鮮で、チームがぐっと親しくなる楽しい旅でしたが、帰京したら、もう冬の到来を予期させるような肌寒い秋の日々。2017年もあっという間に過ぎ去っていくようです。

 今日は、茅ヶ崎演劇鑑賞会さんの例会で、藤沢の市民会館に来ていますよ。今回のブログでは、2017年の「ラインの監視」から、私の大事な大事な相棒となった、「ウィッグちゃん」を特別にご紹介致します!
 初演時は、1940年当時のヘアスタイルを真似て、地毛でヘアをセットしていたのです。…なんて偉そうなこと書きましたが、とても器用な後輩の舞山さんに毎回、ヘアスタイルを作ってもらっていました。自分でやるのはとても難しく、後方のカールやねじりがなかなか大変だったのですよ。それと、私の直毛で細い髪質では、ふんわり結い上げるのが難しいのです。
 今回は旅公演で、ステージ数も多く、後輩さんたちに負担をかけるのも気が引けますし、クラシックで時代性のあるヘアスタイルにしたいと、ウィッグ着用を制作にお願いしました。そして…サラのウィッグをオーダーしてもらいました!フィッティングした時、ドキドキしながら鏡を見たのを今でも覚えています。

ウィッグ

ウィッ

ブラウンヘアに、カールされたしっかりした髪質のウィッグ。純日本顔の私でも、少しはアメリカ人で落ち着いたミセスのサラに近づけたような気がします(笑)。ヘアスタイルやメーク、衣装は俳優を大いに助けてくれる大切な存在なのです。

ウィッグ

使用前後や、搬送中は、保護のためこんなケースに入っています。結構存在感ありますよ~

ウィッグ

ウィッグや、その下に着用するネットに使用するピンは三種類。刺す場所によって使い分けています。中でも、わざわざ作っていただいたのが、黒くて小さな玉がついたピン。ウィッグを外す時、ヘアの中に埋もれているピンを素早く探し出せるのですよ。着用時は、なんと大先輩要田さんのお力を借りて、髪のウェーブの中に上手に隠してもらっています。要田先輩、毎回本当に有難うございますm(__)m

ウィッグ

終演後にウィッグを外したら、内側に、エタノールを少量スプレーして、ボックスの中にしまいます。やはり汗をかきますからね。丸洗いするわけにもまいりませんので、エタノールで消毒しています。

 この「ウィッグちゃん」のお蔭で、本番前の支度の時間がぐっと短縮されました。その分、落ち着いて舞台に臨めます。

ウィッグ

さあ、千秋楽まで、アナタは私の大事な大事な相棒よ♪宜しくねm(__)m
| 稽古場日記::ラインの監視 | 23:26 | comments (x) | trackback (x) |
ニューフェイス


神奈川演鑑連巡演から合流したメンバーを紹介させていただきます!

ニューフェイス

まずは写真右側、準座員の 加藤和将くん。

劇団に入ってから旅に回るのは、初めてなので右も左も分からない状態ですが、皆さんにより良い舞台を観ていただくために裏方として尽力します。
よろしくお願い致します。

加藤くんは今年で3年目で、ついこないだまで「幻の国」で主役を演じていた若手有望株です!


そして写真左側の女子が、この作品の演出助手として活躍してくれている劇団員の木村雅子さんです。


三年前、準劇団員二年目の年、初めての本公演演出助手として「ラインの監視」の作品作りに参加しました。

ゼロから作られていくところを見ていた作品が旅公演として再演する機会を頂き、

回を増す毎に深まっていく作品の姿を見ることができるのは、スタッフとしても、とても嬉しく思っております。

新メンバーとして、皆様のサポートをしていけるよう、頑張ります!!

いつもたくさんの資料を集めて私たちをサポートし続けてくれた彼女が旅初参戦です!

新たなメンバーと共に神奈川演鑑連巡演精進してまいります!!



| 稽古場日記::ラインの監視 | 23:46 | comments (x) | trackback (x) |
すばる倶楽部「お茶会」
皆様こんにちは。
「すばる倶楽部」担当の姉崎公美です。

去る10月8日(日)に行われた、すばる倶楽部「お茶会」のご報告です。


ご参加下さった皆様、本当にありがとうございました。
会場はPit昴の最寄り駅である大山駅から徒歩5~6分、栄町スタジオにて行われました。

参加者の皆様にはお迎えの劇団員と駅からテクテク… 10月にしては気温の高い秋晴れの日でしたので、暑かったのではと思いきや… 道中 俳優達とお喋りが出来て 楽しかった!と言って下
さり 皆様、優しい方ばかりで安心致しました。


今回は、初めてサードステージの出演者が参加させて頂きました。
「お茶会」は本公演ごとに開催させて頂いてますが、11月本公演「ポーランドの人形遣い」は出演者が4名ですので、お客様全員とお喋りするのは時間が短いのではと、公演が終了したばかりのサードステージ「幻の国」出演者が参加致しました。また、急遽テーブル数を増やした関係で「ヴェニスの商人」の出演者も参加。終始賑やかな会となりました。


「お茶会」開催で私達がちょっと心配するのは、観劇されていない芝居の出演者とは話題が途切れてしまうのでは? お目当ての役者以外には、興味を持って頂けないのでは?という事
です。しかしそれはいつも杞憂に終わります。
初めて参加される方も、比較的新しく会員になった方も、いったい何をお話ししているのか(失礼!)と思うくらい、あちらでもこちらでも笑い声が絶えず、2時間があっという間に過ぎてしまいます。


お芝居の感想、役作りの話し、旅公演の裏話、お互いの趣味、好きな食べ物、寝言の話し?…多種多様な声が聞こえて2時間、最後には「ポーランドの人形遣い」の出演者を代表して、牛山茂より 初日に向けてお稽古頑
張りますので、よろしくお願い致します…とご挨拶をさせて頂きました。


「お茶会」の会場が毎回変わってしまって申し訳ありません。
でも栄町スタジオも気兼ねなくお話しを楽しんで頂けて 悪くないかも…などと思いました。参加された皆様いかがでしたでしょうか?
次の「お茶会」まで ご意見頂だけたら嬉しいです。

そしてもし興味を持たれましたら一度お出かけ下さい。楽しいですよ。

「お茶会」のご報告でした。ありがとうございました。

姉崎公美

| すばる倶楽部 | 22:34 | comments (x) | trackback (x) |
出演者紹介 2
「ポーランドの人形遣い」の出演者の宮本充です。
前回に引き続き、出演者の紹介です。



牛山茂。
「アルジャーノンに花束を」の初代チャーリー。
よく響く魅力的な声は、時には愛らしく、時にはクールに、そして最後は切なく、三百人劇場の満員の観客を魅了しました。
舞台は大ヒットし、その後、日本各地を巡演しました。
ここ数年、劇団朋友の舞台「ら・ら・ら」の客演(原日出子さんの夫役)で全国各地を回っていますが、今でも旅先でお客様から、当時の「アルジャーノンに花束を」の話が出るそうです。
こうしてずっと人の心に残り続けるというのは役者冥利に尽きるのではないでしょうか。(僕も覚えてますよ!)

さて、このコーナーはあくまで僕の個人的意見を書いていますので、以後は後輩として「牛山さん」と、紹介させてもらいます。

牛山さんは長野県の諏訪市出身。
何と小学生の頃から、上京して舞台に立つことを夢見ていたそうです。(少しおかしいんじゃないの?〈本人談〉)
高校時代は演劇部に所属。
すでにその頃からシェイクスピアを!

高校を卒業後、上京。池袋の「舞台芸術学院」で基礎技術を学び、シェイクスピアをやるために(本人談)、劇団「雲」(昴の前身)に入団。
最近のシェイクスピア作品では「リア王」(2014年)のグロスター伯が記憶に新しいところ。

牛山さんの母校は長野県立茅野高校。
昴の若手、矢﨑和哉は高校の後輩です。
劇団内に、同じ高校の後輩がいるのは、東京の高校ならまだしも地方の高校では珍しいこと。
頼もしい後輩が入ってきましたね、牛山さん!

高校の同級会には、仕事が重なったりで、今まで一度も出席したことがなかったそうですが、この夏に開催された蓼科映画祭での、アニメ「この世界の片隅に」の舞台挨拶(北條円太郎役)のために帰郷した折に開かれた同級会に、約半世紀ぶりに出席。
誰なのか分からない同級生もいたそうで…半世紀ぶりですからね。
ちなみに長野県では「牛山」は「し」の音を高くして発音するそうです。

前回は中西陽介を「寡黙」という言葉で表現しましたが、牛山さんを一言で表現するならば、「饒舌」
牛山さんは気配りの人。
稽古場でも、宴席でも、すばる倶楽部のお茶会でも、軽妙なお喋りで、周りの人達を楽しく和やかにさせてくれます。
本人曰く「俺は争いごとが大嫌い。みんな楽しく行こうよ」

永遠の演劇青年。
劇団の人気者。(ホントか?〈本人談〉)
そんな牛山さんにぴったりの今回の役。
人柄がにじみ出ています。
ご期待下さい!


お陰様で、昼の部は全て売り切れとなりました。
夜の部はまだお席がございます。
上演時間は1時間40分ほどの予定。
終演後もお時間に余裕がございますので、ご予約がまだの方は、是非、夜の部もご検討ください。

| 稽古場日記::ポーランドの人形遣い | 01:02 | comments (x) | trackback (x) |
京都
「ラインの監視」京都公演のブログ担当は、ファニー役の久保田民絵です。

 京都公演の会場は「呉竹文化センター」
 ウォーミングアップの時に見た客席は、赤いシートで三百人劇場にそっくり!でも座席数は600ですから丁度二倍。客席数が1000以上の所が多かったので、ちょっとホッとしました。

 劇場が変わる度に何時もチェックするのは主に声です。まず声が会員の皆様に届かなければなりません。客席の数、残響、客席と舞台の高さの関係。始めての劇場だったから…と言う言い訳は出来ません。それに私の役、ファニーは第一声からしばらくの間、要田さんのアニーズと山口さんのジョーゼフと三人だけで、なんとか会員の皆様に集中して頂かなければなりません。何時もの処で笑って頂けるとホッとすると同時に自分の気持ちも集中します。客席の反応によっては何時もの自分以上になれた様な、役が独り歩きを始めた様な気がする時もあります。やはり劇場は、舞台と客席が一体となって創り上げる、不思議な、そして素敵な「魔法の空間」ですね。

 近畿ブロック公演最後の「呉竹文化センター」での二回の公演は客席の皆さんの反応に、カーテンコールから引っ込んだ舞台袖の辺りで私達は、「いい拍手だったね!」と喜び合いました。「呉竹文化センター」の劇場が「魔法の空間」になったかしら?

 九州公演に続いて、今回は近畿ブロック。和歌山、泉南、奈良、神戸、姫路、紀北、岸貝、ひこね、京都。各地の皆様の熱い拍手、忘れられない温かいおもてなしの数々、人情に触れ、14ステージを無事に終える事が出来ました。本当にありがとうございました。

 次は神奈川ブロックの巡演が始まります。神奈川の各劇場を「素敵な魔法の空間」に出来るかしら?
 神奈川の皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

| 稽古場日記::ラインの監視 | 11:05 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   11 - 2017   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート