「親の顔が見たい」 新人紹介編
今日から3回は、昨日のブログで永井誠が紹介した、三人の新人のコーナーです。
彼らに、「親の顔が見たい」の中で、どの役をやりたいかを聞きました。
トップバッターは、望月真理子。



初めまして、研修生の望月真理子と申します。
私がやりたい役は、しのぶさんが演じていらっしゃる「八島操」か、佳代子さんの「長谷部多恵子」…ですが永井さんが演じていらっしゃる「遠藤亨」もやりたい…!
見ていて、共感したり、「言いたい!」と感じる台詞がとにかく多くて、迷ってしまいます。
2時間弱のお芝居をまんじりともせず見入っていました。
いつか私も!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
頑張って!
君なら出来るさ。
でも永井の役は無理だね。

お~っと、ここで乱入者が…!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こんばんは!
一柳みるです。
『親の顔がみたい』の出演者…ではありませんが、ブログに割り込んじゃいました。
ちょっと失礼~



今日は宮本充と池袋デートをいたしました。
6月公演『ホテルスイート』の為の役作り…夫婦役ですので…ではなくて、残念ながら印刷物の校正やら何やら、クラス委員みたいな仕事です(笑)。

宮本充について少しご紹介します。
誰もが認める二枚目ですが、誰もが認めるマメ男でもあります。頼み事をされて断ったなんて話は聞いた事がない。
率先して「あ、ボクやりますよ!」と、何度聞いた事か。

趣味が多く、特に野球になると異常に熱くなります。
三百人劇場時代、まだ携帯電話のない頃、10円玉を大量に握りしめ、公衆電話にへばり付いてる宮本充の姿をよく見ました。そうです、野球の試合の為の連絡です。あれくらい熱心に芝居やれば…なぁんて、陰で言われてましたっけ(笑)。

今も寝る時間を削ってでも、仕事して、遊んで、全力で走っているようです。
見かけはともかく、年齢相応に疲れるはずですから、身体を大切にしてもらいたいものです。

何か、次は相手役だという雑念が邪魔して、ミョーによそ行きになりました。
近いうちに稽古を見に行きますから、当人に直接ダメ出しする事にいたします。
その時は遠慮なく先輩風を吹かしてやるぞ!
一柳みる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
副係長の宮本充です。
みるさん、アポなしのご訪問、ありがとうございました!
なんか…僕を紹介して頂いて…恐縮です。
三百人劇場の3階の公衆電話…いやあ懐かしい。
話の流れからすると、10円玉を握りしめていたのは、たぶん稽古の合間でしょうね。
稽古中にそんなことをしてたんですか、僕は…!?
してましたねぇ。
でも、今はしてませんよ。
メールの一斉送信で、簡単ですから。
6月の舞台、宜しくお願いします!
でも今は、「親の顔が見たい」で頭が一杯で…
稽古、見に来て下さい!
そして、厳しく優しいダメ出しをお願いします。

さて、明日は、稽古はお休み。
ブログもお休みさせて頂きます。
明後日は、新人紹介編の続きです。
ご期待下さい!

| 地方公演::親の顔が見たい | 01:35 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<   06 - 2024   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート