舞台照明

シャーロット役の林佳代子です!
シャーロット。素敵な名前でしょう?精神科医の役なんです。精神という目に見えないものを扱う人。医学的に、頭の中の神経やら細胞やらが大いに関係してるとは思いますが「心」に深く繋がる分野の職業だと思います。色々な意味を含む「心!」…それを扱う人がシャーロットなんです。深い…!!

さて、稽古場は、絶賛立ち稽古中です。
稽古中に天井を見上げると、こんな感じ。







バトンが縦横に取り付けられ、照明器具が並んでいます。電気は通っていないので、天井に収納されてると言った方がよいですね。この天井は、初日数日前の、舞台セットが完成する頃、電気が繋がっている照明機具で埋め尽くされる事になります。
演劇は総合芸術ですから、俳優が演じるだけでなく、スタッフの力は欠かせない。照明もその一つです。かなりの場合、照明は俳優の動きや台詞に合わせて変化します。私たちは、舞台で照明を感じることができますが、客観的には見られないので、大抵どう見えてるのか分かりません。後で、写真や動画を見てビックリです。こんな世界に見えてたのか…!なんてね。
最近では、LEDライトも多くなりましたが、これができる前、ライトは熱いものでした。寒いシーンでも汗がダクダク…なんてこともよくあるのですが、時に心地よい温かさでもあるのです。
かつて、三百人劇場の舞台で……あれは「花嫁付き添い人の秘密」という芝居の、本番のある日。昴の俳優で、同期の宮本充君が私の婚約者の役でした。奴は!私を裏切ったんですよ、浮気して!!で、私は叫んで怒って、枕叩いてベッドに泣き崩れるというシーンがありました。その日もいつも通り泣き崩れたのです。ところが、疲れも溜まっていましたし、そのまま、うとうとと眠ってしったのでした。ポカポカな照明が気持ち良いのです…。私が起き上がるキッカケ迄には、2ページに渡る別の俳優のモノローグがありましたし、その俳優の動きでベッドが揺れたので、運良くキッカケ前に気付きましたけれど(笑)。
大先輩が舞台上で眠ってしまい、回りの俳優達が、大混乱になってしまったという伝説も耳にした事があります。心地よく眠ってしまうその状況、よく理解できます。

今回の「マーヴィンズルーム」では、マーヴィン[岡本吉弘さん]はベッシー[米倉紀之子さん]に介護されており、ベッドは大事なイメージポイントです。でも、言うまでもありませんが、私のシーンにベッドはありませんので…誘惑(睡魔)に負けることはありえません。はい!

稽古場では、どの場面もリアルに繊細に大胆にシーンが作られて行きます。どうぞ楽しみにいらしてください!
ご来場を心よりお待ちしております!!



最後に、我が家の近所のツツジ。
春から初夏、大好きな季節です。いいですよね。
温暖化よ、とまれ…!
| 稽古場日記::マーヴィンズルーム | 20:12 | comments (x) | trackback (x) |
稽古場の“癒やし”

今回のブログは、ルース役の佐藤しのぶが担当します。

今週から、演出助手の井澤夢乃さんが合流しました。
 
 

フレッシュ!
進行の声が初々しいです。



この日めくりカレンダーは、夢乃ちゃんの力作。
本番までの日数と、『なるほど!』な今日のひと言が添えてあります。
どんな状況でも楽しむって大事よね。
ありがとう夢乃ちゃん‼︎



チャーリー役の屋鋪琥三郎君、通称『こさ』君。
中学2年生、13歳。
好きな物、きゅうり。
稽古場で大人達が、あーでもないこーでもないと話していると『それは◯◯◯です』と、チャーリーさながら的確に答えてくれます。
いろんな事に興味があって、中でもロボット工学が今は一番だそう。
なんと、オーディションから2ヶ月半で8㎝も身長が伸びました。
この芝居の千穐楽には、兄・ハンク役の赤江君より大きくなってたりして?



ここは『お茶場』
稽古場付きの若手達が、コーヒー・紅茶などの飲み物から、ちょっとつまめるクッキーやおかき、飴やチョコを揃えてくれます。
稽古場に来てくださった方々の差入れも並びます、有難うございます。
空腹時と気分転換に、無くてはならない空間なのです。

今回のブログのテーマは、稽古場の“癒やし”でした。
皆さんの癒やしは何ですか?
| 稽古場日記::マーヴィンズルーム | 23:39 | comments (x) | trackback (x) |
Mr.TANAKA & SUBARUズルーム
ベッシーを演らせていただきます米倉紀之子です。
5日間の読み稽古を経て、立ち稽古に入りました。

顔合わせ稽古初日に感じたことは、稽古場の空気感の素敵さでした。
演出の田中壮太郎さん始め、スタッフ、キャスト、劇団に上がりたての新人達、
みな清潔感漂う現場でした。
稽古場が素敵なときは、必ず充実した作品が創り上げられる。普段鈍感な米倉なのですが、これに関しては敏感で、ハズレたことはありません。なので何やら熱い予感がしております。

大好きな劇団の仲間たち、そして賢く可愛いチャーリー役の琥三郎くん。
女性キャストをピックアップさせていただきますと、磯辺万沙子さん、佐藤しのぶさんとは『クリスマス・キャロル』のクラチット夫人で、
林佳代子さんとは『夏の夜の夢』のハーミアで、
あんどうさくらちゃんとは『アルジャーノンに花束を』のアリス・キニヤンで、
皆米倉は同役を演らせていただいております。
女性キャストが何故か他人に思えないのは、そのせいかしら?
とにかく気持ちが和らぎます。
もちろん男性キャストもナイスガイばかり。

ベッシーの父マーヴィンは岡田吉弘さん、叔母ルースは佐藤しのぶさん。
ひとつ屋根に住んでいる3人です。



岡田さんとは最近では昨年の劇団公演『親の顔が見たい』で共演。孫を思いやる祖父の言葉に、いつも心揺さぶられておりました。
佐藤さんとは、一度同じ作品に出ておりますが(『ゆうれい貸屋』)、場面違いで、共演ということでは初めてとなります。
劇団内で折に触れてかけてくださる言葉の数々に、いつも安らぎを感じておりました。
この期間、お二人の傍に居られることは幸せです。

テロ、戦争、地震、異常気象、そして感染症。
そんな中、演劇というライヴ空間が何かしらの生きるエネルギーを与えられたら。家族ドラマ『マーヴィンズルーム』がそんな作品となりますよう、演出の田中さんに導かれながら、そして共演者、スタッフと可能性を探しながら 立ち稽古の日々を送っていきたいと思います。

みなさん、どうぞ本番観にいらしてください!
お待ちしております。

| 稽古場日記::マーヴィンズルーム | 20:24 | comments (x) | trackback (x) |
いよいよ立ち稽古始まります!
ハンク役の赤江隼平です
初ブログです!

怒涛の本読みも終わり、いよいよ明日から立ち稽古が始まります。
動きも加わりより稽古に熱が帯びてくると思われます!

台本を信じ、演出の田中壮太郎さんを信じ、キャストを信じ、そして関わってくださるスタッフの皆様と共にまるでドキュメンタリーを観ているかのようなリアルな舞台になるよう頑張ります‼︎

そして舞台完成のラストピースであるお客様皆様!
ぜひお越しいただき、一緒に舞台を完成させる力をお貸しください!
ご来場お待ちしております!




母親のリー役:あんどうさくらさん(中央)
弟のチャーリー役:屋鋪琥三郎くん(左)




裏つきの副リーダーで同期の工藤凪紗ちゃん
たくさん支えられています!


赤江隼平
| 稽古場日記::マーヴィンズルーム | 22:47 | comments (x) | trackback (x) |
「マーヴィンズルーム」稽古開始です!
2024年 劇団昴公演「マーヴィンズルーム」の稽古が始まりました!

演出の田中壮太郎さんを始め、キャスト10名と今年から新たに劇団に仲間入りした新人達と共に作品を作り上げて参ります!



本日より定期的に、こちらの公演ブログを通じて、稽古中の出来事や作品、物語を生きる人々の魅力などをお伝えして参りますので、皆様どうぞお楽しみに!


白倉裕人

| 稽古場日記::マーヴィンズルーム | 00:51 | comments (x) | trackback (x) |
「クリスマスキャロル」今年は終了!
スクルージー役の宮本充です。

本日は12月28日。

昨日、「徳島市民劇場例会」、「鳴門市民劇場例会」の2つの舞台を無事に終えることが出来ました。

11月の四国巡演中に、僕を含め出演者数名がインフルエンザにかかり、中止になっていた舞台が、ふたつの「市民劇場」さんのご尽力で復活したのです。

徳島市の会場で、昼と夜の2ステージ。
昼は、鳴門市民劇場さんの例会。
夜は徳島市民劇場さんの例会。

一度は諦めていた舞台だけに本当に嬉しいです。
2日遅れのクリスマスプレゼントのよう。

今朝、鳴門市のホテルを出発する時、鳴門市民劇場の方々がお見送りに来て下さいました。
幹事の女性の方が仰いました。
「昨日は素晴らしいプレゼントを有り難うございました」
僕が言いました。
「こちらこそ、最高のプレゼントを有り難うございました!」



「徳島阿波おどり空港」にて。
バスから出てきた面々。
疲れが半分、達成感が半分の顔。
今日は皆、ぐっすりと眠ることでしょう。

昨日の舞台で、今年の「クリスマス・キャロル」は終了!
四国の市民劇場の皆様、横浜演劇鑑賞協会の皆様、そして「座・高円寺」にお越し下さった皆様、本当に本当に有り難うございました!

| 稽古場日記::クリスマス・キャロル 2021 | 17:35 | comments (x) | trackback (x) |
次は徳島へ!
スクルージ役の宮本です。
昨日、「クリスマス・キャロル」の東京公演が無事に終わりました!
ご来場下さった皆さま、どうもありがとうございました!
Tシャツを買って下さった皆様、どうもありがとうございました!
エルタマにご支援頂いた皆さま、どうもありがとうございました!
サバ塩弁当、おいしかったです! 

僕は公演中、劇場近くのホテルに泊まっていました。
昨日の夜、久し振りに自宅に戻り、自分の枕でぐっすりと寝ました。
今朝は10時まで寝ていました。
 おっと、今日のブログは僕の担当。
でも、「(台詞)その力が……力がありません……」
芝居モードからすっかり日常モードに戻ってしまいました。
頭が回りません。
ポ~~ッとしています。
ソファーでゴロゴロしています。
使える写真もありません。
すみません、今日のブログはこの辺で。 

しかしポ~~としているのは今日だけ。
少し休んで、また「クリスマス・キャロル」の台本を開きます。
年末には徳島県へ!
その準備も始めなければ。

「Christmas is coming!」
| 稽古場日記::クリスマス・キャロル 2021 | 16:29 | comments (x) | trackback (x) |
Christmas is coming

進行役の伊藤和晃です。
今から半世紀以上前の話で、おぼろげな記憶ですが… 
 当時私は某男子高校の学生でした。
その高校では英会話の授業があり、その担当教師はアイルランド人の若い美人。
彼女は刺激的過ぎるミニスカート姿で、白い太もも露に教壇に立ち、次々と学生に質問を浴びせます。
その学生が答えられないでぐずぐずしていると、
「Christmas is coming!」と連呼。
「早くしないと日が暮れちゃうわよ!」とか「ぼやぼやしてると正月が来ちまうぜ!」ぐらいの意味だと思ってはいましたが…答えはしどろもどろ…なかには小便ちびる奴も…(嘘です)
 今日はもう12月10日、クリスマスももう直ぐ、ぐずぐずせずに早くやらなければ…
Christmas is coming!
| 稽古場日記::クリスマス・キャロル 2021 | 08:00 | comments (x) | trackback (x) |
あゝ、キャロル。
こんにちは!
牛山茂です。
幕開きに進行役として登場し、2幕では「現在の精霊」になります。
こちらの方がメインの役かもしれません。

 現在の精霊は、陽気でウィットに富んだ男。
昴では代々、陽気な役者が演じて来ました。
あ、そう言えば、私、6代目「クリスマス・キャロル」でも現在の精霊を演じてました……
陽気な男と思われているのか?
実はそうでもないんですけどねぇ、ふふふ。

 現在の精霊は、キャラクターに合わせて、衣装も毎回とても奇抜です。
前回は宇宙人みたいな衣装でした。
そして今回は……



まるで爬虫類……
この衣装、実はとても重いんです。
ひとりでは着られません。
幕間に、スタッフに着せてもらってます。
歩きにくくて、自分で裾を踏んだりすることも。
終わって脱ぐのもひと苦労。
でもお客様にはキャラに合っていると評判が良いんです。
爬虫類が┉?

お客様が楽しんで下さるなら、苦労の甲斐もある!

舞台も残りわずかとなりました。
この衣装も、もうすぐ着られなくなるのかと思うと、ちょっと寂しい気もします。
| 稽古場日記::クリスマス・キャロル 2021 | 18:46 | comments (x) | trackback (x) |
公演前
過去のクリスマスの精霊 役(進行役)の林佳代子です。
高円寺の楽屋では、後輩3人が一緒のお部屋です。



今回のお芝居では、私以外は、みんな素敵なドレスを着ます。楽屋では皆さん、早替え等で時間にゆとりが無い中のお着替えなので、バタバタと、とても淑女とは思えぬ動きですが、舞台に上がると変身するのです。

歌の発声練習が始まる少し前の時間です。



今回は衣装担当の関泰子さん他、若手がすっかりスチームをかけてくれて、出番を待っている衣装達、その一部です。



これは、楽屋のモニターですが、まるで絵画のようです。丁度誰もいない舞台が映し出されています。

楽屋前の通路で発声を済ませたら、舞台に上がって皆んなで歌やダンスのチェックをします。私は、客席から傍観してパチリ。





背後からもパチリ



スクルージ宮本充画伯デザインのティム坊やのTシャツを着てリハーサル中の、ティム役の竹原優支君(中央)。





とても、いい笑顔で歌っているのは、今年から加わってくれた、江崎泰介君です。

彼は舞台上でワイン屋さんになるのですが、その衣装のこだわりがコレ!



で!お帽子!



わかりますか?
衣装さんのこだわりですね、ブドウとコルクの蓋が付いています。かわいいーー!
なかなか客席からでは、わからないところに、こだわりがあります!

さて、こだわりといえば、過去のクリスマスの精霊の、マジカルスティック…?



過去のクリスマスの精霊が、ハートの付いた棒を持っているのですが…。これ、実はムチなんです。馬を駆る時に使う本物。スクルージをペンペン叱咤激励するイメージで、演出家の許可をいただき私が選択した小道具です。衣装が白系なので、白くて先にハートが付いているのがいいなと呟きましたら、劇団員のイケメン(風)俳優、加藤和将君がとても器用で、希望通りの大きさと質感に仕込んでくれました。さらに衣装の仲村祐妃子さんが、石膏(風)のペイントを塗ってくださり、今年はスワロフスキー(風)が取れない様に施されています。ムチなのでもちろん、しなるんですよ。両手で持っている時に緊張すると力が入り、湾曲してます(笑)。



「私があなたの心に触れれば…!」
さぁ!今日も良いお芝居になる様、全力を尽くします!!
| 稽古場日記::クリスマス・キャロル 2021 | 23:27 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<   06 - 2024   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート