にょきっと
初日があけてからあっという間に千秋楽・・・!
というのがいつもの感覚なのですが・・・

今回の公演数は追加公演も決まり20回以上!
こんなに長く本番を経験できるなんて・・・!
初めてのことにどきどきわくわくしております。


さて、ヴェニスといえば・・・


水の都のイメージ、ゴンドラや仮面などが印象的かと思いますが、今回の舞台はそこも見どころかと思います!
残念ながらゴンドラに乗ってざぶざぶ移動というシーンはございませんが
水の音や鮮やかな仮面たち。


そしてこちら・・・





ヴェニスの街並みでゴンドラの横に、にょきっと生えてるような刺さってるような棒をよく見かけると思うんですが、それをモチーフにしたもの。


今回の舞台ではこの棒の位置を変えて、いくつかのシーンをあらわしております。


さあ!遠くのイタリアより近くのPit昴で、ヴェニスを体感してみませんか?!!



そしてお席についてのご案内です・・・!

売り切れの日が多くなってまいりましたが、

4/18、21、25、26、27、28日

上記はまだお席を取ることができます!


千秋楽の28日もまだ少しご案内できますのでどうぞご予約くださいませ!


皆様のご来場、心よりお待ちしております・・・!


あんどうさくら
| 稽古場日記::ヴェニスの商人 | 19:21 | comments (x) | trackback (x) |
産声
『ヴェニスの商人』


ついに初日を迎える瞬間がまいりました!


あとは、本日、ご来場いただく皆様の前でこの作品を披露するその時、初めて『ヴェニスの商人』が産声をあげます。


今回は20日間ほどの公演。


どのように成長していくのか楽しみです!


あーなんか今はもう特に書くことはありません(笑)

『ヴェニスの商人』を出演者と共に皆様も是非!是非!是非!楽しんでください!!







『皆さーん、Pit昴にてお待ちしておりーます!』





ちなみにですね。


劇場昴ホームページ上で東武東上線「大山駅」からPit昴への道案内動画がありますよね。

実はもうひとつ最寄り~?駅~かどうか分かりませんが、私、大島もよく利用する都営三田線「板橋区役所前」駅があります。

徒歩約10~ 15分ほど。

そちらからご来場いただくお客様もいるだろうと思い、道案内をさせていただきます!


★都営三田線「板橋区役所前」駅ご利用の方は~

まずは板橋区役所の正面口を目指してください。いきなり雑な感じですみません(笑)



その向かいの横断歩道を渡り、左に進みます。



すると、このような商店街のアーケードが、右手に見えます!
そのアーケードをくぐりひたすら直進。



そして、板橋文化会館とコンビニのある交差点を左に折れます。



この白い看板が見えましたら、右に曲がります。
そのままお進みいただくと…



右手に大山サイスタジオに~この地下1階が『Pit昴』に到着です!!


大島大次郎
| 稽古場日記::ヴェニスの商人 | 10:38 | comments (x) | trackback (x) |
明日は!!
今回本公演に初めて出演します。


ステファーノー役の加藤和将です。


ステファーノーは、ポーシャに仕える召使いです。



僕は、他にも別の役で出演しますのでそちらの方も観ていただければ幸いです。



・・・なんて悠長に自己紹介している場合ではありません!
とうとう、明日は本番です!

今まで約1ヶ月間、演出の鵜山さん、キャスト、スタッフの方々、一丸となって「ヴェニスの商人」をより良くするために稽古を重ねてきました。

そして今日は・・・・・・





本番前日、シーンの段取りやその確認などなどについて…とても緊張感がありますね~
皆さん、とても真剣に鵜山さんの話を聞いています。



さあ、とうとう明日!


4月9日、初日を迎えます!!


劇団昴本公演「ヴェニスの商人」ご期待ください!


加藤和将

| 稽古場日記::ヴェニスの商人 | 23:39 | comments (x) | trackback (x) |
初舞台は突然に~
身長162cm。
お嬢様にしてはちょっとおてんば、ポーシャ役の望月真理子です。


私、今回が劇団昴・本公演デビュー!でございます。


大役にタジタジ、名台詞にオドオド…。

日進月歩、負けん気根性で努力・努力し………

そして奇跡(?)を祈る日々。

ああ、神様どうぞ!!



今回みなさまに紹介したいのはこちらでございます。





ネリサ役のあんどうさくらさんです!

はい。キラキラ光る先輩の後ろで若干霞んでしまっていますが、輝く金色の舞台が今回のメインでございます。

今回の舞台監督・三輪学先輩率いる若手の出演者…そして裏つきをしてくれている役者たちが毎晩夜なべをして一から作りました。
もちろん、作ったのはこの黄金の舞台だけではありません。

今回は「Pit昴」に拠点を移して初めての公演。「ヴェニス」メンバーはPitを劇場として機能させるために大忙しです!


そしてこの黄金の舞台、これで完成ではございませぬ。ふふふん。
さてこれがどう化けるか?
お楽しみに!




天井程近くより、望月真理子でした。





望月真理子
| 稽古場日記::ヴェニスの商人 | 23:31 | comments (x) | trackback (x) |
本公演初出演!!
サレアリオー役の桑原 良太です。

写真は今回出演する、とある共通点がある…3人組。





劇団昴本公演、初出演!!

右からサレアリオー役の私。
左はステファーノー役の加藤和将。
そして、中央は『ヴェニスの商人』でヒロインに大抜擢されましたポーシャ役の望月真理子!!

3人にとっては、演出家の鵜山仁さん、劇団の先輩方と一緒にいるこの空間が毎日刺激的!

1つの台詞に対して納得するまで話し合いを重ねる演出家の鵜山さんと先輩方、そんな稽古を見ているだけでも、この場にいられることが本当に素晴らしい経験です!

そして・・・

忘れてはならない4人の劇団研修生、朝早くから来て、夜遅くまで色々なことを手伝ってくれています。
またブログで是非!ご紹介出来ればと思います。

そうやって一丸となって作られていく今回の作品、『ヴェニスの商人』。
きっと楽しんでいただけると思います!!


週末の公演は、お陰様でほとんどが売り切れとなっています。
平日はまだ余裕があります。


是非、劇団の新しい拠点「Pit昴」にお越し下さい!

心よりお待ちしております。


桑原 良太
| 稽古場日記::ヴェニスの商人 | 21:38 | comments (x) | trackback (x) |
読んだ覚えはないけれど…
昴ブログをご愛読の皆さま、
『親の顔が見たい・近畿編』以来、ちょうど一年間の御無沙汰でした、ソレイニオー役の永井誠です。

いきなり脱線しますが、役者という不可思議な商売をしておりますと、
「何かきっかけで?」と、よく聞かれます。

「○○の芝居を観て。」
などと答える役者が多くいるわけですが、僕には当てはまらず。

「○○という戯曲を読んで。」
などと答える役者も中にはいて、ある意味では僕はコチラに当てはまるかもしれません。

「ヴェニスの商人を読んで。」
…だったらナイスな繋がりなんですがねぇ~、残念ながら違います。

この際、白状いたします。
新劇役者として、いわんや昴の座員として、あるまじき事ではありますが…
『ヴェニスの商人』をきちんと読んだのは、今回が初めてです。

さらに白状しますと、
舞台で観たこともなければ映画を観た覚えもありません。
3/18付の当欄にて、岩田ツバサーニオーが過去の上演記録や映像作品をモロモロ列記しておりますが…不勉強にも、どれひとっつも観ておりません。。

に・も・か・か・わ・ら・ずっ!

ストーリーは、ほぼ完璧に頭に入っていました。それどころか、場面ごとの映像すら目に浮かぶ…

何故かと言えば…

昔、漫画で読んだのです。

手塚治虫氏の…全集だったか、何かに併載されたものだったか。

いやぁ~胸踊る楽しい作品でした♪
初期の可愛らしい絵柄。手塚作品おなじみのオールスターキャスト…バサーニオ役は美少年ロック、敵役シャイロックにはアセチレンランプ、ヒゲおやじも何かの役で出たような。。

「漫画かよっ」と侮ってはいけませんよ。特に手塚作品は。

『ブラックジャック』に感化され、のちに偉いお医者さんになった人も沢山いるのですから。

ちなみに僕は、同氏の『七色いんこ』という、舞台役者が主人公の作品に感化され、現在に至っております。

「役者になったきっかけは?」
「はぁ…『七色いんこ』を読みまして。」

…パッとしません?
じゃあせめて「ガラスの仮面がきっかけで」ってことにしとこっかな。。





脱線は以上。

昴33年ぶりの『ヴェニス』。
子供の頃マンガで読んだ時に感じた、あの胸踊る楽しさを、何倍にもして皆様にお届けしたいと思います音符音符音符

ぜひ、昴の可愛らしい新居『Pit昴』へ、お出かけくださいませ。

永井誠


| 稽古場日記::ヴェニスの商人 | 21:13 | comments (x) | trackback (x) |
ベルモントって?
こんにちは。
アラゴン王役の宮島岳史です。

とうとう4月に入りました。本番まであと少しです…!





写真右はモロッコ王役の岡田吉弘さん。
「街と飛行船」に続き、今回も岡田さんとツーショット~!


さて、この物語の舞台は、ヴェニスとベルモントです。

我々二人の王は、ヒロイン・ポーシャを得ようと、ベルモントにやって来ます。
モロッコ王は北アフリカから。
そして私・アラゴン王はスペインから。

ポーシャの求婚者は我々だけではなく、イタリア南部、フランス、イングランド、スコットランド、ドイツ…と様々。
ちなみに、劇中で彼女を射止めるバサーニオーは、ヴェニスの人。イタリア北部ですね。

しかしまあ皆さん、遠路はるばるご苦労なことです。


…ところで、ベルモントってどこにあるんでしょ?

実は、架空の都市でした。

ただ、ポーシャの台詞に「馬車で20マイル」云々とあるので、ヴェニスから30kmほど離れたところにある都市なのでしょう。





私、アラゴンは、嫁を求めて1,400km移動してきたみたいです。

それで結局、彼女は地元のバサーニオーとくっついてしまうんですから、たまったものではありません。

ただ、「ヴェニスの商人」は喜劇です。

皆様どうぞ、せめて笑ってやってくださいませ。

宮島岳史

| 稽古場日記::ヴェニスの商人 | 22:44 | comments (x) | trackback (x) |
見せ場
いや~

『ヴェニスの商人』!!

舞台稽古もいわゆる「通し稽古」に突入してまいりました。
稽古場は緊張感が増し増しの熱気も上昇中!


ですが、ここで少しブレイク~


つい先日、Pit昴にて
出演者、スタッフを交えての親睦会が行われました。





遠目の写メのみでごめんなさい。

撮影をした大島もこの直後、すぐに呑みモードに入ってしまい…(笑)

でもね、頑張って今回の出演者のお一人、
ヴェニス公役金尾哲夫さんとツーショットをパシャリッ!!





ヴェニスの商人では、おそらく一番の見せ場でありましょう。人肉裁判のシーン!


そこに登場のヴェニス公。


登場人物の中では最も位の高い人物。
この裁判をどういう視点で見守るのか、その心情は…?


台詞のない時の登場人物を見るのが、舞台の醍醐味の一つ。


演出家が作り上げるフォーカスもありますが、どこを中心にその場を見るかは、皆様のそれこそ自由!
登場人物とともにその時間、空間を自由にお過ごしください!!

『ヴェニスの商人』
本当にお陰様で週末は売り切れの回がほとんどですが、まだ平日の公演は余裕がございます。


視点を変えて、是非!二回、三回と観ていただいて『ヴェニスの商人』をご堪能してもらえればと思います。


御来場を心よりお待ち申し上げております。

大島大次郎


| 稽古場日記::ヴェニスの商人 | 22:38 | comments (x) | trackback (x) |
関係って
シャイロックの娘・ジェシカ役の箱田好子です。


山口さんのお食事中に失礼して、一緒に撮ってもらいました★親子に見えますか(笑)?





さて。
「ヴェニスの商人」では、ジェシカの家は、今で言うところの父子家庭。
そして、父を捨てて駆け落ちしてしまうのですが…


シェイクスピアの作品には、父を裏切る娘がたくさん出てきます。


例えば、昴公演の記憶も新しい「リア王」はまさにそれ!
長女リーガンと次女ゴネリルは富を得るために父を騙し、狂気の果てに死に追いやってしまいましたよね!


「夏の夜の夢」でも、ハーミアは父に自分の結婚を反対されて、ライサンダーと駆け落ちしようと森に逃げ込みます。


「オセロー」だって、デズデモーナは、父ブラバンショーには内緒でオセロ-と結婚してしまいます。
高貴な家柄の武将とは言え、あの時代に、肌の色が違う男と!しかも、だいぶ年の差婚(笑)


シェイクスピア自身にも、スザンナとジュディスという二人の娘がいました。
彼女たちも、父をてこずらせる存在だったのでしょうか?


あぁ、シャイロックとジェシカはどんな親子なんでしょうね?


その答えは、どうぞ劇場で!


皆様の目と、耳と、肌で感じて答えを出してみてくださいね★


箱田好子
| 稽古場日記::ヴェニスの商人 | 09:41 | comments (x) | trackback (x) |
よしもと魂
こんにちは。
ロレンゾ―役の福山廉士です!


『ヴェニスの商人』と言えば
私は、劇団の勉強会公演(ウッディシアター中目黒、2009年)で
グラシャーノーを演じたことがあります。


バサーニオーの相棒的な役回りでしたが、
今回のロレンゾーは、メインストーリーの人肉裁判には直接関わらず
シャイロックの娘・ジェシカとの絡みが中心です。


詳しくは、劇場で!







上の写真は
矢﨑和哉君と加藤和将君です。


二人は
正月のサードステージ公演『街と飛行船』でも一緒に出演していた
私の可愛い後輩たち。


加藤君はステファーノ―役。
矢﨑君は今回、舞台監督助手を担当してくれています。


さて
彼らは何をしているのでしょう?


「ドリル、すんのかいせんのかい」
分からない?


じゃあ
「乳首ドリルすな!」って言えば分かりますか?


分かった人は
関西人か、よしもと新喜劇好きか、のどちらかですね!


正解は、
『よしもと新喜劇』で
すっちーと吉田裕のコンビが披露する定番ギャグです。


そうなんです!
私を含め、三人とも『よしもと新喜劇』の大ファンなんですよ。
(ちなみに、私は名古屋、矢﨑君は長野、加藤君は栃木出身です)


『よしもと新喜劇』は
面白いのはもちろんのこと、とっても勉強になります。


ストーリーも役者の持ちギャグも、毎度お決まりで
ややもすると、演技がマンネリ化しそうですが、
絶妙な間にテンポあるセリフ回し、
出演者たちのやりとりは、いつも新鮮に展開されています。


「生きた瞬間を見せることが、俳優の使命」



この写真は、『ダチョウ倶楽部』の「ヤー!」じゃありません。


これは『よしもと新喜劇』の辻本茂雄座長が
劇中、共演者に対して唐突に向ける予告なしのフリ。


座長に両手を差し伸べながら自分の役名を呼ばれたら、
座長の役名「茂三!」と呼び返さなくてはならないんです。


私たち三人の間でやる場合


(福山)「ステファーノ―!」
(加藤)「ロレンゾー!」


とか


(矢﨑)「ステファーノ―!」
(加藤)「舞監助手!」


って感じです。


これがほぼ毎日、相手の不意をついて行われてます。
アホでしょ。

いや、これは
“誰が何役か”という認識を定着させるのに
とっても役立ってるんです!


本番まで後、15日!!

素敵な瞬間を積み上げます。

福山廉士
| 稽古場日記::ヴェニスの商人 | 21:56 | comments (x) | trackback (x) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   12 - 2019   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート