千穐楽、そして…
ご来場いただいた皆様ありがとうございました。

約10年ぶりの新たな『クリスマスキャロル』いかがだったでしょうか?

かつてのキャロルとはまた違った視点のある第7次クリスマスキャロル。
昴にとって歴史ある演目なだけに、お客様には懐かしさと新しさでどう受け取って頂いたのかなと思っております。

客席からの反応はもちろん、日々のアンケートやSNSのご意見・感想を見て
「なるほど、そういう見方があるのか」
と、プレイヤーとしても後から新しい発見があったりして糧にさせて頂きました。

ありがとうございました。

ご来場頂けなかったお客様もいるかと思います。
そんな方へ、朗報です!!

来年もまた『クリスマスキャロル』が帰ってくる予定です。
だから、是非ともまたのご来場お待ちしております!
“また観たい“と思っていただける作品になるよう来年に向けてまた再スタートです!

それでは良い一年が訪れますように!

Merry Christmas…





矢﨑和哉
| 稽古場日記::クリスマス・キャロル 2021 | 17:22 | comments (x) | trackback (x) |
クリスマス・キャロル初日
過去の聖霊他役の笹井でございます。
ついに幕が明けました!
キャロルはとても大変な演目で、過去の公演の噂を先輩方から聞いては、若手は皆震え上がっておりました。場面転換、衣装の早替え、などなど…やることが多いのです!
稽古時間はあっという間に過ぎてしまいますし、劇場に入ってからも調整する事は沢山ありますし、とにかく、皆でガムシャラでやってきました!
ですが、だからこそ、いつも以上に皆がひとつの方向に向かって、協力し合い、初日を無事明ける事ができました。
これも演出の河田園子さん、演出部、照明、音響、衣装、美術、音楽、歌唱、振付、制作、チケットコールの皆さん、座・高円寺の劇場の皆様のフォローがあったおかげです。
だから役者は安心して、舞台で演じることができるのです!
そしてやはり、お客様の力は偉大です。
舞台は役者だけで造るものではなく、お客様が入って、同じ空間を共有してこそ、完成されるのです。
初日ははダブルでカーテンコールを頂きました!
皆様に、より良い芝居を観て頂く為、昴一同、この「クリスマス・キャロル」を本番中もアップデートして、更なる高みを目指してゆく所存です。

少し真面目になってしまいました…
公演後の男子楽屋での、緩い感じの写真でお口直しなさいませー
| 稽古場日記 | 18:37 | comments (x) | trackback (x) |
In 座・高円寺
スクルージ役の宮本充です。
やって来ました、「座・高円寺」!
一昨日、大山のPitから移動して来ました。
まず、舞台装置等の搬入・設営をし、昨日は、テクニカルリハーサル(照明、音響、舞台転換などを中心にした稽古)をしました。
そして、今日は舞台稽古。
メイクをして、衣装を着て、実際の照明・音響の中での稽古です。
皆、疲れはピークに達しているはず。
でも誰も愚痴ひとつこぼしません。
明日はいよいよ、初日!
稽古はたっぷりやりました。
今の気持ちは「人事を尽くして天命を待つ」。
一同、皆さまのために、心を込めて、精一杯演じます。
ご来場をお待ち申し上げております。
Tシャツ、買って下さ~い!


| 稽古場日記::クリスマス・キャロル 2021 | 23:50 | comments (x) | trackback (x) |
思い出
前回キャロルに出演したのは、今を去ること24年前…今回が2度目のキャロルです。
前回の出演者は、今や鬼籍に入ってしまった先輩やら、ほとんどが昴を去ってしまった仲間達…皆の顔が懐かしく目に浮かびます…
その時は、デイケンズ家のホームパーティーで出席者達が、劇中劇でキャロルの登場人物を演じる…という設定、私の役どころはジェイコブ・マーレイ。
ゾンビ系のマーレイにしようと、だんだん身体が崩れて行く事を考え、スクルージと話すうちに顎が外れて上手く話せなくなったり…最後には腕が地面に落ちたり…それも最初から動かない造り物の腕では面白く無いので、途中から造り物の腕をセットする仕掛けを演出部の先輩が作ってくれました。
思えば、その先輩も今や鬼籍の人…
あぁ何だか又、想い出話しになってしまいましたが…
近頃こんな事ばかりです…
さてさて、それはさてお置き、今回のマーレイ始め聖霊達…異次元の登場人物達は、どんな姿を見せてくれるのか…
とても楽しみです!

伊藤和晃
| 稽古場日記::クリスマス・キャロル 2021 | 08:17 | comments (x) | trackback (x) |
「すばる倶楽部」からのお知らせ
まもなく12月… いよいよ「クリスマス・キャロル」本番ですね。

さて、今年も会員様限定で「劇団昴特製カレンダー」を販売致します。
毎年、開催していた「The Party」は、本年、来年と残念ながら中止が続きますが、パーティーご参加の記念にお持ち帰りいただいていた「昴特製カレンダー」、販売させていただいたところ、大変ご好評をいただきました。
昨年は上演できた芝居が「アルジャーノンに花束を」一本のみでしたので、期せずして「思い出の舞台カレンダー」となり、劇団員にとっても、昴のここ数年を振り返るよい機会となりました。
今年は、勉強会を含めれば4本の芝居を上演致しますので、いつものように“2021年の公演舞台写真掲載カレンダー”をお届け致します。12月本公演「クリスマス・キャロル」の写真も載せるべく、鋭意準備中です。たくさんのお申し込みお待ちしております。

そして、今回!なんと!「クリスマス・キャロル」公演記念Tシャツを販売致します!
宮本充デザイン・作画によるTシャツです。バーガンディ(深紅)、フォレスト(深緑)の2色展開でご用意しました。

お申し込みの詳細は、先日「更新のお知らせ」と同封で発送させてただいた、「カレンダー&Tシャツ販売のお知らせ」をご参照下さい。

Tシャツは一般の皆様にも販売させていただきます(一般の方のお申し込み方法は「キャロル」会場ロビーに用紙を設置しますのでお持ち帰り下さい)。
尚、会場での直接の販売はございません。見本を展示致しますので色など参考になさって下さい。


この一年は、コロナ禍といえども芝居を上演できる、幸せ、有り難さ、苦しみ、大変さをヒシと感じながらの一年でした。
会場にお越しいただいた皆様、本当にありがとうございます。
本年の締めくくりは、10年ぶりにお届けする「クリスマス・キャロル」です。一同張り切っておりますので、ぜひご来場下さい。

それでは、皆様のお申し込み、ご来場、お待ちしております!!

すばる倶楽部担当:姉崎公美
| すばる倶楽部 | 00:17 | comments (x) | trackback (x) |
衣装付き通しでした!
早いもので、大山の稽古もあと一日になりました。
このキャロルが、どんな風に成長して行くか楽しみのひとつです!
今日は、衣裳をつけての稽古ですが、早替えをする人がほとんどで狭い稽古場では大変です。でも、慣れておかないと本番で困りますから…

ここ最近、疲れが溜まってきてますので、静かな牛山を見ることが出来ますよ。
えー、全然静かじゃない?
ところで、スクルージの宮本君、これまた元気、元気、大元気!
かなり気合いを入れて、やってます!若手のパワーもすごい!
こんなクリスマスキャロル見逃したら、もったいないですよー!
乞うご期待!!

牛山でした。


牛山茂
| 稽古場日記::クリスマス・キャロル 2021 | 00:13 | comments (x) | trackback (x) |
稽古場での眼差し
こちらの記事は本来11月25日に投稿予定でしたが。
サーバー側のメンテナンスのため投稿できませんでしたことお詫び申しあげます。
(矢﨑)

以下本文です。



こんにちは!
今回、進行役を演じます、林佳代子です。自分が物語を引っ張って行く…とは気負わずに、相棒役の大先輩(伊藤さん、牛山さん)二人に挟まれて、穏やかに舞台に登場したいと思います。

さて、現在の稽古場…。

稽古場の稽古進行役は演出助手。そして、その他沢山のスタッフの皆さんに支えられながら稽古は進行して行きます。

その中で、ある日の二人に焦点を合わせてみました。
昴に入団して初めての裏つき、大休寺一磨くん。舞台袖の(稽古場は狭いので)窪みに飼い殺し(…恐ろしい言葉ですが、舞台の専門用語的な言葉)で、稽古中の長時間じっと耐え忍び、小道具転換などで咄嗟に必要とされるその瞬間を待っているのです。眼光鋭く。(気を抜けない!)



プロンプターの加藤保奈美さん。
役者がつっかえると、間髪を入れず台詞を飛ばします!
このところ音出しも担ってます。(気を抜けない!)




二人とも、近いうち昴の舞台で俳優としてお目にかかれるはず。若き希望の星です!

一方、ある日の演出からのダメ出し中。その場面ではない特設舞台の一角では、スクルージ役の宮本充くんが、ちょっとだけストレッチ中。(気を抜いてます!)



これは盗み撮りですが、奥にいる充くんの足元に見えているのは股引きではなく、ハードアクション?から身を守るサポーターです。ファンの皆様ががっかりしない為の補足。(by 林=同期愛)

手前にいる、精霊役の笹井達規くんは、余裕で気を抜いています!

ところで、先日は衣装合わせ。かなり沢山の衣装を役者に合わせて行くので、一日がかりでした。




シルクハットにステッキ。
なんだか、これだけで時代が感じられますね。およそ200年前の物語。どうぞお楽しみに!!劇場でお待ちいたします!!

林佳代子




| 稽古場日記::クリスマス・キャロル 2021 | 23:57 | comments (x) | trackback (x) |
劇団昴、舞台『クリスマスキャロル』と10年ぶりの再会。
この第7次キャロルで、
現在の聖霊他4役を務めさせていただきます米倉紀之子(きしこ)です。
ベテランの敬愛する4人の先輩方、
私を含めた中堅連、そして若手・新人達。皆で1つの作品に向かって挑戦の日々です。
クリスマスキャロルには嬉しいことに子役ちゃんがいらっしゃいます。
今回の子役ちゃん、お名前は張适(ちょうし)君。
小学校4年生10歳、靴のサイズ21、5センチ。(私の靴サイズと2センチしか違いません!きっとこれから大きくなるぞー!)
目がくりっとしていて可愛らしいかぎりです。
いつもお母様と一緒に元気に稽古場に来ています。
お母様は稽古中も愛情たっぷりの視線で張适君の演技を見つめていらっしゃいます。
ある日休憩中のお二人を覗いた時、なんとも美味しそうな愛溢れるお弁当を発見!
今度撮らせてください!とお願いして、後日写真に収めたのがこの1枚。



なんといっても、食には母から子への愛を一番に感じますよねー。
お母様いわく、幼稚園時代から張适君へのお弁当作り毎日頑張ってらしたそうです。母ってやっぱり最高!
今回の作品クリスマスキャロルに登場するクラチット家での張适君の役は、ティム。そのお父さんお母さんは、
田徳君と市川さん。
クラチット家スリーショットです。
本番に向けますます家族になってゆくことでしょう。
張适君はなんと全部で4役!私と一緒だ〜!



私は第4次キャロル(4年間)に出演した経験があるのですが、当時もやはり子役ちゃんやそのお母様方と仲良くさせていただいた思い出があり、今も懐かしく思い起こします。例えば旅公演で勉強を教えてあげたりとか、、、
あれから時は過ぎ、子役だった男の子が今や舞台役者を生業とし、今年3月に私が外部出演した舞台(ちなみに私は宇野千代役)を観劇してくれました。いや〜、嬉しかったなー。

今回米倉が務めさせていただきます現在の聖霊は、これまでまさに現在の聖霊にふさわしい男性の先輩方が歴代演じてこられました。
私なんぞには重荷すぎて、その重さに押し潰されそうになる毎日ですが、ベストを尽くしてまいりたいと思います。

まだ昴の研究生だった頃、お客様に混じってクリスマスキャロルの本番を観た帰り道。
劇場を出たお客様方の後ろを歩いていると、コートの肩あたりから湯気が出ているような幸福感がどのお客様の後ろ姿にも感じられて、
これがクリスマスキャロルという作品なんだなぁ、と思った記憶があります。
一歩でもクリスマスキャロルに近づけるよう、新生キャロル、チーム一丸となって頑張ってまいりたいと思います。
是非、座・高円寺にお越しいただけますよう心よりお待ちしております。



米倉 紀之子
| 稽古場日記::クリスマス・キャロル 2021 | 08:41 | comments (x) | trackback (x) |
お宝発見!
皆さま、ご無沙汰しております、山口研志です。
今回演じる役は、未来の聖霊、フェジウィッグ、太め紳士、船乗り...の4役です。
13年前の6次キャロルでは鶏屋、葬儀屋、フレッドパーティの客等々を演じました。前回と同じく歌稽古、ダンス稽古に奮闘しております。今年の冬は熱くなりそうです。もう汗だく確定です。

さて話は変わりますが、実家に戻った際に貴重な本を見つけました。ある年齢以上ならピンっ!と来るかもしれませんが、昔、図書館にズラッと並んでいた「世界名作全集」です。懐かしさを感じる私は、確実にある年齢以上です!



ケースから取り出すと、懐かしさ溢れるこの図柄



お値段は200円と書いてあります!昭和33年発行!!



この貴重なお宝も参考にして、役作りは勿論、作品の世界観もお届けできればと思ってます。
12/2から皆さまと劇場で会えるのを楽しみにしております。座高円寺へ、どうぞお越しください!

山口研志
| 稽古場日記::クリスマス・キャロル 2021 | 02:50 | comments (x) | trackback (x) |
「クラチット夫人他」の市川奈央子です。
河田さん演出の第5次キャロルでのスタッフ参加が最初のキャロルでした。

裏方とはいえ、一つの作品を生み出す楽しみを噛み締めた作品でした。
色々な思い出があり過ぎて書き切れません〜。
また、ちょうど、準劇団員2年目だった私は三百人劇場で、ゲネプロ終了後、「劇団員」になれることを知らされ、歓喜した事を覚えています。

それから○年目。

本公演のキャロルに初めて役者として参加、何だかとてもこそばゆい感じがします。

さて、今まで私の役どころといえば、どちらかと言うと単独での役どころが多く、余り周りとの交流が多く無い方でした。
今回のクラチット夫人は、4人の子供の母親。ほんと、芝居ってすごい。こんな私でもお母さんになれちゃうんですねー。

そして、改めて世のお母さま方がスゴいと感じました…。
芝居の中とはいえ、私の子供たちがワシャワシャと動き回って、知らぬ間に振り回されております…。
お母様方、ほんと毎日お疲れ様です。

そして「母」になるために楽しく悩んで稽古をしております。いつもながら、この過程が楽しくて仕方がありません。

まだまだ歴代の先輩方のクラチット夫人には追いつけませんが、「愛」あるクラチット一家で皆様にお会いできますよう本番まで頑張りますー!



市川奈央子
| 稽古場日記::クリスマス・キャロル 2021 | 18:35 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<   01 - 2022   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート