誕生日!
リア王の稽古日数も、残すところ10日ほどとなりました!
現在は、今まで稽古してきた各場面を細かく見なおし、
登場人物の置かれている立場や、政治的な状況などを再確認して、
より濃厚なシーンを作り上げる稽古をしています。

この段階に入り、各人物の性格も明確になり、作品内で起きる事件やドラマが
わかり易く見えてきました。

この、人物の性格・・・数多く登場する人物の中でも強烈な印象を持つのは、やはりリア王とその三人娘です。

娘たちには、土地だけでなく王の性格の特徴をそれぞれに分け与えたのではないかと思えるほど。


そんな三姉妹の次女、リーガン役の林佳代子さんの誕生日が、この稽古期間中にありました!

これは、是非ともサプライズイベントにしなくては!!


決行は、本編の稽古の前にやる殺陣稽古の時間、
仕掛けるタイミングは、リーガンの見せ場が終わった瞬間!

召使役の町屋が口火を切って「ハッピーバースディ」を歌い始め、
稽古場全体で大合唱。
そして、夫コーンウォール役の石田さんからケーキとプレゼントが渡されました。

ケーキ




ローソクを吹き消し、



吹き消し


プレゼントの中身を見た佳代子さん・・・悶絶!


転倒



中身はなんと『銀のペーパーナイフ』!!


このところ、稽古で『血を見るのが大好きなリーガン』をいう役作りをしていたため、

プレゼントは刃物・・・!


ナイフ



佳代子さんには満足していただけたようで、何よりです。


最後は、みんなで分けたケーキを前に、満面の笑みを浮かべる長女ゴネリル役のみるさんです。




みるさん

みるさんは、イチゴがお好きなのでしょうか・・・とてもいい笑顔!


このように、とても活気のある雰囲気の元、稽古は順調に進んでいます。
どうぞご期待ください!
| 稽古場日記::リア王 | 13:37 | comments (x) | trackback (x) |
ポスト・ショー・トーク
稽古場では通し稽古に向けての抜き稽古が進んでおります。



稽古の進め方には色々な形がありますが、

我々劇団昴でよくとられる手法は、戯曲をいくつかのシーンに分割し

その一つ一つをまず作り込む『抜き稽古』を進める形です。

さらにそれらの細かいシーンをある程度通して稽古を進め、

最終的に全編を通して行われる『通し稽古』に発展していきます。

今回の『リア王』では戯曲がすでにシーンわけされているので、

それに合わせて抜き稽古を進めています。

各シーンで作り込んだパーツがだんだん組み上がり、

『リア王』全体が姿を現していく稽古場ならではのドラマチックなプロセスです。


皆様には、その後誕生した『リア王』を劇場にてご覧いただくわけですが、

6月8日(日)、12日(木)の二日間は、終演後に『ポスト・ショー・トーク』が行われます。

こちらはいわゆるアフタートークイベントで、

演出家や出演者の意外な話や、ここだけの話が飛び出したりいたしますので、

こちらで『誕生のプロセス』が明かされることがあるかもしれません。

ポスト・ショー・トークは『リア王』のチケットをお持ちの方はどなた様でもご参加いただけます。

ポスト・ショウ・トークのみだけご覧になりたい方でも、本公演の半券ご提示でご入場頂けます。
※その他ご不明な点は劇団事務所にお問合せください。

各回のメンバーは以下の通りです。

6月8日(日)終演後、準備出来次第開始(イベントは30分ほどを予定)

演出・菊池准
金子由之
一柳みる
林佳代子
槙乃萌美

進行
江﨑泰介/町屋圭祐


6月12日(木)終演後、準備出来次第開始(イベントは30分ほどを予定)

演出・菊池准
金子由之
牛山茂
水野龍司
永井誠
中西陽介

進行
奥田隆仁/三輪学

※出演者は都合により変更になる場合がございます。
 あらかじめご容赦ください。
 変更がある場合は、Twitterなどでお知らせさせていただきます。


リア王本編とあわせて、ポスト・ショー・トークもどうぞお楽しみに!

| 稽古場日記::リア王 | 15:36 | comments (x) | trackback (x) |
稽古場ファッションチェック
コーディーリア役、槙乃萌美です。



お客様にご覧いただく舞台の上では衣装を着て演じますが、稽古は当然役者が各
々用意した服装で稽古いたします。

劇団の公演Tシャツ、ジャージ、そしてスニーカーが定番ですが、みなさんそれぞれ!

ということで、今回のブログは稽古場から『稽古着ファッションチェック』をお送り
いたします。





まずこちら。



舞台人の定番、全身黒一色コーディネイトの三輪さんと、演出助手の加賀谷、と
いう身長一間コンビに対しまして、まさかの全身青一色コーディネイトの、新人
白倉裕人君。

光で飛んでいますが、首に巻いたタオルまで水色というこだわりのファッションは、
なかなか稽古場では目立ちます。





蛍光イエローがまぶしい、まるでサッカー選手のような派手なファッションの、
中西さん。

中西さんは今以上に体を鍛えるべく、稽古の休憩中いつも筋トレをなさっています。

スポーティーな稽古着は、動きやすいように・・・なんですね。





永井さんと矢崎君のズボンは、迷彩柄。

戦場に向かう兵士の役作りでしょうか、やる気が伝わってまいります。

なかなか迷彩柄のズボンが被る事ってないでしょうに、珍しいですね。



四枚目は、新人三人組。



最近の若い子は、稽古着もオシャレ!!

定番にして旬のダンガリーシャツを着こなす舘田悠悠、Tシャツに流行のスウェッ
トの村松妙子、定番のジャージをさけクロップドパンツで決める桑原良太。

いつも私服がオシャレな三人ですが、三者三様に稽古着にもこだわりがありそうで
す。





女性陣は衣装でロングスカートをはくため、稽古でも長いスカートをはいて稽古
をします。林さんと私がはいている巻きスカートはとっても便利で楽ちんです。

私のスカートは、巻きスカートを持っていなかった私に、ゴネリル役の一柳さん
が下さったもので、小花柄がとてもかわいく稽古のテンションをあげてくれる一
品です。





召使い役の江崎さんは、衣装さんが描いた衣装プランをみて、すぐさま稽古場に
あった燕尾服を着て稽古していらっしゃいます。

衣装は、役者の芝居の手助けをしてくれます。

なので、本番同様の衣装を自分で用意して稽古する役者はとても多いのです。



最後はこちら。



鳥畑さんの稽古着の最大ポイントは、こちら、おニューのスニーカー!!

道化役の西本さんから頂いたものだそうで、他人が少しでも触ろうとすると、威
嚇なさるくらい大切にしていらっしゃいます。

殺陣や激しい動きのある芝居では、動きやすい靴は必需品ですからね。





さてさて、『稽古着ファッションチェック』いかがでしたでしょうか?

お付き合い頂き、ありがとうございました!!

| 稽古場日記::リア王 | 13:43 | comments (x) | trackback (x) |
初めましてのご挨拶
昨年の本公演などのブログで紹介して頂きましたが、投稿するのは初めてです。
準劇団員の矢﨑  和哉と申します。
改めてこのブログを見てくださる皆様、よろしくお願いします!



小道具を作る風景
(ピースをしてるのは、『召命』に黛役で出演していた、同期の脇坂です。)

そして、今年の新人はTwitterでも画像が載っていましたが、入団1年目、まずは舞台の裏を学びます。
そして、今回の「リア王」で、学んだ事を秋の本公演などに生かして欲しいものです。
彼らは現在、目の前の目標に向かって、日々頑張っております!

さて、以前「召命」で紹介された、福永光生、舘田悠悠、山本有希子、以外の5人の紹介がまだ済んでいませんでしたので、スパッと、彼らの今年の目標/抱負とともに紹介したいと思います。



1列目右側 広瀬 和(ひろせ なごみ)
「自分にできることを精一杯やっていきたいと思います。
できないことは少しずつ、出来るようにしていきたいです。
まず一年、笑顔でがんばります! 」

1列目左側 村松 妙子(むらまつ たえこ)
「始めてのことばかりで失敗することも多々ありますが‥
前向きに前進し続けて行きます! 」

2列目右側 末森 靖彦 (すえもり やすひこ)
「 早く皆さんに覚えて頂き、劇団員として貢献、活躍出来るよう頑張りますので応援よろしくお願いします!! 」

2列目真ん中 白倉 裕人 (しらくら ゆうと)
「今日の自分より、明日の自分を越えて行きたい。」

2列目左側 桑原 良太 (くわはら りょうた)
「全身全霊で何事にもチャレンジしていきたいと思います。 」

と言うことで、本人達の生の声を載せました。
この5人も、これからよろしくお願いします。

矢﨑  和哉
| 稽古場日記::リア王 | 00:39 | comments (x) | trackback (x) |
野性のままに
車のハンドルを握ると性格が変わる人がいるように、
刃物を握ると人格が変貌する方もいるようです。

リア王の三人娘の中でいちばんの武闘派、リーガン役の林佳代子さん。
今回、唯一女性で立ち回りがある佳代子さん。
稽古中、刀を持つや否や、その突然のテンションの上がりっぷりに、僕は若干気圧されてしまいました。

血をみると興奮するという野性を稽古場で解き放つ佳代子さん…あぁ尊敬します。



熱く戯れる佳代子さん、吉澤さん。
(※厳粛な舞台ですので、本番ではこの様な場面はございません)

三姉妹、ゴネリル、リーガン、コーディーリア。
戯曲の中でゴネリルとリーガンは、冷酷な人間として描かれています。
どちらも“冷酷な女性”と括られがちです。
しかしながら今回の舞台では、ふたりの冷酷さに違いが生まれつつあります。
冷酷さの質が全く異なる、それはそれは恐ろしく、そして魅力ある姉妹になりそうです。

その俳優の持っている質感を観て、その役のキャラクターに昇華させてしまう菊池准さんの演出…毎度、観ながら、ふむふむと勉強させて頂いております。

人間の愚かさ、残忍さで溢れる台本を、みんなが楽しみながら稽古を重ねています。

「演じることは遊ぶこと、遊ぶことは狂うこと。」

恐くて素敵な稽古場です♪

| 稽古場日記::リア王 | 20:17 | comments (x) | trackback (x) |
テキストレジ
リア王ブログ、第4回をお送りします。今回の担当は、オズワルド役の江﨑です。

さて、世間は大型連休、GWでしたが、皆さんはいかがお過ごしだったでしょうか?
リア王の稽古は、この休みの間も着々と進んでいます。

今回上演するリア王は、数あるシェイクスピア作品の中でも長編にあたります。
原文の長さで比較すると、ハムレットに次いで二番目の長さです。

当然、これを日本語で上演するとなると、4時間近くに及ぶこともあるのです。
日本語と英語のテンポ・スピード感はもちろん違うので、英語だとどれくらいの上演時間だったのでしょう?

そこで行われるのが、テキストレジ。テキレジとも呼ばれる作業です。
テキレジをすることで、日本語の言い回しや説明がすっきりして、テンポやリズムが生まれて、
見ているお客様にストレートに感情が伝えられることもあるのです。
作品の内容が損なわれないように気をつけつつ、台詞やシーンをカットしていきます。

今回のリア王も、読み合わせ稽古でいろいろそぎ落とした方が良いかと、演出家はその話合いを出演者と繰り返し、
より、作品のエキスをストレートに表現出来るよう試行錯誤しています。

そして変更になった台詞は、張り出されます。
それを毎日稽古場に来た役者は、チェックします。

台本と頭を整理しつつ稽古に臨む毎日です。


| 稽古場日記::リア王 | 22:48 | comments (x) | trackback (x) |
新人のお仕事
本日の「リア王」ブログ担当、吉澤恒多です。

「リア王」は立ち稽古に入りました。

立ち稽古とは、言うまでもなく、仮の装置を組んで、キャラクターを背負って動き、芝居を立体的に作り上げるための稽古。
相手役との位置関係や意志疎通を図りながら、自分の感情と動きが自然に繋がるよう、いろいろ試みます。

なので、当然台本は手放します。
しかし、完璧に覚えたつもりでも、動きが入るとセリフが出て来ないこともしばしば……。

そんな時に、そのセリフを声に出して教えてくれるスタッフの仕事があります。
これを「プロンプター」と呼びます。

さて、このプロンプター。
劇団昴では毎年、新人の通過儀礼…失礼、新人に任される大事なお仕事。

ただ、「忘れたところでセリフを教える」。一見、単純な仕事に思えますが、実際にはこれがなかなか難しい!
台本と芝居との両方を同時に見ていなければならないのです。

台本だけに集中し過ぎて芝居を見ていなかったりすると、プロンプが遅れてしまったりすることもしばしばです。
セリフを忘れたのか、心理を切り替える間(ま)なのかを見誤ったり、プロンプターがセリフを噛んでしまったり、
緊張のあまり、声が小さすぎて聞こえなかったりと、苦い経験はいろいろあります(苦笑)



今年の新人たちも交代でプロンプター挑戦中。
(画像は舘田悠悠)
誰しもが通る道、失敗するのも勉強です!

立ち稽古は始まったばかり!
| 稽古場日記::リア王 | 12:12 | comments (x) | trackback (x) |
大切!
さて、テーブルを囲んでの読み合わせも終了して、
いよいよ台本を手放しての稽古に突入いたします。

手放したからと言って、お役御免というわけではなく、
引き続き我々俳優にとってとても大事な台本。

この台本の扱い方は俳優によって様々です。



リーガン役の林佳代子先輩は、
カバーをかけてお使いです。
お気に入りのシールなどでデコレーション。
大切さ具合がビンビン伝わってきます。



今回劇団本公演デビューの矢﨑和哉くん。
各シーン毎にラベルシールを貼り、
「あそこのシーンなんだけど…」などと突然先輩に声をかけられても
さっと開けます。
若手らしく気合いじゅうぶんであります。



エドガー役の中西陽介先輩は、
付箋紙を貼るパターンです。
汚いから恥ずかしいよ~とのことで
こんな写真のポーズですが、
中西先輩は、移動中も手に持ち
時間さえあれば台本を開いているので、
本番の頃には台本がボロボロになってしまうんですよ。
これも愛するが故の結果と言えましょう。

その他の出演者の台本もご紹介したいところではありますが、
今日はこの辺で。

あそうそう、台本の書き込みにも色々なこだわりが俳優にはあるのですが、
それはまたの機会に。

それこそ役者の秘密満載なので、
見せてもらうのは難しいかなぁ…

三輪学
https://twitter.com/miwa_manabu

| 稽古場日記::リア王 | 00:21 | comments (x) | trackback (x) |
『リア王』始動!
劇団昴公演『リア王』の稽古がはじまりました。
まずはキャスト・スタッフが揃っての顔合わせ、
そして本読みが行われました。



いくつもの作品で、この初日顔合わせを経験してきましたが、
毎回毎回変わらず緊張いたします。
緊張と言いますか、身が引き締まるといいますか…。



キャスト・スタッフ個人で用意してきたもの、
そしてこれから作り上げていくもの、
色々な思いが今日から本番に向けてひとつになっていく、まさにスタートです。

こちらのブログで出演者がその模様をお伝えしていきます。

本番までよろしくお願いいたします!

三輪
| 稽古場日記::リア王 | 00:18 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<   08 - 2019   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート